未来のミライの作品情報・感想・評価

未来のミライ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月20日

製作国:

上映時間:98分

3.1

あらすじ

「未来のミライ」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
細田守最新作。『バケモノの子』は見逃しているのでいつか見ないかんと思ってはいますが、一先ず劇場で見れる本作。
細田さんの映画は見ておかなきゃとは思いつつ、でも個人的に『サマーウォーズ』以降は下降線を辿っている気がしているんですよね。

そんでもって本作。んー、まあ一言でまとめれば「好きくない」かな(笑)
主人公のくんちゃんが4歳の男の子だからね。わがままで駄々こねるのは全然可愛いもんだし気にならなかったです。むしろお父さんお母さん厳しくない?って擁護する側に回っちゃう感じだった。だって4歳で今までずっと甘えさせてもらってきたのに突然お兄ちゃんって言われても、それは大人の都合であって4歳の子は理解できんだろうからもうちょっとしつけ方工夫するとかしてあげないとかわいそうじゃん、って思っちゃったかな。

自分が気になったのは声優の上白石萌歌の声がめちゃくちゃ女の子っぽいところ。くんちゃんはわがままだけど、でも仕草一つがとてもリアルで、階段降りるところとか超かわいいんですよね。だから見てる分にはかわいいんだけど、喋り始めると「え、女の子じゃん…」ってイメージが崩れてしまうんですよね。
だから声優が下手とかじゃなくて、シンプルに声がキャラクターと合ってないように感じたってことです。

ここからはネタバレの部分もありますが、ストーリーは5部構成の短編集みたいな感じです。
それぞれの過去だったり未来だったりの姿と出会いながらくんちゃんが兄として成長する姿を描いています。初めはよっこだったのでよくわからなかったけど、未来辺りでどういう設定なのかようやく理解できたかな。子どもならではの妄想ならば『マイマイ新子の千年の魔法』みたいな感じかなって思ったけど、詳しいことは説明されていないのでよくわからないです。

この辺も個人的には「好きくない」ポイントですかね。勝手ですけど、短編って苦手なんですよね。別に散りばめられた各ストーリーから結びつくテーマがわからないわけではないのですが、長編を期待している部分があったので作りとしていまいちハマらなかったのはあります。その上テンポが悪く、また説明し過ぎの部分と説明不足の部分があって、ちょっと作品として浅く感じてしまうんです。

最初に未来から受け取ったバナナを最後には成長して渡す辺りは上手いんですけどね。木を歴史ある成長の証として家にどっしり据える辺りも考えられてますし、それに気づくとあの家の作りが縦に続いている意味も繋がってきて実はよく考えられているんです。だからやっぱり細田さん自体はすごい監督なんでしょうけど、どうして内容がこうも面白味に欠けるのだろうか。

とりあえずあの洒落た家に住みたいな、って憧れたりなんてしました(笑)
デデ

デデの感想・評価

2.0
子供が生まれたタイミングでみたので、それなりに前半可愛いなーって楽しめたけど、映画としてはムムム。
描きたいことはわかるし、時空を行ったり来たりで成長を描くのもアイデアとしては面白いけど、一貫性がなく、ストーリーもなく、目線も不明。。

#くんちゃんの名前が一番気になった
君の名はよりはちょっとまし
前評判が良かったが内容はイマイチだった
子供達と観るぶんには良いかも
maria

mariaの感想・評価

1.0
とてもつまらない映画だった。つまらなくてびっくりしてしまった。いつ面白くなってくるのかとずっと見てたけどつまらないまま終わってしまった。。。これまでの作品は楽しかったのに、本当につまらなくてびっくりしました。
すみえ

すみえの感想・評価

3.0
くんちゃんの声はちょっと違うかな。ひいじいじがカッコいい。
ゆうひ

ゆうひの感想・評価

3.5
クンちゃんにイライラしちゃう😇
SpiderMan

SpiderManの感想・評価

2.2
序盤から特に大きな展開もなく、単に家族の内情を見ているだけ…
特に主人公クンちゃんの行動を…

その後、ミライちゃんが登場しても進展はなく且つ謎ばかり残してそのまま終了。

サマーウォーズからの坂道感が半端ない…
>|