名探偵登場の作品情報・感想・評価・動画配信

「名探偵登場」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

3.6
バカバカしい所もありますが
シナリオ的には、かなり好き!

コメディですが
謎解きも楽しめる。
出てる役者さんも豪華!

気軽に楽しめる良作です!
針鼠

針鼠の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2020/01 U-NEXT ★★★☆☆☆ 再鑑賞。今年見た映画78本目。今になって見返すと、登場する元ネタ名探偵の面子が、英国勢のポワロとミス・マープルはまだ良しとして、米国勢がサム・スペードはともかくチャーリー・チャンとニック・チャールズだったとは。エラリー・クィーンでもファイロ・ヴァンスでもフィリップ・マーロウでもリュウ・アーチャーでもないなんて、同じミステリでも小説ではなく映画寄りのセレクトだったんだな、と。また面子が英米だけで占められて北欧勢が一人も入っていないところとかにも時代を感じますだよ。北欧ミステリもマルティン・ベックシリーズはこの映画の1976年には最終作『テロリスト』まで発刊されてて間に合っているはずだし映画も『マシンガン・パニック』1973年がある。でも当時は北欧ミステリはマルティン・ベック単発だったし、何よりもベックは警部であって探偵じゃないしね。
サム・スペード、エルキュール・ポアロ、ミス・マープルら名探偵相似の探偵が資産家の館に集められ、やがて起きる殺人事件の犯人を推理、体験していく #ミステリーパロディ 。ピーター・フォーク、デイヴィッド・ニーヴン、マギー・スミス、ピーター・セラーズ、エルザ・ランチェスターら個性派俳優が出演。

招待者の富豪に作家のトルーマン・カポーティ、盲目の執事にアレック・ギネスらが扮し、コメディの才人ニール・サイモン脚本だけに探偵小説お好きの方ならニヤニヤと楽しめる一作。双葉十三郎氏の「外国映画ハラハラドキドキぼくの500本 」紹介作。
ほたる

ほたるの感想・評価

3.8
ずっと永遠にジョークで面白かった
色んなパロディもあったらしいがそれは全然分からんかったけど特に気にならなかった
普通にサスペンスとしても楽しく観れた

同年代コメディ映画やからってのもあるかもやが、なんとなくスティングに似た香り
寿都

寿都の感想・評価

-
デヴィッドニーヴンとマギースミスの英国上流階級夫婦がじつに美しい。こっちがミスマープルかよっ!って言うネタしかわからなかった。

サム・スペードのゲイバー通いを秘書に責められ、あれは仕事だというシーンがあったが、さきほど「噂の二人」を観たのでゲイ映画の歴史をネットで読んでいたら、サム・スペードのゲイ設定を知って驚いた。「マルタの鷹」でも示唆されているそうだ、馬鹿な検閲では気付けない形で。 デブいじりは鉄板なのでポアロは笑えた。あとの名探偵は誰や。ベイヴのおじいさんが若い!
桃尻

桃尻の感想・評価

-
2020(149)
「変装の変装の変装だ」
豪華キャストのパロディ
楽しい
(54)
オールスターキャストでバカバカしいパロディやんの最高
サムダイヤモンド渋い

@ DVD
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.0
パロディなのかな?今みるとすごい俳優さんたちが全力でバカバカしい映画とってた!面白かった!
なんか見たことあるような名探偵達による殺人謎解きちんどんミステリー
有名推理小説のパロディなのかな?元ネタわからないけど、ミステリー 好きだからあるかるネタでくだらなくて笑えたw

初めから最後までまだおちょくってきてる感じw
コナン読んでたらあーwともなると思う
yuko0925

yuko0925の感想・評価

3.0
なんとも不思議な映画。
コメディなんだろうけど、ちょっと今の時代では笑えないかなー。
若い時のマギー・スミス綺麗。
コロンボのピーター・フォークが主役。
映画は絶対字幕派だけど、コロンボだけは吹き替えで見ていてよかった。ピーター・フォークの声だったら日本人的にはちょっと強すぎる気がして、あんなに人気出なかったんじゃないかな。
>|