アヴァの作品情報・感想・評価

アヴァ2017年製作の映画)

Ava

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:105分

3.9

あらすじ

海辺でヴァカンスを過ごす13 歳の少女アヴァ。視力の低下が思いのほか早く進行していること、失明する日も近いことを、医師から宣告されている。母親は、人生でいちばん美しい夏を過ごそうと、まるで何事もなかったかのように振る舞う。アヴァは自分なりのやり方で運命に向き合う。そして、逃走中の若い男が飼っていた、大きな黒い犬を連れ去る…。

「アヴァ」に投稿された感想・評価

まいん

まいんの感想・評価

3.7
想像していた以上に衝撃の強い作品でした

怠惰な家族といるより少年といた方が幸せなら駆け落ちしてもありでしょう(笑)
でも最終的に賢い犬は何処へ行ったのでしょうか
視力が低下し、そのうち失明するだろうと医師に宣告された13歳のアヴァ。目が見える最後の夏、彼女はロマの少年に恋をする。

強烈なビジュアルのポスターに惹かれて鑑賞。選曲のセンス含め、全体的な雰囲気はソフィア・コッポラっぽい印象。イメージ・カットが長いのも然り。

私、ヌーディストビーチの文化に馴染みがないので、13歳の少女が裸になる事がどれ程の意味を持つのか分かりません。
よってあまり心動かず。

「ザ・思春期」って感じの作品。
yuko

yukoの感想・評価

3.5
2018.2.18 青山シアター
myFFF2018

13歳、視力が失われていく恐怖感と、大人の世界への嫌悪感と憧れ。
盗んだバイクに彼と大きな犬と一緒に3人乗りしてるシーンにキュンとした。
ヨージ

ヨージの感想・評価

4.0
ヒリヒリする。
演出が好きなシーンが多かった。
アヴァが踊るとことラストショットが特に好き。
そんな感じ。
r

rの感想・評価

4.3
アヴァの美しさにハッとする。13歳の夏をフランスで過ごして見たい。うんざりする生活の中で見つけた光は何よりも美しかった。粘土のシーン、ずるいくらい良い、ほんとにずるい。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.3.8 青山シアター

夜盲症のアヴァに訪れる夜明けのショットに泣く。エモすぎ。ギトリかよ!川渡りなどの動的なショットはまだ弱いのだが、ロングによる群衆のショットや、馬のシルエットを先行して捉えていく姿勢にも将来有望な感じがビンビン伝わる。
思春期、13才の夏、アヴァは失明の途中にあると診断される。ショックを受けてはいるものの元々自分本位な母親は新しい恋愛を楽しんでいる。夜の暗闇ではほとんど目が見えなくなってきたアヴァの心は、不安と恐怖でいっぱいになっていた。そんなとき浜辺で黒い犬を連れた謎の青年と出会う。彼は逃走中らしかった...。

惜しみなく瑞々しい裸をさらしたり、唐突にポエティックな台詞を差し込んだり、なんだか常にエモーショナルだったり、女の子がたくましく且つ可愛かったり...という点で、ヌーヴェルヴァーグの風が感じられた。
個人的にヌーヴェルヴァーグは「女がいて男がいて車があれば映画は成立する」ということを証明した文化だと思っていて、そのカッコ良さはなかなか真似できるものではないと思うので、さすが本場、と思う。

物語の最初からキーポイントとなる黒い大型犬はアヴァが恐れる「暗黒」の接近を意味していた。そんなふうに始めは不吉な意味を持っていた犬だけど、アヴァが大事に可愛がることで「黒い犬=暗黒」を受け入れ、味方につけるという意味に変化しているようだった。将来的には盲導犬になる姿も想像できる。
何よりラストシーン、彼女が見えないはずの暗闇で彼のほうを見て満面の笑みを浮かべているのが決定的だった。未来は明るい。
見えなくなる眼と広がる世界
若いヒロインには辛すぎる現実と若さ故の非現実的な冒険が対比されてていい
ただ別に面白くはなかった
しみず

しみずの感想・評価

3.9
myfffで鑑賞。
面白かったな。
印象的なシーンがいくつもあった。
emily

emilyの感想・評価

4.0
海辺で夏のヴァカンスを過ごす13歳のアヴァ。視力が低下しており、徐々に見えなくなると医者から宣告されている。それでもヴァカンスを楽しもうと、母と。母親は自分が楽しむ事で娘を巻き込もうとするが、男に色目使母に嫌悪感しか感じない。そんな時に黒い犬に出会う。逃走中の男が飼っている黒い犬を盗み、性に目覚めていく。

 女への芽生えを感じながらそれを否定するように、ワンピースの水着を纏いながらも常に胸を隠しているアヴァ。母親の女の顔には嫌悪感しか感じない。母がヴァカンスを楽しめば楽しむほど、その女の顔に苛立ちを高めていく。日記を綴りながら、悪夢にうなされる日々。盲目になれるために目以外を鍛えたり、彼女なりに現実に向き合おうとする。しかし犬と出会い逃亡中の男と出会い、女であること、膨らんだ胸をさらけ出し、希望のない明日ではなく今を生きようとする。13歳のはじめての恋。先は見えない。でも一緒にいたい。彼女の心の恐怖と、逃亡中である男の現状が見事に出会い、マッチする。アヴァが見せる最高の笑顔が眩しい。男が見せる笑顔が瑞々しい。明日なんかなくてもいい。きっと明日目が見えなくなっても、後悔はない。見たい物は今この目でしっかり見てる。。13歳の等身大の逃避行。危なかっしくてどこまでも瑞々しく、今この瞬間をしっかり切り取る。