あの日のオルガンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「あの日のオルガン」に投稿された感想・評価

太平洋戦争末期の時代。戦火が激しくなる中で東京にある2つの保育所が、埼玉県の山奥で疎開保育所を行うことを決める。53人の園児を預かる保母さんたちの懸命な奮闘を描いた実話ドラマ。

この時代は先が全く見えない戦争真っ只中。戦火から逃れるために疎開して子供たちを守ろうとした保母さんたち。当然問題だらけの中、手探りで1つ1つを何とか解決していく姿には心打たれます。

子供たちとのやり取りは思わず笑顔になれるものばかりで、戦禍というのを忘れそうになるほどの温かさ。しかし実際は今後どうなるか分からない状況で相当な恐怖と不安だったと思います。

この年頃の子供の世話は1人でもそれなりに苦労するのに、53人も世話をしながら極限状況の中を耐えなければいけない。本当に想像できません。

過酷すぎる環境で辞めてしまう人もいたり、食料もギリギリの状態だったり、所長にも赤紙が届いて戦地へ行くことになったり、埼玉県にも空襲の手が届いたりと心が折れそうになる事ばかり。

それでも終戦まで53人の園児を全員守り抜いた保母さんたち。頭が上がりません。どんな状況でも諦めない彼女たちを演じた戸田恵梨香や大原櫻子をはじめとするキャストの皆さんの熱演も素晴らしかった。

僕自身4歳の娘がいるので、保母さんや幼稚園の先生の存在の大きさは常に実感しています。今の時代はコロナ禍。ウイルスという見えない相手がいる中、日々全力で子供たちと接してくれる方々には本当に感謝しかありません。どの時代であっても保母さんは影のヒーローだと感じました。

一言二言では表せない戦争の悲惨さを改めて感じましたし、困難が続いた分ラストの感動は深く胸に染みるものでした。かなりの良作。今の時代だからこそ是非ご覧になってほしい一作です。
雪音

雪音の感想・評価

4.2
最後に残された子供たちに希望が与えられる脚本は良かった。

海外の戦争ものは視覚的に痛ましいけど、邦画の戦時の映画は切なすぎる。
日本国15年続いた長く苦しい戦いの終戦の引き金にもなった太平洋戦争。
その末期の1944年頃、戦禍の大都市東京を逃れ、ある埼玉県の片田舎で二十代を中心とした若手保母たちたった8人が、子どものいのちを守るため、五十三人の園児を連れまだ誰もやったことのなかった集団での疎開を敢行した。
俗に言う「疎開保育所」なるものを何もない寂れたお寺の場所を一から建て直し、日々目まぐるしく続いた激動の時代を懸命に戦った8人の保母と子どもたちの実話の奮闘記。

この映画、特に演者が有名どころ満載で演技はもちろん文句なし。
でも俺が個人的に特に驚いたのは疎開保育所の園児を演じたすべての子供たちだ❗️
全く違和感ない。自然な姿も含め、素の無垢なかわいい園児達そのものでした💯そこがもうひとつの見どころでしょうかね☝️

今現在当たり前のようにある日本の国を当時守ってくれた多くの兵隊さん達は凄いかっこいい。でもその傍ら武力ではなく心の強さ、子供への守る愛で日本の未来(子どもたち)を守った女性たちも同じくらい凄く凄くかっこよかったです🙆🏻‍♂️
戦争中、疎開先の保母さんと子供達がメインの映画。
疎開って一時的に田舎で暮らすだけでしょ?と思ってたけど、小学校上がる前の小さい子供は遊び盛りで言う事聞かないし毎回おねしょはするし面倒見るのって想像以上にめちゃくちゃ大変そうだった。
なによりもまだまだ甘えたい年齢なのに親と引き離して暮らす子供たちのストレスは半端ないと思う。
1945年3月10日の東京大空襲で大勢の人が亡くなり疎開してる子供の親も死んだ。
親や家族が死んだ事を子供に話さなければいないシーンはもう辛くてたまらない。
それでも明るくしっかり者の保母さんや元気いっぱいな子供たちの笑顔に救われた。
たろ

たろの感想・評価

3.4
子供の頃に“大人は大人”だと思っていたれけど、いざ自分が大人と呼ばれる年齢になってみると泣きたい時もあるし失敗も迷いもあり、そんな立派なものでもない。戸田恵梨香さんが演じる楓先生含め、このストーリーに出てくる先生達は私よりも年齢が若いはずなのに芯が強く、子供達の未来のため必死に守り抜く姿は胸が熱くなった。日本の歴史を知れて良かった。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
本所から焼き出されて来たばあちゃんによく聞かされた。
追いかけて来るB29を背中に感じながら走る走る。近くで逃げる人が死んでいく中ただ逃げまくったと淡々と話すのだ。
熱さのあまり川に飛び込む人もいたと言う。あまりに淡々と涙することなく話す祖母の目は何か遠く過ぎていってしまった過去を見るように思えたのを覚えてる。
今も時々錦糸町まで墓参りに行くと、当時の火の中を耐え抜いたボロボロの墓石を見つけたりするととてもリアルに感じたりもする。

そんな悲惨な大空襲なのに、その内容を映画で観るのは初めてだった。
広島長崎の原爆投下の影にもうひとつの悲劇と苦悩がある事はあまり知られてないのかもと、この作品を通じて感じた。
その意味ではとても良い作品だと思う。
青と黒

青と黒の感想・評価

3.8
原作未読だけれど実話をもとにした話できっと実際はもっと悲惨だったと思う。映画という限られた時間の中で悲惨さ、惨さばかりを描くわけでなく屈託のない子供の姿、笑顔の保育士たちを描いた点は好感が持てる。戦争映画というと男性が中心になりがちだが女性目線というのも良かった。
オーディションなのかもしれないが子供たちが結構みんなちゃんと当時の子供に見える。髪型のせいかなぁ?
とぅー

とぅーの感想・評価

3.3
子供側だけでなく、先生側の苦悩や疲れも伝わってきた。祖母が「実は疎開に嫌な思い出があまり無い」と言ってたのは、周りの大人の努力もあるんだろうなぁ。
現実はこんなに綺麗なものじゃないとは思うが、少し考えさせられる。
Miri

Miriの感想・評価

3.5
戦時中、東京の空襲を逃れるために疎開して被害を免れた疎開保育園の実話を映画化した作品。

子供たちの前ではもちろんだが、自身も被災しながらも他の保母さんに弱みを見せない楓さんの強さがすごい。
年齢も若く、主任保母さんとして他の保母の教育もしながら子供の安全を守る。最後の1人まで親御さんのもとに届けてからの堰を切ったように涙を流すシーンは今まで抱え得ていた重圧から開放されていたように思えた。

映画化されていないと知り得ない事実であったため、出会えてよかった。
戦争映画はたくさん存在するが、それぞれにドラマがあり、すべての人が苦しんだ。決して同じ過ちは犯してならないと改めて感じた。
えりみ

えりみの感想・評価

4.0
WOWOW録画。
太平洋戦争時、埼玉県蓮田市の妙楽寺に『疎開保育園』を一から作ったという実話ネタ😲
全然知らんかった😓
国は戦争の事ばっか考えて、町の人は自助、共助でやっていましたよっていう感動秘話😌
山田洋次組で共同脚本、助監督を長く務めた人の監督2作品目🎬脚本もご自身で📖
出てくる子どもたち全員、2019年公開とは思えないほど昭和感溢れる子ばっかり😲
この妥協無きキャスティングが一番の功績👏

『怒りの乙女』が戸田恵梨香、主演
大原櫻子が準主役、大丈夫か❓
ドジっ娘キャラなので大丈夫か😏
あんぽんたんキャラも追加で魅せる😁
夏川結衣も出てた😍のに、東京に残るのね。じゃあ出番無いね😥
佐久間由衣も出てるやん😆
あ…😢
女性キャストがメインやのに
時代が時代やからいつも女が悪者にされる😶

11月24日、東京に初めて空襲が✈️💣😱
疎開
3月10日東京大空襲✈️💣😱
泣きながらのオルガン😭😭
心折れる
夏、遂に埼玉県にもB29が😱
悪あがき
熊谷市がやられた翌日に終戦
徐々に親元へ引き取られていく子供達
ひとネタありで涙😭😭

53人を救ったとのテロップ有り
交流は今も続く😌
>|