原爆の子の作品情報・感想・評価

原爆の子1952年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.7

『原爆の子』に投稿された感想・評価

【あらすじ】

戦後復興が進む1950年の広島。瀬戸内海の島で教師をしている孝子は原爆から生き残ったかつての教え子を訪問するため、広島に向かう。盲目の乞食と出会い、彼が自分の親の会社で働いていた岩吉…

>>続きを読む
たつ

たつの感想・評価

4.1

原爆投下から7年後に作られた映画、建物は復興できても被爆した人間の傷は癒えないという原爆が後世にも与える影響を描いている。

大人によってもたらされた破滅の結果と、それとは無関係そうに無邪気で悲しみ…

>>続きを読む
Arlecchino

Arlecchinoの感想・評価

4.2

原爆投下からわずか7年後に公開された映画です。被爆地の惨状がまだ色濃く残る終戦後6年の広島の情景。何年たっても原爆症で多くの命が失われていき、戦争が終わってなお長く続く被害を物語っています。静かなが…

>>続きを読む
Keigo

Keigoの感想・評価

4.2

こちらもフォロワー様から教えいただいた作品。『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』を最初に観たので新藤兼人監督作品は二作目ということになるが、一作目はドキュメンタリーなので実質初めて観るような感覚で…

>>続きを読む
janjen

janjenの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原爆が投下された7年後の広島が舞台。
かつて幼稚園の先生だった孝子は、瀬戸内の島にいたが、かつての生徒を訪ねて広島市内を訪れる。
そこで偶然目にしたのは物乞いをする、かつての実家の使用人岩吉だった。…

>>続きを読む
shinichiro

shinichiroの感想・評価

4.6

◎ 時限爆弾の時刻がきたら音も時間も消えゆく広島。
伊福部さんの音楽がところどころ希望を持たせてくれますが、先生の表情が雄弁にやるせなさ、涙、暖かさを物語っています。嘉吉と孫の太郎の別れは咽ぶような…

>>続きを読む
むぅ

むぅの感想・評価

-

「むぅさんてすごいですね」

この場合の"すごい"は"マメ"という意味だろう。一緒に働いていたのはもう何年も前の事。誕生日を聞いたら「長崎の原爆の日です、だから誕生日の朝のテレビっていつも原爆のニュ…

>>続きを読む

8月6日は広島に原爆が投下された日だったので鑑賞。原爆投下から7年後の8月6日に公開された作品で、戦後まもない広島の姿がうつされているという点においても貴重だった。「ひろしま」とはまた違った描き方で…

>>続きを読む
勝五郎

勝五郎の感想・評価

5.0

原爆の日に鑑賞。
祖母は原爆でその翌日7日に亡くなっている。当時5人兄弟の末っ子だった父は11歳。
「原爆の子」まさにそれ。

原爆投下から6年後…の物語なのかな?
1955年に開館した平和記念資料…

>>続きを読む

☆☆☆★★★

『地平線』に続いて《能登節雄》氏との思い出に。


作品自体の背景は、Wikipediaを参照して頂けれは良いでしょう。
日教組との関係が悪化。大映との提携もなくなり近代映画協会が自…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事