あの日のオルガンのネタバレレビュー・内容・結末

上映館(3館)

「あの日のオルガン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

東京大空襲のあと、疎開保育園に戻って話をするところは本当に難しいと思ったけど、戸田恵梨香がすごかった。
実話のお話をこうやって映画で知ることができてよかった。
戦争が奪ったものがよくわかったし、
それでも子どもたちは子どもで無邪気で可愛いくて、感動した。
第二次世界大戦時 東京での空襲が激しくなっていく中
保育園の保母たちが子供の安全を考慮し園児53人を連れて
埼玉へ疎開しそこでの奮闘を描いた実話

空襲で逃げ惑うシーンはセット丸出し
疎開先への移動は田舎道をみんなで歩くシーンだけ
劇中起こった悲しい出来事はセリフだけで説明することが多い
低予算のせいだろうけど映像による悲惨な出来事の訴えは弱かった
映画というよりNHKドラマか演劇に近いと感じた
主演の戸田恵梨香の上司の保母が気丈さ出てて適役でよかった
もう一人の主演大原櫻子もドジっ子保母が容姿とピッタリ合っててよかった
全体的にはチープ感を除けば伝えたいこともわかるし良く出来た映画だった
ただ一点ラストオルガンをリアカーに乗せて疎開先に向かうようなシーンで終わったんだけど
あのシーンは蛇足だったなぁ
戸田恵梨香が泣いたシーンでエンドロールで余韻に浸れるようにすれば
個人的にベストだったのにそこが残念
エンドロール中に元保母さんと元園児本人の写真が出てきたのは
今でも元気で交流が続いてることはわかってとてもよかった
太平洋戦争末期の『疎開保育園』をテーマにした作品。

観ておいて良かった。

幼い我が子が親元を離れて保母さん(先生)と一緒に集団疎開する。
最初は疎開に反対だった親も実際に空襲が身近に迫ってきて苦渋の決断をするシーンや両親が保母さんに『自分たちが死んだら、子どもを頼む』と通帳や印鑑を渡すシーンは胸が締めつけられるようだった。

それ以外にも辛く悲しいシーンはあるが、子どもたちが疎開先で楽しく走り回る姿や歌うシーンは今と何も変わらない。

『あの日のオルガン』が当時の子どもたちや保母さんの文化的な日常を支えていた。


主役の戸田恵梨香、大原櫻子がとても良かった。
保育士目線で観ると、53人の子どもたちを5人で疎開させて保育するという責任感に感動した。大切な命を守ったんだねえ。

始め反対していたお母さんが子どもと離れてでも助かってほしいと思って預けることにした英断に涙がボロボロ出た。
とても良い映画でした。
実話との事でとても悲しい映画なのかと思っていましたが、笑いってしまう様な和やか場面も多く感じました。
もちろん、家族や友人の亡くなってしまったり大切な場所を失ったりと悲しいこともたくさん描かれていました。しかしその悲しみを抱えたまんま生きる女性の強さを観て私も頑張らなくちゃと思えました。
あと、歌のシーンが多くて凄く楽しかったです。
そりゃ大原櫻子の布団に忍び込めたならこっちだっておもらしなんてしやしないよ。別のおもら

冗談はさておき、冗談はさておき、子どもに好かれるお姉ちゃん感といい、音楽で演技をするという技能といい、これほどの当たり役そうはないのではないかしらん。

また、ほかの役者さんが戦時中を背景とした演技をしていたのに対して、光枝や彼女が絡むシーンだけは現代の学生生活としてCMにしても通用してしまいそうな若々しい空気感のものに調整されていたのも、こうした戦争ものと若者とをつなげるかけ橋となれというような願いが込められているような気が勝手にしてしまってまた。

各エピソードがどこか不完全燃焼のまま流れていってしまうのも戦時中という無常気がより感じられたし、あとこれはフィクション的な狙いをもってやったことではないのだろうけど、子育てを戦争と並べることでその闘いの部分と尊さとがより際立って見えて洗骨を見たあとのようなお母ちゃんありがとう感をまた想ってしまったりして、と同時に、でもいなくなってから感謝したって遅すぎるんだよと名川柳まるパクリな後悔も湧き上がってくれば、その意味ではあの戦争で亡くなった人たちとも想いを交わすすべはないのだなという当たり前っちゃ前なことに今更ながら気づかされたりして、あぁとりあえず生きていかないと申し訳ないんだなあと。

ただ、ここぞというシーンで登場人物が名ゼリフでございとばかりにシーンの説明にしかならないことを言ってくるのだけはちとキツくて、戦争はどこまでも追ってくるとか、生まれたときのように泣いているとかいったことはこっちで勝手にそう妄想するから言ってくれなくてもいいよ、最大の楽しみを奪わないでくれよ、みたいな。

とまれ、個人的に地球史上最強にエロいドラマだと思っているトランジット・ガールズ以来の棒じゃなくなった佐久間由衣を見ることができたし、いやあれは棒演技なところが最高によかったんだけど、ともかくも自分はある日ぽつねんと生えてきたわけじゃないんだなということを再確認させてくれた作品ですたすた。
素晴らしい実話の素晴らしい映画化。

戦時中に保育園で働いている時点で頭下がる。

最初は演技やカット割りが朝ドラみたいなテンションで、会話に変な間があって、大丈夫かこの映画?ってなった。特に最初に保護者集めてみんなに疎開の意見聞く辺りのシーンは演技ワザとらしくて辟易。

ただ、田舎に行ってからはだんだんとうわってなるようなシーンは減り、ほのぼのとしながらもそこかしこに戦争の影がある物語に引き込まれていった。

それでもほのぼのシーンは女性キャストたちや子供達の可愛さで癒される。特に大森靖子のおっちょこちょいな演技はワザとらしいんだけど鼻につかないちょうどいいバランス。あんまマジマジと見たことなかったけども、よく見るとめちゃくちゃ美形。

あの替え歌のつまらなさも昭和っぽくて可愛い。
オルガン弾けるから彼女に決まったんだろうけど、それ以上にキャラに合ってる。

それと対比してずっと気を張っている責任者を演じる戸田恵梨香もシャープな凛とした美しさが役にピッタリ。

ダメ保育士の大森靖子が怒りの乙女の戸田恵梨香の下で成長していく話かと思ってたらそうなってなかったのが良かった。

それよりも戦争に対して声高に反対は叫ばずとも、彼女たちの沸々とした理不尽への怒りが伝わってくる作り。

人が死ぬ時のギョッとするくらいの呆気ない省略描写が逆に怖い。
焼け跡に立ち尽くす戸田恵梨香のモノトーンの画面は美しく虚無的で素晴らしい。


そして女性監督らしく、戦火に耐える保育士たちをただ健気に描いていないのも好感。

みんな愚痴も吐けば、子供への負の感情も表し、限界を超えて死んだ顔も映す。

だんだんと惰性で仕事をこなしているような感じになっていくのがリアル。画面も色彩がなくなっていく。

死んだよりちゃんが好きだった片目のアイツが後半出てこなくなるのも突き放したような感じ。萩原利久良い演技。

そんな普通の人達がそれでもギリギリで子供たちを全員守りきったからこそこの実話を尊く感じるし、戸田恵梨香のラストの涙も染みる。

未だに生徒たち先生たちの交流が続いているみたいでほっこり。


子役の演技も邦画にしては比較的ワザとらしくなく良かった。特に親が死んだ健ちゃんが泣き叫んだりせず、状況を理解してないのか耐えてるのかどちらにも見えるのが良かった。

秀作です
予告が流れてからずっと観たかった映画。
子供のことはもちろん、親のことまで考えなきゃいけないのが保母の仕事だということに気づけた。

よそ者が色目使った て言われて追い出されるシーンが時代を表してる。

みんな生きるのに必死だから他人のことまで考えられなくなって険悪な雰囲気のシーンもあったけど、子供を守るっていう目標はブレないのに感動した。

あの時代があったから今は戦争がない。でも、甘えてちゃいけないなとも思う。
なかなか感動的な話だと思います。
8月の終戦記念日辺りに NHKで放送しても良いのかなぁ〜と思いました。
大原櫻子、広瀬すずに似ていたのは 気のせい。
脇役キャストが、家族はつらいよ シリーズの方々が多くて
戸田恵梨香の強い女性像が、戦争によって最後の方は崩れていく様がほんと怖かったし、それが良くもあった。
実話で、普通に良い映画だし、夏に公開すれば良かったのにって思ってしまった。
大原櫻子かわいい
>|