天然☆生活の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

天然☆生活2018年製作の映画)

上映日:2019年03月23日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

「天然☆生活」に投稿された感想・評価

gigiro

gigiroの感想・評価

3.9
チラシも予告も前情報無しで鑑賞
初めはおっさんの田舎ムービーだなぁほっこり〜とか思ってたらまさかの展開!!
爆笑してしまいました!!最高!
高低差ありすぎてボンゴで耳キーンてなるわ!
名古屋に行ったらぜひ行ってみたかったインディーズ系映画ファンの聖地、シネマスコーレ!確かにココは独特の雰囲気がある^_^

そこで観たのが、この映画。なんとなく似合ってる。

我らがオッさん代表、川瀬陽太!
主演です^_^

いきなり昭和歌謡映画のような歌の数々。のどかな田舎の風景。こんなとこで釣り堀やってて商売成り立つのか感。三人のオッさんが無邪気にはしゃぐシーンは、笑けるやらちょっと切なくなるやら、、^_^

この話から、後半の展開には驚いたけれど、なんともブラックならぬ、ゴールデンコメディと言うかは知らんけど、変な展開であることは確か 笑。

この映画館で観たことも効果あったのか?結構楽しめたのでした。

川瀬陽太のブロマイド貰ったけれど、、、^^;
The映画!

映画だからこそ出来ることがどんでん返しのように襲いかかってくるとっても面白い映画でした
かなた

かなたの感想・評価

3.8
おじさんほのぼのムービーかと、思いきや!

予想外の展開で最高
津田さんも最高

邦画あんまり見たことない人が
これ見るとどう思うのか知りたいところ
2月10日にユーロスペース下のカフェで川瀬陽太主演三作のプロモーションイベントがあって、そこで前売りチケットをまとめて買った。
  
でその締めが「天然★生活」なんだけど、 川瀬さんがいつも言ってる「最近の息苦しさ」が一番ストレートに表現されてる気がした。ラストシーンのアイロニカルなとこは好きだな。毎回でもないけど、たまにこういう作品観たくなる気がする。
 
さーて、帰ったらイベントで貰ったワカメラーメンを食べようかな🍜
itoyuki

itoyukiの感想・評価

4.5
序盤のまったりが嘘のように後半カオスな展開すぎてとても面白かったです。
出演されたおじさんのカレンダー出たら買っちゃう。
痛烈な皮肉映画。
ボンゴの音色にやみつきになる。最初の川瀬さんのボンゴのシーンから可笑しい。
日常的な描写の中に潜む小さなおかしさをいじり倒す系の映画かと思えば終盤で衝撃的に頭がぶっ飛ぶ展開に。(あ、これはギリギリネタバレじゃないよね?笑)

これは面白い!
obat

obatの感想・評価

3.3
個人的には古民家カフェだのロハスだの、それらに傾倒する感覚が苦手なのでわりと気持ちよく観ていて、そんな自分に気付いて自虐的に可笑しかった。うん、やっぱりいやだね。
眩しいほど何も無い川瀬陽太さん、のんびり、ほっこり、&ロハス家族disから急にノイジーになる緩急楽しかったし、それでも悲惨に向かわない優しい物語だと思った。
うん、たしかにフライヤーの通りだ。川瀬さんとにかくいろいろとまぶしい。
3人のキャッキャウフフからしてまずまぶしい。わかめラーメン、山登り、しなびたキャベツ、焼肉、ラジコンボート。なんだかこういう細かいところだけで、いつまでもニコニコ話していられそうだ。
そしてその後の衝撃(的展開)。いまひとつ受け止めきれず、べつにそれほど驚きはしなかったけど、なぜああなってしまったのかを、一晩経ってもまだ考えている。ほかにもいろんな解があるとおもうんだけどなあ。傘がなあ。スク水がなあ。津田寛治がなあ。
83
>|