天然☆生活の作品情報・感想・評価・動画配信

「天然☆生活」に投稿された感想・評価

邦画詳しくないけど、これは結構面白かったような🙄♡💚

前半のんびり→後半カオス☆💚


私の中では、天然といったらHarukaさんだけど、その天然じゃなくてあの(どの?)天然です
(Harukaさんは、ほうれい線をほうれん草と間違えたり、意外とボケボケしてて可愛いのだ☆)



~ざっくりしたあらすじ~
50歳独身のタカシは、夢も希望も仕事も🏘もNothingな慰☆早漏…じゃなかった居候☆

おじさん3人のキャラが良い&可愛い☆💚♡
おじさんって可愛いよねぇ…

ラストが最高です(●´∀`●)☆🎵
めあり

めありの感想・評価

3.9

おじさん3人の葛藤と日常が愛おしい。

最後の演出に思わず笑ってしまいました。
mikimouse

mikimouseの感想・評価

3.5
後半、展開が早いし、強烈なシーンもありつつコミカルだけど、なんだか見ちゃう映画。
事前情報がフィルマークスで3.9ということのみで視聴
カオスすぎてびっくりしたw
思わぬところでカルト映画発掘してしまった
観終わった後に、なんでこの映画が3.9なんだろ?私にハマるってことはマイノリティなはずでは??って思ったら、案の定視聴人数100名ちょっとで草
この映画は普通の人では辿り着けないと思うもん


ストーリーは文句なしだし、演出も良かったと思うけど、ホラー感若干あったから3.8ぐらい
学べたのはやっぱ偏りすぎた考えの人は怖いなぁぐらい

あと、ボンゴばり強いの本当草
グロ耐性あってパンチ強めの映画が観たい人にはオススメ
ショウT

ショウTの感想・評価

4.0
おじさん3人が遊んでるのとてもが楽しそう。
僕もこんな友達と楽しく過ごしたいな。

東京からの、意識高い家族、とてもよく描かれていて面白かった。

カーネルサンダースは65で始めたんですね!
外来種はおまえだ~!一番好き!

ホラーシーンB級感。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
▪️JPTitle :「天然☆生活」
ORTitle: ※※※
▪️First Release Year : 2018
▪️JP Release Date : 2019/03/23
▪️Production Country : 日本
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2022-232
🕰Running Time : 96分
▪️Director : 永山正史
▪️Writer : 永山正史、鈴木由理子
▪️MusicD : 石川江里也
▪️Cast : 川瀬陽太、谷川昭一朗、鶴忠博、津田寛治
▪️Review
🖋レビュー点数がまあ高かったので前知識なしに鑑賞。タイトルとパッケージの雰囲気から、オッサン3人のゆったりとしたヒューマンドラマと思いきや、クライマックスではまさかの展開!!もう爆発してるやん!!と、反骨のインディーズ・ハイブリッド・コメディ(ほとんどホラーやん!!)。ほんわかして、イラッとして、そして呆然。。。もう気がつけば永山正史監督による永山ワールドにどっぷり。よくここまで描き切ったという感じです。

🖋とにかく3人のオッサンのキャラが濃いい!!
のどかな田舎町の片隅で楽しく暮らしていたオッサン3人組と、ナチュラリストを標榜し突然彼らの平穏な日常を浸食し始めた都会からの移住者一家の対立の行方を描いた作品なんですが、名バイプレイヤーの川瀬陽太の哀愁?に満ちた演技、そして、谷川昭一朗、鶴忠博のみんながド名演なのが何とも。さらに津田寛治の慇懃無礼なキャラ演技も凄い!!

🖋主人公タカシが叩くボンゴの響きが突然ですが昭和にタイムスリップ。流れる「見上げてごらん夜の星を」「バラが咲いた」に「星影のワルツ」。ここからのカルトなのでよりビックリ!!

🖋物語は。。。
単線列車の走る長閑な田舎。50歳独身のタカシには、夢も仕事も家もありません。認知症の叔父の介護を条件に、本家に居候させてもらっている身です。叔父が亡くなり、その息子のミツアキが帰ってきます。幼馴染のショウも交え、再会を果たす旧友三人。 叔父の釣り堀を営みながら、楽しく過ぎていくタカシたちの生活。。。そんな頃、東京からある一家が引っ越してきます。田舎でのナチュラルライフに憧れ、古民家カフェ開業を夢見る一家。彼らはタカシの住む美しい茅葺の本家に目を付けはじめます。 タカシたちの平穏な日常は、徐々に崩れ始めていくのですが。。。

▪️Overview (映画. comより)
「トータスの旅」で2017年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞した永山正史監督による人間ドラマ。のどかな田舎町で暮らす50歳の独身男性タカシ。夢も仕事も家もない彼は、認知症の叔父の介護を条件に本家に居候させてもらっていた。ある日、叔父が他界し、その息子ミツアキが故郷に帰ってくる。幼なじみのショウも交え再会を果たした3人の旧友たちは、叔父の釣り堀を営みながら楽しく暮らすように。しかし、田舎でのナチュラルライフに憧れる一家が東京から引っ越してきたことをきっかけに、彼らの平穏な日常は徐々に崩れ始めていく。「ローリング」の川瀬陽太が主演を務め、津田寛治らが共演。
つき

つきの感想・評価

4.0
今まで見た映画で、いちばんカオスな映画。
ふとこの映画のことを思い出して、もう一回見たい思うこともしばしば(笑)
天然★生活っていうタイトルが秀逸だと感じる話だった。
山中Q

山中Qの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

相当期待してみた分退屈な時間がありちょっと残念。
津田寛治の振り切った演技はなかなか。
ゴールデン化してからのボンゴのブラストビートはツボった。
亀踏み潰し、頭吹っ飛ばされて、鳥に啄ばまれるところ最高。
ラストシーンのセンスがこの映画の中で一番好きだった。
年二回は独身の同級生達4人で集まる習慣のある僕にとって、この映画はまさに自分自身の話。
だんだんと人生が崩れ落ちていくところも多分、これからの僕と同じ。
そんな風に思いながら、まあまあ楽しく観た。
久しぶりに、鳥類の栄養となり一体化する川瀬陽太を観る事が出来たし。
KOUSAKA

KOUSAKAの感想・評価

4.2
しょっぱなのボンゴ叩くシーンからセンス良すぎて、永山正史監督の天才ぶりがプンプン漂ってましたが、まさかラストのトンデモ展開に繋がるとは‼️😆いや〜ビックリし過ぎてラストシーンではもう放心状態でした。お父さん、希望通り究極の自然回帰が出来ましたね🤣

好き嫌い別れそうな作品ですが、個人的には超ストライクです‼️こういう「他では見たことない世界」を見せてくれる作品にこそ最も刺激を受けるし、映画というアートの存在意義だと思います。あと、キャスティングが全員最高😆

都会から引っ越してきたエコ意識高い系の家族はホントにうっとおしいんやけど😅コミカルな描き方してたから楽しんで見れたし、表向きは幸せそうにしていながら、実は家族内の夫婦関係や親子関係には相当な歪みがある所も面白かったです。

あの娘もタカシに無実の罪をかぶせて結構ひどいことするわけやけど、実はこっそりインスタントラーメン食べたりしてたのは、エコ原理主義の母親に対する反抗心があったんでしょうしね〜🤔

とにかく前情報は極力入れずに見た方が絶対に楽しめる作品です‼️怒涛のラストを全身で浴びて下さい😎😎

あなたにおすすめの記事