クレイジー・フォー・マウンテンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

クレイジー・フォー・マウンテン2017年製作の映画)

Mountain

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:74分

3.4

あらすじ

「クレイジー・フォー・マウンテン」に投稿された感想・評価

mxvrt

mxvrtの感想・評価

1.0
凄い映像だと思うのだけど、編集や見せ方が退屈過ぎてプロの作品とは思えないレベル。最近でここまでのは珍しいかも。
Fumiko

Fumikoの感想・評価

3.4
ナレーションの内容が全然入ってこない笑
In to the mind の方がもっとスタイリッシュでカッコいい映画だった。
山宗教、原理主義者の映画。
山と人。
登山、リスク、信仰。

クラシックと山の相性がいいのは前から思ってたけど、それの完成形に近い。
S

Sの感想・評価

-

森が氷河が息してる
登山の良さが全く分からない身としてはハラハラして変な汗かきそうになった
changye

changyeの感想・評価

3.3
登山家のドキュメンタリーではなく、
山そのもののドキュメンタリー。
信じられないほどの美しい山々が次々と
流れる。

「山は人とは違う時間の中を生きている。我々の理解が及ばないほどの歴史を持っているのだ。」

ナレーションは「人の山への信仰の仕方が変わってきた。」と何度も繰り返す。
観始めは、人と山との在り方を考えさせられる作品だなあと思っていたけれど、それは違うことに気付く。
人と山は対等でない。
山は人に興味を持たない。
人間なんてちっぽけな存在にすぎない。

暖かい部屋でぬくぬくとコーヒーでも飲みながら、このような大自然の驚くほどの超絶景を気軽に観ることができる今の時代に驚きながら、とてつもなく大きな生命力を感じた一時でした。
そびえ立つ山々が美しいのはもちろんのこと、マグマの膨らみや雪の結晶など細部が美しく撮影されている。澄んだ夜空が美しい。

登山する人の集団やリフトの列など、何気ない景色がオーケストラの演奏で物語性を持つのが面白かった。

ただ、ナレーションは同じような意味の言葉を繰り返してるだけ。ウィレム・デフォーの渋いボイスだから聞いてしまったけれど(笑)
ずん

ずんの感想・評価

3.7
命綱付けずにすんごいがけ登っててズルってなっても笑ってたりするクレイジーな奴ら

山とクレイジーな奴らを愛でる映画でした
yumi

yumiの感想・評価

3.5
自分じゃ見れない景色だから観れてよかった!
山の中って凄い事になってるんだなぁ〜ただただ山を感じる映画
Iman

Imanの感想・評価

3.0
静かな映画🎬で、映画館で観るのがベスト。すごいので、高所恐怖症の私には辛い映画でした。
foooo

fooooの感想・評価

4.2
この映画を一年前の10月19日に観てたら多分、最後までみ終わらずにやめてたんだろうなってくらい、今まで好んでたテンポの早くて人間味のあるものじゃあない、これは

でも
それにめちゃくちゃ魅力を感じれる今 が自分はすこ

山を舞台にした 人々のドキュメンタリー、ではなくて、
人よりも深い歴史を持つ山そのもの、が主役なんだよな

ほっとんど言葉はなしで、自分のドタイプの映像美と音楽(は よくわかんなかった)がメインなんだけどだからこそ、ひとつひとつの言葉がシミてつすぎる、山目線の価値観がすこすぎる。
>|