ホテル・アルテミス ~犯罪者専門闇病院~の作品情報・感想・評価・動画配信

「ホテル・アルテミス ~犯罪者専門闇病院~」に投稿された感想・評価

SFなのかドラマなのかアクションなのか、
色々なジャンルが合わさった作品。

ジョディ・フォスターじゃなくてもよかったのでは??

と思いたくもなるが、ドラマ要素としてはジョディが生きてくるのか。

世界観を味わうには話が駆け足過ぎて、
少々勿体ない。
MayumiM

MayumiMの感想・評価

2.5
ホテルとは名ばかりの犯罪者専門の病院に暮らす息子を亡くしたトラウマに苦しむ看護師と、治療を求めて集った犯罪者達……というナカナカにユニークな設定ではあるんだけど、何故か物語全体が「だから何?」という雰囲気でまとまっちゃってる一作。
せっかくのジョディ・フォスターなんだけど、そのジョディ・フォスターに頼り過ぎちゃってる感が滲んでるトコロが残念。イヤ、頼ったつもりはなかったんだけど……という気もするんだけど。
ともあれ、移植用の内臓まで3Dプリンターで作れちゃうビックリな設定を活かすためにももう少しストーリー自体を掘り下げて欲しかったな、という印象。イヤ別に、ジーンとエヴェレストのバティぶりが描きたかったというなら成功だと思うけど。
風来坊

風来坊の感想・評価

3.2
暴動が日常化した近未来のロサンゼルスを舞台に、入り交じる人間模様とタフな1日を描いた群像劇。ジョディ・フォスターを筆頭に豪華キャストが集結した。

近未来の闇病院が舞台の一風変わった犯罪群像劇。かなり独特な世界観と設定の映画という印象。簡単に言えば病院にクセのある患者が次々運びこまれててんやわんやという感じ。密室劇みたいな感じもあります。

ジョディ・フォスターさんは老けたなぁと思ったら、流石にこれは役に合わせた老けメイク。流石に大女優の貫禄で場を締めています。完全にお婆さんでちょっとこのメイクはやり過ぎな感じもありますが(笑)

曰く付きの闇病院に曰く付きのナースと助手。更に曰く付きの患者が巻き起こす騒動。ごちゃごちゃしているようで設定と展開が上手く噛み合っていて終盤の混乱に活きています。

クライマックスはアクションをしたくてちょっと強引かなとは思います。しかしながらそのアクションはカッコいいのでまあヨシとします。
ソフィア・ブテラさんが綺麗カッコよくて萌えますね。

ちょっと良い話というか刹那的にまとめ過ぎたかな…。
本来は誰も手出し出来ない規則に守られた聖域を舞台に、起きるそれぞれの思惑と人間模様で取っ付きにくさもありましたが、なかなか楽しめた作品でした。

まとめの一言
「生き方は変えられない」
近未来のロスで犯罪者専用の闇病院ホテル仕切るナースがジョディ・フォスター(5年振りの復帰作)、デカ助手がデイヴ・バウティスタ(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のドラックス)、謎の女殺し屋がソフィア・ブテラ(「キングスマン」の義足用心棒や「ザ・マミー」のエジプト女王)、銀行強盗がスターリング・K・ブラウン(「WAVES」のおとん)ってそこそこナイス配役。だけど誰が主役なのか分かり辛い。監督は「アイアンマン3」や「MI:5ローグネイション」の脚本家だし設定も悪くはないけど、なんか物足りないなあ。世界観嫌いじゃないけど。日本劇場公開なかったから全く話題にもならんかったし。
ろっち

ろっちの感想・評価

3.6
近未来の話。
近未来、権力の横暴から、暴動が起きている。犯罪組織の大物の経営する、犯罪者の闇病院兼ホテルとして有名な、ホテル・アルテミスは22年にもわたって繁盛し続けていた。アルテミスの医師「ナース」は、広場恐怖症で建物から一歩も出ずこのアルテミスを仕切っていた。ある日強盗に失敗し重症になった犯罪者兄弟達が訪ねてくる、そこからのアルテミスの中での話。……ってあらすじ。
チョイチョイ「?」になる所もあるけど、悪くは無いと思う。展開もご都合的だけど、結構面白かった。分かりやすい説明的展開を差しこめられたら、もう少し点数は高い。設定は悪く無いし、好き。
まぁ多くは語るまい(笑)
2028年のロサンゼルスで最新医療ができる犯罪者専用の闇医院ホテルのお話

「ねえ、素敵な朝になりそう、少し歩こうかしら」
粗茶屋

粗茶屋の感想・評価

3.9
犯罪都市へと変貌していく街に佇む風変わりな医療ホテルに転がり込んだいくつかの災難が、“いつもの水曜日”を最悪のシナリオに塗り替える…。

笑えるほどの豪華&絶妙なキャスト、媚びない脚本、面白い作品でした☺︎
WOWOW.

設定の世界観の作り方、一級品でした。ジョディ・フォスターのこの世界にマッチさせたと思われる役作りに本気度を伺えキャリアの長さに安心感を得られ面白かった。
大暴動下のロサンゼルスの闇病院の話。
この設定だけでもカオスなのにオープニングはまさかの「夢のカリフォルニア」。確かに夢であってくれ(笑)
ジョディーフォスターの闇医者感が何気にハマってます。そして体に似合わず繊細な助手がデイブバウティスタってなんか面白いけど愛すべきコンビでした。
規則を破ると大変です。
守りましょうルール、守らせましょうルール。
個人的にはオチがすごいしっくり来ました。
回想シーンの倒れてた人がよくわからんかったけど。
ママス&パパス以外のBGMもいい感じ!
Lilly

Lillyの感想・評価

3.5
あと8年後にこんな世の中になったら嫌だなぁ。
ちょっと設定に入り込むのに時間かかったけど、難しくはなかった。

お久しぶりジョディ・フォスターさん、さすがの存在感だし、他のキャストも豪華。でもちょっと物足りない感じは何故だろう。

ほぼホテルの中でのシーンだからかな、場面切り替えは多いから退屈なわけではないのだけれど、緊迫感があまりない。最後は気になるとこですね。
>|