「アイアン・ジャイアント」に投稿された感想・評価

〝なりたい自分になればいい〟

冷戦真っ只中のアメリカ。少年ホーガースは、ある日森の中で謎の巨大ロボットが感電しているのを発見。その場で助けたことをきっかけに少年はロボットとの友情を育んでいく。しかし、そんな彼らの前にロボットを危険視する政府の人間が現れる...


監督は、ミスターインクレディブルやミッションインポッシブルゴーストプロトコルのブラッドバード。


子供の頃から大好きな作品です。
この度BDシグネチャーエディションを購入したので再レビュー!



ストーリーは王道、そしてベタなんですが
丁寧にしっかり作り込まれている為
もう最高の一言!!


手書きアニメとCGで表現された世界観!
ロボットのレトロフューチャーな造形は愛くるしく、大好きです!
そして、鉄の塊のあの巨大ロボットにあそこまで豊かな表情、感情を感じさせるのはすごい!
ヴィンディーゼルの声もすごい合ってます!


宇宙からやってきたロボットと、少年の純粋な友情にはワクワクさせられ、
ホロリともさせられます。
特にラストのやりとりはグッときます(´▽`)


子供の時から大好きな作品でしたが、
大人になるとまた違って見える。
映画っていいな、そう感じさせてくれる宝物のような作品です。
オススメー!


※再レビューです。以前のレビューにいいね等くださった方すみません!

このレビューはネタバレを含みます

心が擦り切れてしまってる大人ほど
こういうシンプルなメッセージをくれる子供向け作品を
観る時間を作る必要性があるかもしれない。

大人だからこそ見えてくるものもある✧

敵を痛めつけたことで抱える
反撃されるかもしれない恐怖。
見た事ないもの知らないものは
攻撃し徹底的に排除しようとする姿勢。
攻撃するから攻撃し返す。

時代背景や社会風刺を織り交ぜた
ハートウォーミングなアニメーション作品♡
部長侍
3.0
序盤★3 中盤★3 終盤★3.5

オトナの鑑賞に耐え得るアニメではあるけど、
基本は子供向けなので荒いっちゃあ荒い脚本。

物語の締めでの『決めゼリフ』と『大オチ』は巧みで完璧やのに、
そこに向けての流れが大雑把で稚拙なんで、オトナはおいおい!っとツッコミたくもなるけど、
観終わって優しいキモチになれるステキな作品であるのは間違いないです。

そろそろ実写でリメイクして欲しい!

2017年235本目(再見)
821
4.3
泣ける良作と聞いてずっと見たいと思っていた一作。
たまたま機内上映で発見して鑑賞。
「兵器」として作られた心優しいロボットと、少年の友情。王道なんだけど、大号泣でした。

絵も昔のディズニー風で、親しみやすかった!
おととい第1話が放送された新作のウルトラマン観てたら、急に今作思い出して涙出てきた。

名作。かなり好きな映画。人の目を気にしすぎて、変に型にはまってしまったりする今こそ観てほしい1作。ジャイアントの劇中最後の一言で文字通り涙があふれた。というかこの文章を書きながら思い出し泣きしている。

吹き替えもインパクトの強い悪役キャラを演じるイメージが強い郷里大輔さんの演じるジャイアントがかわいすぎる。
何だかんだ言って、年寄りは洋画好きだから、こういう浪花節じゃない映画は好み。
らいと
4.5
幼稚園か小学生の時によく観ていて、久しぶりに観たら涙腺崩壊した…

少年とアイアンジャイアントの絆はとても強くて泣き、最後に憧れてたスーパーマンみたいに本物のヒーローになったアイアンジャイアントを見てボロボロに泣いた。

優しさに溢れた作品でした。
めちゃくちゃワクワクする。E.T.と類似したシーンもあり、楽しく見られました!
あやな
4.1

このレビューはネタバレを含みます

んんー久しぶりに泣いてしまった!!絵の動きが凄いし、ストーリーも間違いのない感動作。ロボットの犠牲愛や自意識って『アトム』『わたしは慎吾』にも通じるテーマだし、もちろん『天空の城ラピュタ』を思い出してしまうんだけど、日本のロボットアニメからの影響ってやっぱりあったのかしら…?
わかりやすいシンプルな優しい物語。
とはいえ核だの出てきてドキッとする。
>|