ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 12ページ目

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

映画館で2回鑑賞

ジョーカーにならざる負えないホアキンフェニックスの迫真の演技に心打たれた

ジョーカーのタイトルが出るまでのシーンが秀逸だと思う
n

nの感想・評価

4.8
映画館での鑑賞データ
初日:2019年10月04日(IMAX)
二度目:2019年10月20日

”PUT ON A HAPPY FACE”

端的に言います、傑作です。
しかし面白いなどという次元を超越した作品なので、観る者に委ねる内容でもあったしなかなか言葉にするのが難しい作品です。

ご存知の通り、ジョーカーと言えばバットマン最大の敵であり凶悪なヴィランで、
全部ジョークでしたと笑いながらイタズラで人を殺しまくるような、言わば悪魔みたいな奴。
ヒース・レジャーのジョーカーは歴史に残るかっこよさなんやけど、良心なんて一欠片もなくて。言わば悪魔やから。
しかし本作のジョーカーはそんな突き抜けたカリスマ性を持つ悪のキャラではなく、一人の「人間」として描かれていた。
コミックでもジョーカーのオリジンについて決定的なものは確立されていなかったのに…

ほんまに衝撃的な脚本でした。
コメディアンを目指す心優しいアーサーが社会や人生に見放され、富裕層に踏みにじられ、壊れていく様子を丁寧に描いている。
孤独な男の壮絶な生い立ちや人生に、感情移入せずにはいられないという…

「アーサー」から「ジョーカー」に変貌するスイッチであるダンス。
あの瞬間にアイデンティティを確立し、ジョーカーという新たなアンチヒーローが誕生した。
階段でのダンスは名シーンでした。
「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」
そう、誰かにとっての悲劇は、誰かにとっての喜劇なんです。
つまり善悪は主観でしかないのです。
これは本当に真理やと思う。
この物語の本質を暴力的に訴えてくるので、正直感情の行き場に迷うのは確かです。
観る人によっては危険な作品かと。

とにかくホアキン・フェニックスが怪演。
ホアキン自身、幼少期からの凄まじい家庭環境や
貧困生活、麻薬の大量服用での兄の死、モキュメンタリー騒動で干されたときに銀幕に復帰できるよう猛プッシュしてくれたフィリップ・シーモア・ホフマンの死など、自身の壮絶な経験に加え、こんな役を演じて精神状態は大丈夫なのか、普通の生活に戻れるのか、本当に心配になった。
ヒース・レジャーの死が脳裏をよぎった。
それほどに素晴らしかった…

最近ルーニ・マーラとの第一子に、亡き兄「リバー」と名付けたニュースを見て安心したわ。
あとオスカー受賞式の彼のスピーチは未だに鮮烈に覚えている、印象的で感動しました。

そして映画好きとして嬉しい点は「キング・オブ・コメディ」や「タクシードライバー」のオマージュが散りばめられていること。
本作でロバート・デ・ニーロが演じたマーレイ・フランクリンは人気番組の司会者という設定。
これはキング・オブ・コメディを想起せざるを得ません。デ・ニーロは人気司会者にすがりつく駆け出しのコメディアンを演じていたんですから。なんの皮肉。
そしてジョーカーの設定なんて、まんま「タクシードライバー」でした。
手で拳銃のようなポーズを取るシーンがあり、完全に彷彿とさせているのがわかった。胸熱。

余談ですが、BDを購入してメイキング見てたらオーディオコメンタリーにブラッドリー・クーパー出てきた。製作に参加してたらしい。
southchang

southchangの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

終始暗い。
本当暗い。しかも長い。

が、
後半ジョーカーとして覚醒してからはサウンドトラック含め凄く魅力的な格好良さだった。

主役の演技力が凄まじいおかげで見てるだけでこっちまで若干鬱になりそうな分、ジョーカーシーンとのテンションの振り幅が最高。

精神病故の主人公の妄想オチも良い。
ohina

ohinaの感想・評価

3.4
貧困が根源だなと…
ダークナイトのジョーカーは犯罪を楽しむ勧善懲悪だけど彼に焦点を当てるとこんなにも人間味があるのだなと思った。終始暗いしあーこれはジョーカーが生まれてしまうよな、という要素の塊だった。
まち

まちの感想・評価

5.0
つらいよ〜〜〜〜めちゃ面白いよ〜〜〜
ジョーカーは明らかな悪なのに彼に寄り添い追体験させることで自分だったらを考えてしまったし結構引っ張られた

パージ観たくなった
ホアキンがもう怪演極めてた。スゴすぎる。とことんついてないし、悲しいが故どんどん犯罪の道に進んでしまうジョーカー。
最後の手で口角上げるシーンはなんとも言えない気持ちになった
mash

mashの感想・評価

4.0
証券マンを殺した後は自信満々のイケメンになるのが凄い。
この人俳優なのに歯並びひどいなと思ってたらメイクらしくって驚いた。
トイレのダンス、太極拳みたい。
kirin

kirinの感想・評価

3.6
バットマンについて全く知らずに観た。主演俳優の怪演が噂通りで、ステップや笑い方、ふとした瞬間の目使いがすごい。資本主義の闇という感じが好み。
Mchiko

Mchikoの感想・評価

3.5
悲しみが深い、、。
ホアキンさんの演技は狂気的すぎて引き込まれた!でも悲しみが深い、、、。
Jonson

Jonsonの感想・評価

2.0
jokerという知名度だけが先走っていて実際映画を見たらなんだか良くわからなくて、がっかりしてしまいましたランキング第一位。

ただ主演してる方の迫力は魅了される所があったのかなって思った。

ただ階段の降り方は独特だったので今度時間がある際に真似してみます。