蜜蜂と遠雷の作品情報・感想・評価・動画配信

蜜蜂と遠雷2019年製作の映画)

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

『蜜蜂と遠雷』に投稿された感想・評価

maria

mariaの感想・評価

5.0
小説を読んでからにしようと思ったけど見ちゃった
やっぱり読んでからの方が良かったと思う

月の光のシーンが艶っぽくて好き
鈴鹿くん流石の演技で圧倒された
ピアノのコンクールを思い出した
照明が熱くて、まぶしくて客席の人は見えなくて、集中してたらいつのまにか最後の音が鳴る
あの感覚が懐かしかった
りょう

りょうの感想・評価

4.0
 原作のベストセラー小説は読んでいませんが、原作と対比すると映画の評判がよくない典型なのかもしれません。逆にピアノコンクールの物語を描いた小説が傑作になる構造を理解できません。絶対に映画にマッチするテーマのはずですが…。いつか原作を読んでみたいです。
 最初に観たときは、俳優陣がどれだけピアノ演奏をリアルに演じているかということばかり気になってしまい、物語や映像に集中できませんでした。さすがにこんな一流の演奏をすべて自分でこなせる俳優さんはいないので、プロのピアニストの映像をうまく編集しています。それはそれで映画の技術として正攻法だし、何より指先や手元でなくとも演奏している姿や表情をしっかり演じられなければ、この映像は完成しないはずです。
 4人の日本人ピアニスト(マサルはアメリカ国籍?)のキャラクターがしっかりと描写されているので、ほぼクラシック音楽の素人でも、それぞれの演奏の個性が理解できます。物語の舞台はピアノコンクールでしたが、結局は審査員や観客に評価してもらう以前に、それぞれニュアンスは区々でしょうが、自身の演奏を自分で評価(自己実現)することに葛藤したり歓喜したりという姿が印象的です。
 4人以外のキャストが蛇足ぎみで、とりわけ会場のクローク係の片桐はいりさんの役柄の意図が理解できませんでした。ただ、コンダクターの小野寺昌幸と対峙するリハーサルの緊張感は、オーケストラのメンバーの雰囲気も含めていい描写でした。
 独特の色彩の映像がとても映画的でよかったです。こんな作品で編集も脚本も担当している石川慶監督ですが、エンドロールのポジションがさりげなくて好印象です。ヤマハの街で育った自分としては(中学生までピアノ弾いてました)、映画でもコンサートでも、ピアノに刻まれたYAMAHAのロゴを目にすると嬉しくなります。
ただピアノを弾いてる姿見てるだけなのに泣けてくる。きっと主人公たちを取り囲むあの審査員とか、ホフマン先生とかにも色んな深いエピソードがあるんだろうなと思うけど、映画的にエピソードをあの4人に絞った感じ。特に天才ふたりが音楽の会話だけで繋がってるのがすごく良かった。
とむ

とむの感想・評価

-
松岡茉優ちゃんのサラサラの黒髪うつくし…

ピアノを久々にじっくり聴いた感じ
ぼーっと観るのにはちょうど良かった

小説ではどんな表現がなされているんだろう
気になった
mouk

moukの感想・評価

3.0
登場人物に感情移入しづらく、抱える夢、悩みがいまいち理解できない。蜜蜂の羽音や雷の轟きなど一過性の音であっても音楽となれば永遠と交わることになる。そんな音を奏でられる人の演奏が他者の心を打つのだろう。
TOKO

TOKOの感想・評価

3.8
美しく繊細で品の良い作品だと思う。ピアノを聴くのが好きなので、コンクール本選最終の演奏シーンは聞きごたえがあった。原作もぜひ読もう。
俳優陣が小説の人みたいだった。(原作に忠実という意ではなく)
特に松岡茉優さんの演技が素晴らしくて、髪の揺れ(首や肩の揺れ)で鍵盤に指を走らせる力加減が分かった。実際には演奏していないのだろうけれど。指にどんな想いの音を込めている様が想像できた。かっこよくてかっこよくて俳優さんて素晴らしいな心臓と鎖骨のあいだがジーンと痺れた。


その他の俳優陣も演奏はしていないと分かっているのに、ピアノから溢れる音と戯れたり、ピアノと激しく闘ったり、共に涙を流して泣いたり、共に雨に打たれたり、風が頬を触る様な心地よさ、彼らはピアノを通して世界を見ているしその世界を音として我々観客にも覗かせてくれた。
彼らはピアノそのものでもあったし、ピアノに彼らが乗り移ったようでもあった。

世界は無限に音で溢れていると天才の彼らは笑顔で言う。
鍵盤には限りがあるにも関わらず、彼らの音色は同じ曲を奏でようとも無限の色を感じた。

同じ映画や音楽を違う心持ちで味わうと別物に感じるように、彼らの音楽もピアノ奏者のその曲に対する心象世界の変化と共に変わっていくんだなあと知らない世界が輝いて見えた。


天才たちを目の当たりにして生活者の音楽との違いを素人の私すら感じてしまった。

生活者の音楽というのは、見たことがあるの世界を美しく見せてくれる。
天才たちの音楽は別世界に連れて行ってくれるとでもいうのか、同じ楽譜なのに、その向こうへ連れて行ってくれる。

天才たちの音楽は楽しい。ライバルとして悔しさではなくワクワクが勝ってしまうほど、みんなピアノが好きで、そんな彼らがまた良かったな。

ピアノの天才とは皆努力の秀才なのだけど、
天才とは何に対して感じているんだろうかと考えている。
無垢の天才
感覚の天才
発見の天才
没頭の天才
楽しむ天才

今を生きる天才なんだろうか。
すごくすごく好きな映画と出会えて胸がいっぱい。
私もピアノが弾けたらいいのにと強く思った。
HAYATO

HAYATOの感想・評価

3.7
2022年467本目
静けさとピアノの音色のコントラストが心地よい
ピアノ弾ける人ほんと尊敬するわ
ラストシーンは圧巻!
鈴鹿君がギフトであることの意味とか突然4人で浜辺に行く理由とかわかりづらいところがあったけど小説読んでないからかな

でも順番逆だったらそれはそれで違うこと思いそう、とりあえず小説読も
法月

法月の感想・評価

3.6
クラシックの世界は縁遠いのですが、真剣に頑張ってる人の姿見るのは好きなので。

心地良い作品でした。

関係ないんですが、ワールドカップサッカーで日本負けちゃって心折れてしまいました( T_T)
毎日レビューも忘れるところでした。

今日はこんなところで‥‥
 
毎日レビュー 085
>|

あなたにおすすめの記事