ジュリエット・ゲームの作品情報・感想・評価

『ジュリエット・ゲーム』に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

1.8
ぶっ飛んでるし、黒板に吹き出しと台詞書いてるコマとか謎だけど良い
清志郎だらけ!
庵野が影響を受けてると聞いてからみると確かにエヴァっぽいところがある
大した内容じゃないんだけどなんとなく目を離せないパワーがある
2回目みたらグッときた
今の時代どこで見れるのかはわからないが、地元のレンタルビデオ店が潰れる時に適当にもらった中にこの映画のVHSがあった

主人公の男は、はっきり言って狂ってるしストーカーまがいなことを一目惚れした女性にしてそれを美化した映画なのも理解している

そこに今のただイケメンが美人に恋したなんだの毒にも薬にもならないありふれた恋愛映画とは明らかに一線を画す魅力がある
第三舞台の鴻上尚史監督作品。
フジテレビが激推ししていたが残念な作品。
ヒロインに一目惚れした主人公が、狂気すら感じさせる程にひたすら思い入れる、というか追いかけ回す恋愛映画。

主演の村上弘明がかつて演じた「仮面ライダー(スカイライダー)」の変身ポーズをやらせるなど、異業種監督ならではの遊び心を表現したがっていて森田芳光っぽいことを狙ったつもりが空回りしているように映った。

RCサクセションやザ・ブルーハーツのことは好きだけど、あまりにストレートに作中に楽曲を流しまくっていて辟易。

海外に向かうヒロインが乗る船を追って、主人公が絵空事のような大ジャンプをするシーンは素晴らしかった。
結果として鴻上尚史には一ミリも映画的な才能がなかったとはいえ、異業種監督が己の経験を活かした手法(鴻上なら演劇)で映画と向き合うのはバブル時代のあだ花感もあって、いま冷静に見るとそれなりに勉強にはなる。
「え?」「え?」みたいな演劇特有の台詞回しは映画だとただ鬱陶しいだけ。わざわざ反応に台詞なんていらない、映像で語れるってことがまず分かっていない。各々がただ一方的に思いや考えを相手の感情お構いなしに吐き出しているだけの会話。目の前の相手に喋っているのに舞台上から客に伝えているような回りくどい台詞もウンザリ。「一緒に遠くへ行きたい」を「万里の長城で~」とかさ、うるせえわ。
演劇は舞台上でどんな設定でも自由がきくし、見えていない世界さえも客の想像力で補うのを信じて創造しているが、映画はそうはいかない。演劇が「ここは宇宙ですよ」と言えばそこは宇宙だが、映画は場面が変われば理由を求めるし、その繋がりをどうにかするためにどの作家も苦労している。突飛な展開を易々と受け入れるほど「映画」は甘くない。
子供たちの演劇は成功したのか?死んだ演劇の仲間については?どこにでも現れる国生さゆりは何者?骨組みのまま放り出された筋にもやもやしながら見ていると、村上弘明が無駄に身体を張った終盤の出鱈目な展開なっていて、車やボートや自転車やらの様々な乗り物を使い彼女に会いに行くのはリチャード・T・ヘフロンの『フーリング』という傑作があるけど鴻上は絶対に見ていないだろうなあとか思った。唐突に現れる最高の大地康雄のくだりだけ面白かったので+0.5。
ハロー

ハローの感想・評価

3.8
たぶん31年ぶりに鑑賞。大学受験で東京に行った時に観たはず。鴻上さんらしい鴻上さんにしか出来ない作品。まるで第三舞台を映画化したみたいな感覚。舞台化もアリだと思いました。

😄第三舞台の役者もたくさんチョイ役で出ているよ。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.6
スカパーにて。鴻上尚史の初監督作なんだそうな。基本的に舞台演出の人だから映像畑ではないから実力不足は否めないかなぁ。蜷川幸雄の映画よりかはマシだけど。

村上弘明が小学校の教師役で、駅のホームで見かけた女性(国生)に一目惚れし追いかける話。

先ず80年代特有の「マジになったらカッコワルイ」というスカした文化よ。全編にわたり感情を剥き出す行為をダサいとし茶化すテイストの最たるものだ。

つまりこの映画は恋愛劇でありながら、感情を意図的に欠落させている本末転倒な物語なんだよね。

小学校での発表会にロミジュリを上演することになり、友人の芝居を見に行ったりする。
小学校も劇団も、おちゃらけたロミジュリを演じるんだよね。つまりシェークスピアのオリジナルのロミジュリの恋愛に命をかける行為をダサいと言ってる訳やね。

そんな時代の空気感の中、男はストーカー的に女を追いかけ、女は疑問の余地も無く男になびく。
感情を否定した恋愛劇なんだもん。心理描写もヘッタクレも無ぇ。国生さゆり演じる女が、何が良くてあの男と結ばれるに至ったか、誰も説明できまい。
心理描写が甘いんじゃ無く、そもそも描写すらして無い。
あとは清志郎をBGMにして雰囲気だけ作ってる感じ。

村上弘明が演じるので、やたらとライダーぽいネタが多い。また教頭の村野武則には飛び出せ青春ネタを連発させている。

女を追いかけ町中を走り回りスケボーに乗ったりタクシーの屋根に張りついたり。
新大橋から隅田川に飛び降りて遊覧船を追うのはまあ良かったかな。

色々時代を感じる。当時のナウさ全開。
村上弘明が歩いたり座ったりする映像に、清志郎の曲が延々流れてるだけなのでやめる。
つよ

つよの感想・評価

2.0
元劇団員で小学校教師がクラスの劇で『ロミオとジュリエット』をやろうとする。
昔の仲間の劇団を訪ねたり、駅で見かけた美女の靴を拾ったり。
台詞っぽい台詞は苦手というかよく分からない。大ジャンプは笑った。
忌野清志郎とかの音楽が良い。
昔の中央線や駅の感じては懐かしい。
>|

あなたにおすすめの記事