ある町の高い煙突の作品情報・感想・評価

「ある町の高い煙突」に投稿された感想・評価

仕事の関係で鑑賞。

当時観たのが11月末の寒い日で、小学校の体育館に集められて観ました。が、何故か上映開始と共に暖房が切られると体育館が極寒となり、寒さに耐えるのに必死で全く映画に集中できんかった…。

しかも極寒のせいか、単につまんなかったのかはわからないけど、上映後の主演俳優と監督の舞台挨拶では堂々と退場する爺婆続出!残ったの3,4割しかいなかったんじゃないかな?THE 失礼。

そんな私も、松村監督に「もう『オールナイトロング』撮らないんですか?」て聞きたかった…(←失礼)1作目の内容とビデオの裏ジャケの文句(Filmarksの作品画像でうっすら見れる!)が衝撃的過ぎて、俺にとってあなたはバイオレンスの人なんですよ。

作品は、監督の別側面であるドキュメンタリー作家色が強く、教材やNHKドラマのような印象を受けました。
でも、大煙突建設のシーンだけは急にパニック・ムービーばりの演出になって草。明らかに棟梁の見込みの甘さが原因なのにお前らが悪いみたいな態度でさらに草。

会社員としては、主人公がお金持ちで、リーダーシップと決断力があって、頭が良くて、英語も話せて、女性には一途って、無敵過ぎてぐうの音も出ませんでした。
歴史の教科書に載ってること勉強したような作品だった
煙突建てるのにあんなに苦労したんだなぁ〜、と
自分の住んでいる史実を知れるのは貴重
ちょい恋愛も入っていてキュンとした

このレビューはネタバレを含みます

何かを始める事の難しさと、人の信頼が大切なことを教えてくれました。
吉川さんが、良い味だしてて、カッコ良かったです。
んぎり

んぎりの感想・評価

3.0
記録用。

脇役が懐かしくて、コメディ。
平林さんの茨城弁が郷愁。
YukiMimura

YukiMimuraの感想・評価

3.2
閉館する有楽町スバル座での上映チケットをもらったので鑑賞!

公害問題の映画。
実話に基づいているらしいけど、だいぶ企業宣伝色寄が強いんじゃないかな・・・と思うほど、企業の真摯さ(紳士さ)が際立って描かれてる。

上映時間が長く、中身も教科書っぽくて我に返ってしまう時がしばしば・・・。

でも当時の公害問題にフォーカスした映画は知らないし、たまにはこういうのも勉強になっていいかな!
HAL9000

HAL9000の感想・評価

3.0
なんだか教科書見てるみたいだった。
もしくは学校で体育館に集まって見させられてる的な。
もう少し面白さを演出しても良かった気がする。
煙突立てるの分かってるからハラハラしないし。
あと、上映時間ももっと短くしてもいいかも。

特別ダメでも無いし、
特別良くもなかった。
waca

wacaの感想・評価

3.3
【日本の高度成長期を支えたあの高い煙突の誕生秘話】
大正初期に日立鉱山(茨城県)による煙害で、隣村の田畑や健康被害をなんとか食い止めるべき立ち上がった村民と大企業のお話し。
>
銀山、銅山と日本の重要な国策として推進される製鉄鋼の一方で、煙害に苦しむ人たちを知りながら「補償はするが煙害はガマンしてくれ」という一点張りの企業に対し、少しでも煙害の苦しみを軽減または解消するために日立鉱山や周辺の村々を巻き込みながら画策する入四間に生まれた関根三郎さんの生き様に惚れちゃいますw
>
余談ですが、吉川晃司さんのこの手の役はすべて帝国重工の財前さんに見えるのは私だけでしょうか・・・というか吉川さん、寄せてますよね、ぜったい 笑
村悟

村悟の感想・評価

2.2
《視聴回数》
▶︎▶︎1回

■総合評価■
22/50

【好み点】4/15
◇好み1◇------◆4/10
◇好み2◇------◆0/5

【評価点】18/35
◇企画◇------◆2/5
◇テ-マ◇----◆4/5
◇構成◇------◆2/5
◇脚本◇------◆3/5
◇演技◇------◆5/5
◇音楽◇------◆2/5
◇技術◇------◆1/5
やや

ややの感想・評価

3.0
日立に実際に行って、煙突も桜も知っている人間からすると、最後ちょっとぐっとくるものがある…。

あと、渡辺大がかっこいい!!
rokoroko

rokorokoの感想・評価

3.3
短くなっていたが、小さい頃に見たことのある煙突 どんな理由でどうやって出来たか知らなかった。
>|

あなたにおすすめの記事