トム・アット・ザ・ファームの作品情報・感想・評価・動画配信

トム・アット・ザ・ファーム2013年製作の映画)

Tom à la ferme/Tom at the Farm

上映日:2014年10月25日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

「トム・アット・ザ・ファーム」に投稿された感想・評価

あをば

あをばの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

何か、大きな事件が起こる予感がずーっとしたまま終わる。

終始心がザワつかされる描写ばかりでエンドロールが終わるまで緊張し、一息もつけない作品。

雰囲気は私の中で1.2を争うくらい好き。
コーン畑が出てくる映画大体好き説。

主演で監督のドランの妖しい色気がすごい。

 
「本当のこと」と書かれたネオンライトがあるバーでトムが真実を聞かされてり、フランシスの「USA」のジャケット、ラストの曲の歌詞など、ストーリー自体は直接的に描かれないことがあるものの、そういった演出は意外とド直球なものが多く、それ以外のどういう意図かわからない描写も考察してみるのも面白い。ドラン監督は同性愛について描くことが多いが、セクシャリティをオープンていない当事者にとっては嘘をつくこと、芝居をすることは半ば強制的に日常でしなければいけない行為で、その苦悩をそのままサスペンススリラーとして落とし込んでいるようにも見えた。
ほぼ監禁に近い感じだが、仕事は問題なかったのだろうか…

亡くなった恋人の家族はとんでもねぇ人たちだった…
とうふ

とうふの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ怖かった

フランシスが街で腫れ物扱いにされるようになった事件のきっかけはトムとギヨームの関係が理由でってこと…?

罪悪感と暴力、閉鎖的な田舎

どんな理由でも暴力は良くない
魍魎

魍魎の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットにデカデカとUSAって書いてあるなと思ったらあのエンディングで直接的すぎて笑った。
初めてのグザヴィエ・ドラン
静かで生ぬるい緊張感が常に漂っている。
画面作りが素晴らしく、趣味で絵を描く自分としてはとても勉強になった。
まつき

まつきの感想・評価

2.7
グザヴィエ・ドラン美しすぎませんか……お洒落なお顔………
内容はクリマイの序盤みたいだった、起承でおわっちゃってざんねん
よしを

よしをの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

友達として恋人の話をして、恋人として弟の悪い噂を聞くって最悪のシチュエーションだなって思った。
たぶんお母さんも分かってるんだろうな。
分かった上でトムに色々質問をしててそれもすごい複雑な気持ちになったし、お兄ちゃんも意外と悪い人じゃないんかなーとか思ったけどどうなのかなー。
やはり兄にも面影を感じてしまったりするのかなって思ったけど最後までいい作品だったな。
たかが世界の終わりに似てると思ったら同じ監督だったのか。
ひっさしぶりの鑑賞。
不安を煽る音楽と、美しいドランがいつもと違うファッションなのが印象的。
急に怒鳴る彼の母親、暴力的な彼の兄とか。とにかくこわい。
結局いちばん囚われてるのかお兄ちゃんね。
長谷川

長谷川の感想・評価

2.0
お恥ずかしながら初のドラン映画視聴。周りにフリークとも呼べる様なファンが多くオススメされていたので観てみました。

結論から言うと「これだけでは判断出来ないが、自分には合わない」

天才や類を見ない奇才と称されるドランであるが、正直自分の目にはそうは映らなかった。
絵作りや構図などは聞いてた通り美しいものがあってアスペクト比をコロコロと変える作風などは大いに惹かれるのだが、そこに意味を孕ませているのか自分には判断しきれず、誤解を恐れずに言うと視覚的効果だけを狙った「芸術っぽく見せるハリボテ」という様な印象止まりだった。
これはあくまで主観であって自分自身、聡明でも才ある芸術家でもないので自分には分からない世界があるのかもしれない。
数多くの人が評価している「ドラン」という世界を理解できない悔しさもあるので、残り何作かを見て、改めてドランという人間の作る世界の色を掬ってみようと思う。
>|

あなたにおすすめの記事