トム・アット・ザ・ファームの作品情報・感想・評価

トム・アット・ザ・ファーム2013年製作の映画)

TOM A LA FERME

上映日:2014年10月25日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。 僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェ…

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。 僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの同名戯曲の映画化で、ケベックの雄大な田園地帯を舞台に一瞬たりとも目を離すことのできないテンションで描き切る、息の詰まるような愛のサイコ・サスペンス。

「トム・アット・ザ・ファーム」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

4.5
ドランの新作が観たすぎるけど、愛媛ではまだ上映してないし、もしかしたら上映自体されないかもしれない。

という事でドラン監督作品で唯一まだ観てなかった今作に手が伸びました。

こんな凄いのをなんで早く観なかったんだろ。

ドラン、やっぱり天才だぁ。

田舎の閉塞感、大切な人を無くした喪失感、性的マイノリティーの問題、自己肯定感の低さ、共依存、のしかかる母親の存在等々、細かな描写がどれもこれも秀逸で痺れました。

映像にしても会話にしても音楽にしてもほんとに絶妙なさじ加減のバランス。

そしてあのダンスや首絞められる時のドランの色気たるや、美しすぎです。

あんな行動は狂ってるけど、こうでなければならないという固定観念やしがらみから逃れる事ができず、感情をコントロールできなくて爆発させ暴力的になってしまう不器用なフランシスもすごく可哀想に感じました。

心の溝を埋めようと必死にもがく彼らの姿が苦しく切なくてめちゃくちゃ抉られました。
nanao

nanaoの感想・評価

3.9
出て来る人みんな薄暗くて嘘つき。首絞めるシーンがあんなにエロいとは。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.6
終始心のなかでなにかザワザワするような映画だった。
死んだ男が一度もはっきり出てこないのもその一つだったかもしれない。
最後のエンドロールの映像もよかった。
みゆき

みゆきの感想・評価

3.8
難しい映画で、理解するには時間がかかりそう。
狂ってて緊張した
sugi

sugiの感想・評価

3.2
緊迫感生み出すのはうまいね。しかもとくに誰も殺さずに。こういう間合いと駆け引きは勉強になる
ドラン監督の初期作品。こんな表現できるなんて。言葉にならんす。
人間関係って難しいと改めて。
トムと兄との関係のようにここまで行かなくてももしかしたら日常にこういう関係や瞬間に出会ってしまうことは多いにあり得る。気付かずに過ごしてるかもしれない。他人事じゃない。

人の感想を読んで成る程と初めてこの映画を少し理解したつもりでいるが、
見る価値ある作品だと思えた。
umematsu

umematsuの感想・評価

4.2
狂気と官能の共依存。
フランシス(兄)の有無を言わさぬ暴力も歪んだ自己肯定感も何もかもが怖すぎる。何故あんなクレイジーマッチョ野郎の言いなりになっちゃうの?って感じだけど、惚れてたんかーいってなってからの、抑圧されたエロスが凄い。ナチュラルにタンゴ踊り出すとこはドキドキしつつ笑ってしまった。首を絞められるとこの性的興奮もなかなか。虐め抜かれるドランがそれはそれはセクシーでお腹一杯。殴られる度乱れた金髪が顔にかかる感じ大正解。自分の魅せ方わかってる。

霧のように纏わりつく不穏な閉塞感、支配と執着、農場に続く長い長い一本道。ミニマムな演出が良かったから、ラストのUSA革ジャンはちょっと説明過多。君の居ない世界でできることは、君の代わりを探すこと。代替品は取扱注意。
あ

あの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう暗〜〜い雰囲気の映画だいすき

お兄ちゃんののっぺらぼうフェイスからもうすでに始まってたんかなと思っちゃって「グザヴィエ・ドランすごーー」となった

ドキュメンタリーもはやく観に行かんとー。
パリで暮らすトムは、恋人ギョームの葬儀に参列するため彼の実家の農場を訪れた。しかし、ギョームが母親にトムのことを恋人として紹介していないどころか、女性の恋人がいると偽っていたことを知ったトムはショックを受ける。事情を知っている兄のフランシスは母親に真実を話さないようトムを脅し、トムは農場でフランシスに虐げられる生活を余儀なくされる。2013年、加。

これ、初めて観たの。「マミー」は好きだったけどそこまで感銘するに至らず、「胸騒ぎの恋人」はなかなか面白かったけど好きなタイプではなく。
確かに、若手監督らしい内に秘めたエネルギーみたいなものをフィルムを通してものすごく感じるし、映画を撮るに王道の手法と新境地の開拓を試みてるようなところはすごく好感がもてる!
でも、果たしてみんながみんなして「グザヴィエ・ドランはすごい」と持て囃すほどかと言われると、そうでもないかなと思ってた。名だたる映画監督のように、技術的な部分の審査員してるわけじゃないしね。

でもこれはものすごく好きだった!
これは!これはもう!
オープニングの殴り書きとモノローグ、田舎町の仄暗くよそよそしい空気感、フランシスの狂気、ダンスシーンの音と映像のコンビネーション、ラストに落とし込んでくる圧倒的な余韻。

かっちり嵌めこまれたような冒頭のシーンから、映画の中の異空間にトラベルしたような気分になる。逃げ出す覚悟を負った瞬間の、トムの動きとカットもため息つきたくなるくらいよかった。
ていうか、どのカットも見逃せないくらいどれもこれも素晴らしかった。それでいて展開や構成もぐいぐい惹き込まれるし、映画の効果がふんだんに使われているところは、映画好きな人には見ていてとても楽しい。

暴力的に支配するフランシスに反発しているのに、彼のいちいちに、ギョームの面影を見てしまうトム。愛しているのに愛してくれない母親への歪な愛情を抱き続けるフランシス。
彼らの関係はDVで支配する側とされる側がハッキリと別れた恋人みたいで、そこに恋愛感情はないはずなのに、服従で縛られたなんとも複雑な関係性が映しだされていて見事。
それだけでない、町の人々から冷ややかな視線に耐え続ける母親や同じような支配に溺れるサラ。じょうずじゃなくてどこか欠けた寂しいキャラクターたちの人物描写が丁寧に作りこまれているなぁと感じたんだけど。

ぽつんと侘びしい灰色の田舎町。そこで繰り広げられる歪んだ人間関係のやりとり。
暴力とスリル、不器用な人間性の詰まった映画でした。

観る前までは、私の好みとしてはちょっと抵抗があるというか、思い切らないと手を出さないタイプの映画だったんだけど、観てよかった。こんな好きな映画だと思わなかった。

グザヴィエ・ドランも恐ろしく美しいしね。何この人…
いやー私の感想つらつら書いているだけではこの映画の魅力はちっとも伝わらないと思う。
DVD買お😳
>|