トム・アット・ザ・ファームの作品情報・感想・評価

トム・アット・ザ・ファーム2013年製作の映画)

TOM A LA FERME

上映日:2014年10月25日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。 僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェ…

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。 僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの同名戯曲の映画化で、ケベックの雄大な田園地帯を舞台に一瞬たりとも目を離すことのできないテンションで描き切る、息の詰まるような愛のサイコ・サスペンス。

「トム・アット・ザ・ファーム」に投稿された感想・評価

本物の天才ドランにまた脱帽させられた。主人公役、脚本、編集、衣装、英語字幕、全て彼がしている。

しかもこの脚本はひと月足らずで書き上げ、17日間でフィルム撮影で撮り終えたと。

憎悪描写・暗喩的表現・屈折した感情・閉塞的で受け入れられない街・歪んだ服従・ドランの視線・ベッドの配置変化・構図・台詞・挿入歌・冒頭のシーン

丁寧に感情に訴えかけるような映画ではなく、ドラン自身の感情に巻き込まれてしまうような、深刻なテーマを軽快に進めていく映画だった。

ドランが喜劇のストーリーを描いたらどんな作品になるんだろう、とか思うけれど。彼自身の凄まじい人生が全てのエネルギーかと思うと色んな意味で末恐ろしい。
M

Mの感想・評価

3.8
映画の中で「全てが生々しくて本物」
といったような台詞があったけど、細かい気持ちの揺れ等の描写が本当にリアル。終わり方がすごく好みだった。

ブロンドのドランかっこよぎる。ファッションも良かった。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
ドランは好きだがこの作品は本当につまらない。レビューを読んだことで評価すべき点は分かったが、わたしはロランスやマザー、マミーにあったようなアート映画的な側面は影をひそめ(サスペンス映画だから当たり前とも言えるが)、ドランの良さが失われてしまったように思えた。また、ドランの常套手段でもある、あの近すぎるカメラの醸し出す抒情性によって、サスペンス的な怖さも失われているようにも見え、個人的には本当につまらない映画を見てしまったな、DV彼氏かよという感じだったが、深読みするのが好きなタイプの人には面白い映画なのかもしれない。マッチョな兄とタンゴを踊るシーンや、首を絞められる場面はエロくて良かった
田舎 狂った人 主人公の変化の仕方これ完全に変態村...って思いながらみてたら終わった

フェチはいろいろ抑えてるエッチな映画だったけど痛い
考察読んでからまたみよ
meru

meruの感想・評価

3.5
何故あの時バスに乗らなかった
トムと兄がダンスするシーンのドランめちゃかっこよかった(ずっとカッコいいが特にそこが)
怖い。とにかく主人公、なぜバスに乗らぬ…………なぜヒッチハイクしないんやあああああああ!!!!!あと男女お二人さん性欲に流されすぎ。全体的な不穏な居心地の悪さとあり得なさそうなのにリアルな感情みたいな、趣味の悪い雰囲気は楽しめました。主人公のヘアスタイルがウェット感立体感束感総じてとにかくよかった。うらやましい。
どぅい

どぅいの感想・評価

4.1
兄弟、家族、友人。いろんな人間間の愛の形。ギヨームの面影をフランシスに投影してたってことであってるのかな…
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.6
不思議な世界観にひきこまれていく。

じわじわ怖くて鬱々。

初めとエンドロールに流れる音楽の詩が何ともいたたまれなくなる。

初グザヴィエ・ドラン出演作。良かったです。
suzu

suzuの感想・評価

3.6
すごい怖いすごい
きっと満点の映画なんだけど、私の理解が追いつかなくて3.6点分しか読み取れない
SAZ

SAZの感想・評価

4.2
見る人によってテーマが全然異なる映画。ドラン史上最も私好み。孤独と暴力の話。カットはそれぞれドラン節がすごい。ありきたりなゲイの話ではない。伏線が全部理解できてるか怪しい。都市と農場、依存と暴力、コーン畑と森、女と男、など対立概念が多く、象徴的にも読み取れる。雰囲気が好き。ただ、最後に口が裂けた男が出て来た理由がよくわからん。
>|