トム・アット・ザ・ファームの作品情報・感想・評価

トム・アット・ザ・ファーム2013年製作の映画)

TOM A LA FERME

上映日:2014年10月25日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。 僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェ…

息の詰まるような愛のサイコサスペンス。 僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの同名戯曲の映画化で、ケベックの雄大な田園地帯を舞台に一瞬たりとも目を離すことのできないテンションで描き切る、息の詰まるような愛のサイコ・サスペンス。

「トム・アット・ザ・ファーム」に投稿された感想・評価

よー

よーの感想・評価

2.5
2014年11月5日, 21時50分
「トムアットザファーム」を観てきた。
心理サスペンスと銘打ってるわりには、人の心理を描くことにそこまで力を注いでいる感じはしない。
カナダのド田舎を舞台にして描かれる、アメリカ批判、というかアメリカ観。
静寂やスリルや美しさを楽しむのには少し物足りない部分があるけど、無力感は存分に味わえると思う。
学校をずる休みした夜に観る分には、ほんとうに丁度いい映画だった。
映像でサイコな雰囲気をだしているとこがドランぽい。金髪イケメン
恋人の男性ギョームが亡くなり悲しみに暮れるトムは、葬儀に出席するためギョームの故郷を訪れる。
しかしギョームの母アガットはトムの存在を知らず、息子の恋人はサラという女性だと思っている。トムの存在を唯一知るギョームの兄フランシスは、トムに恋人であることを隠すよう強要。
当初は反発を覚えたトムだったが、次第にフランシスの中に亡きギョームの姿を重ねるようになり、、


ドラン初のサイコミステリー!
ほかの作品と比べ、登場人物の心情を読み取るのが難しく、何を示唆しているのかが分かりにくい反面、始終ハラハラする展開が続く。

フランシスは暴力でトムを支配し、トムは亡きギョームの面影をフランシスに重ねていた。
フランシスにとって母親はすごく大切で、でも母親は弟ギョームばかり可愛がっていた。トムには暴力で支配していたが、ギョームの恋人(仮)サラには、その手が効かない。複雑な人間関係というか食物連鎖の中で、つねに弟ギョームが優位に立っている状態。フランシスとトムの関係性がみるみるうちに変化していくところも見所で、トムはマインドコントロールされているのではないかと疑ったが、のちのドランのインタビューでストックホルム症候群だと言っている。

そして、フランシスの暴力に対して時より見せる弱さだったり秘密がとても対象的で官能的だ。
フランシスとトムの寝室のベッドの距離だったり、最初は鬱陶しい存在だったフランシスのことを、葬儀後は家族のように思いやり親しげに思っていた。
最初はフランシスにギョームを重ねていたと思っていたが、だんだんフランシスに好意を抱いていた?そして二人は寝た?

いろんな憶測があって、また何回でも見直したいです。この作品むずかしい。
さる

さるの感想・評価

3.3
ええ〜登場人物の心情を読み取るのが難しい…
何を示唆しているのか分からないシーンがいくつかあった。
だけどグザヴィエドラン映画の雰囲気と音楽は好き。
上映時に劇場で観たのですが、画面の中に設計図が書かれている様な映画でした。

映画というより建築物を見ている様な。
iori

ioriの感想・評価

4.3
トム・アット・ザ・ファーム
監督 グザヴィエ・ドラン

彼の作品は綺麗な映し方をする。
画質が綺麗とかっていう綺麗ではなく、透明感がある。

言葉一つでその時代の背景とかが出るから、思わず頷く。
misato

misatoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

それぞれがどこまでお互いの本当のことを知っているのか最後まではっきりわかることはない。だからこそサスペンスであり面白いところだ。
フランシスは弟をどう思っていたのか、弟やトムと同じような愛を持っていたとするなら、弟の姿をトムに投影していたように思うし、逆にトムはフランシスに対してそういう思いを寄せていたと思う。
あり

ありの感想・評価

3.6
始終ドランが美しい
なんやねんって感じだったのでもう一度見ます
ぱ

ぱの感想・評価

3.1
タンゴのシーンがエロいです
ドランの映画常に誰かが誰かにイライラしてて見るのにすごく疲れる
mayu

mayuの感想・評価

3.5
不安で息苦しい感じの100分だった。一回では難しくて内容の解釈についてはなんとも。。
でもドランが一貫して描いている同性愛が根底にありながら、サイコサスペンスという他とは違ったテーマが新鮮で良かった。秋冬の枯れた色の農場や殺風景な家が舞台で、他の作品にあったようなお洒落な演出やカラフルさがなくても勝負できることが伝わる映像だった。
シャワーのシーンは「サイコ」の有名なシーンを思い出して怖かった。。(笑)

他の作品に比べて、見ていて主人公目線になっていた時間が長かった気がする。それは映像がそうだったからだと思う。雄大な自然の中の閉塞的な空間の中で一緒に息苦しくなった(笑)

ドラン監督の映画では「Mommy」で画角の違いを利用した演出があったけど、この作品ではトムが精神的に追い詰められる場面でアスペクト比が変わっていて、このときすでにこういう発想で作っていたのかと感激した。


勢いや演出で誤魔化しが効かない分、俳優としてのドランの実力が個人的にはこの作品でいちばん発揮されている気がした。
>|