さよなら、ぼくのモンスターの作品情報・感想・評価

さよなら、ぼくのモンスター2015年製作の映画)

Closet Monster

上映日:2017年07月16日

製作国:

上映時間:90分

3.6

あらすじ

メイクアップーティストを目指す高校生のオスカーは、怒りっぽいが愛情深い父と暮らしながら、女優志望の友人ジェマとともに作品作りに没頭する日々を送っている。ジェマとはなんでも話せるけれど、恋人ではない、微妙な関係。 ある日、バイト先にワイルダーという青年が入ってくる。つかみどころがなく、どこかミステリアスで自由気ままに季節を謳歌するワイルダーを目にするたび、オスカーの中に生まれる鈍い痛み。それは彼…

メイクアップーティストを目指す高校生のオスカーは、怒りっぽいが愛情深い父と暮らしながら、女優志望の友人ジェマとともに作品作りに没頭する日々を送っている。ジェマとはなんでも話せるけれど、恋人ではない、微妙な関係。 ある日、バイト先にワイルダーという青年が入ってくる。つかみどころがなく、どこかミステリアスで自由気ままに季節を謳歌するワイルダーを目にするたび、オスカーの中に生まれる鈍い痛み。それは彼が誰にも言えず、そして認めないようにしてきたある"気持ち"だった―。

「さよなら、ぼくのモンスター」に投稿された感想・評価

Bee

Beeの感想・評価

2.6
世界観がおしゃれで好きです。

主人公のその後の先がもっと見たかった。
かなり美少年。
男にモテそうな雰囲気。

相手の彼も色気あってカッコよかった!
eto

etoの感想・評価

3.8
日本版ポスターや予告が的を得てない感じです…単純にLGBT作品だと思ったら 原題"Closet Monster"が表すように主人公はまるでクローゼット(感情)に閉じ込められるように、過去のトラウマに悩まされながらも自分を取り戻していくストーリーだった。希望のある終わり方で良かった
ryo

ryoの感想・評価

3.8
幼少期のトラウマ、両親の離婚、父親の不器用な愛情、同性への気持ち。音楽と映像も良かったし青春映画としても良かった。ハートストーンも良い映画で好きだったけど、こっちの方が主人公の色んな葛藤があって辛いし暗い。殴りかかるシーンで走馬灯のようにフラッシュバックするシーン好きでした。
ひら

ひらの感想・評価

3.9
オスカーを取り巻くいい人であり悪い人でもある人たち。

鉄骨やネジなどで、オスカーにとってのトラウマやストレスだったものを比喩。

状況を良くするには自分が強くなるしかない。

汚れてしまったと思うオスカーのキスシーン。
S

Sの感想・評価

4.0

映像美、サントラ良し
やはりゲイの作り出すものは安定の良さ

ドランと似ているなんて言われているけどまた違う良さがある

始まって早々
父が子に夢を見たいとねだり、ストーリーをたてて風船を膨らまし頭につけて空気を抜くシーン

個人的にはすごく好き

あとハムスターと彼の2人だけのおしゃべりが愛しくなる

また何度も観たい作品が増えた
yokopi

yokopiの感想・評価

3.5
暗いなぁ…。暗い少年のお話だからしょうがないんだけど、
終始どよよんとした空模様。

これでもか!ってくらい気の毒なオスカー。ママが家を出る時、ハグしようともしなかったの、かわいそうだった〜
クイアな自分や父親との葛藤に終始苦しんでて、痛くてみてられなくなっちゃった…
全部観たけど。

自分の中から取り出した鉄パイプとハム太郎との別れで、これまでの悲しみを昇華することができたのかなぁ?

観終わって、考えれば考えるほど細部まで丁寧に作られた作品のように思いました。決して楽しい映画じゃないけど、疲れるけど、一石を投じているかな、と。

どうか、幸せになっておくれ、オスカー!
heyhey

heyheyの感想・評価

4.5
ポストドランは頷ける。

幼い頃からゲイに対する罪悪感を抱いていて、成長する過程でゲイであることを認めたくなかった。

思春期ということもあり性についての敏感な感情の変化を上手く捉えていて、なおかつゲイの美しさを描いていた。

監督がゲイを公表しているからこその映し方なのかもしれない。
最高のラストチャプター

悪意だけで描かれてるとおもったキャラクターを最後のチャプターで好きになれた。だから最後のチャプター最高に好きだ。
誰かを嫌いになっても救われないけど、誰かを好きになれると救われる。
たぶん彼はあのハムスターに人生救われたと思うんだ。ありがとうね。
本当に大好きだよ。
でもハムスターのこと思い出すとやっぱり憎しみも同時上映されるけど、やっぱり最後には許せるよ。
ありがとうね。
そんなことこれからもずっと思い出すよ。

彼に、いや彼女にあのハムスターに助演女優賞×4あげたい。

この映画観られてよかった。
ドランみたいだとか言われているようですが、わたしは違うなって思ったんですよ。

この映画が崎山蒼志くんで、
ドランはジャズピアニストのマッピーって感じがしたんです。
yc

ycの感想・評価

3.3
最初から最後まで辛かったし、淡々としてて。
ワイルダーの魅力最初はよく分かんなかったけど、後半めっちゃ良かったな…
LGBT作品のつもりで観たけどそうでもなかっです、いろんな問題が…そして成長のはなし。
ふぅた

ふぅたの感想・評価

3.6
カメラアングル、カット、サウンドトラックが個性的だけどやはりドラン監督と近いものを感じました。
演出はグロいけど独創的だからこそ目を細めながら見つつ、この監督の表現がもっと観たいと思えました。
>|