さよなら、ぼくのモンスターの作品情報・感想・評価・動画配信

「さよなら、ぼくのモンスター」に投稿された感想・評価

ぺあ

ぺあの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

思ったより重たい話だった。

はじめはなんでハムスターと会話できるっていうファンタジー要素入れてくるんだろうって思ったけど、主人公にとって気兼ねなく話せる心の友っていう大事な存在だったんだね。

最後は新たな人生のスタートをきる前向きな展開で良かった。
hayaka

hayakaの感想・評価

-
「ワイルダー、ツメに何かある」
「クソまみれの人生なら強くなるしかない」
「愛する人が父さんから離れる理由が分かる?」
a

aの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ずっと綺麗で見惚れてしまう
最近ハムスターの死を夢で見ることがあったからなんかドキッとした
主人公にはそう見えるんだと納得できた。監督の感性はすごい。主人公の心の現象と映像が重なり合って、すてきな作品となっている。
Larx0517

Larx0517の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原題”Closet Monster”は、
Closet Gay「隠れゲイ」と
リンクするのだろう。

“クローゼット・モンスター”
オスカーのトラウマの比喩。
幼い頃に見た暴行現場が原因。

個人的に、14世紀、イギリス国王エドワード2世を思い出させる。
彼はゲイであり、王妃イザベラのクーデターにより退位させられる。
肛門に焼け火箸を入れられる拷問を受け、死亡した。

今作の監督、脚本ステファン・ダンは、ゲイを公言している。
主演コナー・ジェサップも今作の後にカミングアウトしている。

そういった意味でも、今作はダン監督の自伝的で、かなり内省的な内容になっているのだろう。

それだけに現実と空想が入り混じった、独特な世界観を作り上げている。
たくさんのメタファー(比喩)が散りばめられている。

音楽も、その世界観を際立たせている。

なにより、自然にハムスターが話す。
声は女優イザベラ・ロッセリーニ。
トランスジェンダーを匂わせる。
「ジェンダーがこんがらがったみたい」
しかも、自分が5代目のハムスターだと、最後の最後にさらっと言う。
それを交換したのは、両親。
つまり父も手を貸していた。
それがオスカーには聞こえない。

「クローゼット」に、オスカーは父を蹴り入れる。

父親は2度「オカマ」という言葉を使う。
日本語字幕では、オカマとひとくくりに翻訳されている。
実際は別の単語が使われている。

31:00「母さんはオカマとデートか?」
最初は”queer “。
この単語は、以前は差別的なニュアンスがあった。
しかし現在(今作公開時)は、中立的な意味合いで使われる。
彼女の前というのもあるだろう。

52:39「オカマの集まりに行くな」
2度目は”faggy”。
これは明らかに差別用語。
オスカーのセクシャリティがわかった上で、侮蔑する言葉を使う。
これでオスカーは父をクローゼットに蹴り入れる。

これは何を意味するのか?

「愛する人が 父さんから離れる理由が分かる?」

それでもラストに思い出すのは、父親。

「愛してる お前は俺の誇りだ」

これがオスカーの「夢」。

父親とゲイの息子。
多分世界中のゲイの夢でもあるだろう。

その夢が現実になる日は来るのだろうか。
AK

AKの感想・評価

3.5
雰囲気が独特。見終わった今、心がずっしりしてる。その理由は何なのかがはっきりしないんだよね。

主人公とその周りの人達、どの組み合わせをとってもあんまりスッキリしない。
でも最後の主人公の表情から区切りをつけたのかなってことを感じ取れた。

青春物語でありながら家族の物語でもあると思う。
サクッと見れるのに、すごく心に残る映画だった。
ng

ngの感想・評価

4.4
題名(原題も邦題も)からイメージしてたのは重い話。
だけど観てみるとそうでもなくて、内容がくどくないからかな?割とあっさり消化できた。

主人公がハムちゃんを特別可愛がっているところが特に良いな。現実逃避感あるけど良いと思う。
あとバイト先の男友達かっこよすぎ、好物ですわ。
baby

babyの感想・評価

3.5
独特な雰囲気があって、
それと共に不器用な2人の姿を
サクッと見ていられる作品で
よかった。

ハムスターもよく喋るんだけど
え、喋ったとかはなく
それも大袈裟じゃなくて本当に
心の友達って感じですんなり
入り込めた。オスカーの自分で
ゆっくりと感じていく恋愛の対象
だったりとか、トラウマとの格闘
シーンだったり、ティーンの悩みも
割と詰まっているのにそんなに
詰まっている感がなかったです。

ただ、ひとつだけ。恋をしたなら
次の恋を少し感じさせて欲しかった、、
ティーンの映画は希望がすこーし
見える感じが好きなので、あまりにも
サクッと終わってしまったのが
少し悲しかったです、、
なのこ

なのこの感想・評価

3.8
さよなら、僕のハムスター🐹

幼少期のトラウマの表現が圧巻。
お腹から異物がでて、とても痛かっただろうけど、大人になれて良かった。
さよなら、モンスター。
《𝙲𝚕𝚘𝚜𝚎𝚝 𝚖♡𝚗𝚜𝚝𝚎𝚛》

ひー。音楽やばい。全曲好き。
そこに金髪美男子きた…
ニールス・シュネデール感﹙ナルシッソス感﹚やばい。ニールス以来の当たり美男子。
メニュー𝚃𝙾𝙿画面が『ムーン・ライト』感。
好きですね…これは。

2019.02.18レンタル𝙳𝚅𝙳*字幕
>|

あなたにおすすめの記事