旅愁の作品情報・感想・評価・動画配信

旅愁2019年製作の映画)

Travel Nostalgia

上映日:2020年10月24日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「旅愁」に投稿された感想・評価

さく

さくの感想・評価

4.0
3人それぞれが誰かを想ってるけど、それがうまいこと交わらないのがせつなかった。だけど、人として思い合ってるのがちょっとした言動でわかり繊細な映画だなぁ…と感じた。
主人公がどこでもあぶれてて、その空気が映画を覆っていて悪くなかった。
全員キャラも立ってるから、関係性を想像させて良い。

まあでも映画祭で受けたのはこの設定だけなんだろうな。
この設定がなければ何でも無い映画と思われただろう。
kerocchi

kerocchiの感想・評価

3.8
作品と現実の境目をできるだけ薄めようと努めてくれる映画は大好き
Nadia

Nadiaの感想・評価

3.5
かなり良い作品だった。去年観たんだけど、忘れられない。もう一度観たい。あの街に通勤していたので、空気感がたまらなく愛しいな。
監督が 撮る映画は、
私の好きな 繊細な日本映画でした

まさに、エンドロールの終わりまでが 1本の映画と言わんばかりの 素晴らしい〆だった..

この映画に巡り合わせてくれた、映画チア部神戸本部の方々 ありがとう!
omochi

omochiの感想・評価

2.9
性愛に囚われた人間たちのベタベタした時間が続くだけでなんか萎えてしまった。
性のグロさとか暴力性を安易に芸術性と結びつけるのもどうなの、という。
mappii

mappiiの感想・評価

-
異国の地で出会った3人。
母国を離れて生活することは、文化の違い、言葉の違い、民族性の違いによって結構なストレスだと思うけど、そんな中で同郷の人たちに会えるというのは相当な安心感を得られるし、繋がりの強いコミュニティになっていくんだろうなと思う。

切なくて、苦しくて、愛が何かも分からない。
それでも不器用なりに互いを想う気持ちをぶつけようとする。
愛を伝える形に正解なんてないし、愛って何かも分からないけれど、この何かと狭苦しい世の中でも自分に素直になればいいんだなと、強く感じた。

明け方、3人の並んだ背中がすごく印象的。
黙って肩を並べているだけで、彼らにとっては十分な愛なんだろうなと思う。
3人で作る1つの愛には、悲しいけど、人の温かさを感じました。
とても小さな作品(立教大学院の修了作品)で粗もあるんだけど引き込まれた。

関係性はともかく、人生に何度か経験するであろう「奇妙なバランスの頂点」までの日々が慎ましく描かれていた。

一見いかつそうだけど大変穏やかな、主演の長髪男性の佇まいが心地良かったな。
uka

ukaの感想・評価

-
深夜4時に観る突然の流血シーンとこのテンションのストーリー展開辛かった…もっかいみたいよ………………

あなたにおすすめの記事