キャピタリズム マネーは踊るの作品情報・感想・評価

キャピタリズム マネーは踊る2009年製作の映画)

CAPITALISM: A LOVE STORY

製作国:

上映時間:127分

3.5

「キャピタリズム マネーは踊る」に投稿された感想・評価

ナ

ナの感想・評価

-
全く関係ないけど、結婚って人生のリスクを軽減させる為の賭けなのかな〜ってこれ見て思った
yuko

yukoの感想・評価

3.4
ウルフ・オブ・ウォールストリート的なの期待したら全然違った。マイケル・ムーア色たっぷりの資本主義の悪を浮き彫りにしたドキュメンタリー。大国アメリカも色んな痛みを伴いながら進んで来たんだなぁ
MK

MKの感想・評価

4.2
ポスト・キャピタリズムとか、色々な書籍を読んでいてふと立ち戻り?というか思い出されて鑑賞。

民主主義と資本主義の違いなんて日常でどこまで意識していただろう?

米国の金融業界がどれだけ政界や民衆を手玉にとって、そのあおりが日本におよんでいたとしても、当時の自分にはなんの危機感なかったけど。

あの頃から技術が革新されていて、中央封建的な資本主義には陰りも見えてきていそうな予感。
自分は無力だけど、コモンとか社会主義的な理想論を経済的な公平も保ちつつ実現しそうな新たなインテリジェンスに期待。

どんな社会でも老獪がのさばる世界に発展はないと思った。


すべてやり尽くしたさ
銀行強盗以外は でもやろうか?
銀行が強盗したがってるんだから
我々もやろうか?

あとは十年前の自分の感想…うーん。

マネーが踊ってないと我々が止まっちゃうんだから仕方ないんだきっと。
この仕組みどうなんだろう。
やーめたって出来ないのは満場一致。
クボ

クボの感想・評価

3.5
経済分野に全く明るくないので、見ながら理解するのでやっと...。
でも相変わらずの突撃野郎っぷりや徹底的な取材、ルーズベルトの提言を引っ張ってくるあたりの着眼点はやっぱさすが。

これって今の日本でも言えるとこもあるよなぁ、って思いながら見てた。
サブプライムローン問題から住宅バブル崩壊、リーマン・ショック、救済法批判。そして結果的に誕生した「社会主義者」オバマ大統領とデモ運動……といった綺麗な大枠に収まってて、観やす過ぎるかとも思ったけど、「デモ→F.ルーズベルト→ムーア」っていう構えのクライマックスが、意外性といつも通り感を備えてて良かったです。

そうは言いつつ、ムーア監督の映画、別に『ボーリング・フォー・コロンバイン』以外は観なくて良いな、って気がしてきた。
マイケルムーアが撮った
ミュージックビデオの意味が
やっとわかった。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン「Sleep Now In The Fire」
https://youtu.be/kl4wkIPiTcY

マイケルムーアが
逮捕される様子が見れます。
ud

udの感想・評価

3.5
金融破綻の影響について知りたくて見たのですが、ドキュメンタリーってどうしても作り手の考えが色濃く出るから、ちょっと難しいかも、と思いました。
dead peasant policy(死んだ小作農保険)が衝撃だった。知らぬ間に従業員に保険がかけられ、遺族には一銭 も渡されることなく企業が保険金を受け取る。

どうしてこんな保険が許されるのか疑問だった。奴隷制度の名残り?と思ったが、元々は会社役員が急逝した時のための保険とのこと。だとしても、パートタイマーのレジ打ちや清掃人にも保険を掛けることができるなんて納得行かない。大した賃金が支払われているわけでもないのに、労働者が死んだら企業が大金を手にする。そこの規制はなかったのか。

企業はこの保険を担保に融資を受けることができるらしい。

これとサブプライムローンの話から、金になるものは何でも商品にして売るという金融業界の姿が見える。それの何が悪い、それがキャピタリズムだと。
tych

tychの感想・評価

3.5
CAPITALISM:A LOVE STORY 2009年 ドキュメンタリー 127分。2008年9月のリーマンショックで未曾有の混乱に陥ったアメリカ、サブプライムローンが返済出来ず家を追い出される人々。混乱の中 ゴールドマンサックス等大銀行は 政治力+「言う通りにしないともっと悪くなる」と恐怖心を煽って莫大な公的資金を引き出す。これを見て「なされるがまま」であった一般市民の中にも「立ち上がる」動きが出てくる。「一部の人々だけが莫大な富や権力を握るこんな国でいいのか」という視点から作られた作品。ラスト近くに流れるルーズベルトの演説、将来を見据えた内容に感心した。
「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「ハスラーズ」を見てから
リーマン・ブラザーズ破綻の件を気になり始め
見始めた。どの作品も一本だけ見るとピンとこないけど、
何作か集めると理解が進む。そういう意味では見てよかった。
>|

あなたにおすすめの記事