くちづけの作品情報・感想・評価

「くちづけ」に投稿された感想・評価

評価しにくい
とても愛のある悲しい物語なんだけど、絶対に肯定できないと思うし、こういった結末の家族は増えちゃいけない
これは原作の舞台も観に行った。
自分が中高生からモヤモヤしてたものを解消してくれた素晴らしい作品です。
海

海の感想・評価

-
私が涙を流すことで、このひとたちの悲しみと苦しみを奪っちゃいけない。だから泣かない、感動もしない、彼らが右へ行くのなら私は左へ向かっていく、彼らが世界を変えるために戦うのなら、私は世界に変えられないために戦う。

どんなに、どんなに愛していても、社会の作る暗闇に潰されて、その暗闇を、自分自身の愛情が作り出す影だと思い込むしかなくて、消えていく尊い光がある。
心無い言葉を浴びせられ続けたら、そうしたらもう自分が優しくなるしかほかに、彼らにはなくて、社会も誰も守ってはくれないのなら、そうしたらもう、自分で守っていくしかほかに、彼らにはなくて、だから、優しくて優しくて、誰のことも責められなくなって、自分自身の心の中に、その影を映すしかなくなるのかもしれない。


当たり前のことなどどこにもない。あなたに出会えてよかった、あなたの娘でよかった、あなたの父でよかった、たとえここではなればなれに別れても、また私はあなたを選び出会うだろう、この愛を決して忘れない、約束しよう、これはとくべつなとくべつなくちづけ。

2018/11/25

世の中に変えられないようにっていうのは「トガニ」でも引用されてたガンジーの言葉で、こういう映画を観るたびに、思い出してしまう。
Iri17

Iri17の感想・評価

2.3
途中までは可もなく不可もなく、ラストが一気にダメ。あのような結末を感動的なラストにしようという下劣な考えがよろしくない。

汚い身なりで独り言言いながらウロウロしてるホームレスは知的障がい者らしい、俺が死んだらこの子はどうやって生きていけばいいのだろうの答えがあるですか?承服できません。まさに感動ポルノ、堤幸彦らしい浅い思想が垣間見える。

そもそも障がいを持った人の役は障がいを持った人が演じればいいのだが、そういう事が出来ないことが障がい者を差別する社会なのだと思う。

貫地谷しほりや竹中直人や橋本愛はいい演技しているが、全体としてはどうも煮え切らない作品だった。
あと友達、あんなあからさまな差別する人はいないだろうと思う。皆無意識に差別するのが日本の特徴なのに。
AKANE

AKANEの感想・評価

3.0
こんなはずじゃなかった…今観たいのはこういうのじゃなかった…
評価高いのは納得だけど素直に泣けないし後半は本当にただただ苦しい
ただこの映画は忘れないと思う、そのくらい衝撃だった

あと個人的にキーキー言ってるのがやかましくて一気に橋本愛苦手になった、ごめん橋本愛
h1nac0

h1nac0の感想・評価

-
講義で扱われた作品


なんて優しくて、心が締めつけられる作品なんだろう。

感動ポルノ、感動してしまう。この手のヒューマンドラマに弱く、そして、欲してしまう。どう向き合うのが正しいのだろう。

マコちゃんとの結婚を夢みるうーやん。うーやんに本当のことは伝えられたのだろうか?うーやんは幸せになれるのか?ひまわり荘のみんなに幸せになってほしいです。


生きるすべがないなら、みんなで生きやすい世界にしていかないと駄目だろ。

熊谷育美 / グッド・バイ・マイ・ラブ
とも

ともの感想・評価

-
2018.11.7
2回目の視聴
初めて見た時とは違った感覚だった。
ただ、社会的背景がいっぽんの最期の行動に至らせてしまったと考えると、やるせない気持ちでいっぱいになった。
くぼ

くぼの感想・評価

3.5
悲しいんじゃなくて
苦しくて切ない涙

泣きたいから映画を観る人もいるかもしれないけど、やっぱり「泣ける映画」て単純な押し売りはきらい



娘を一番に思う父親の話( )
たぶん、、、
ハッピーな話ではない
心に残る作品です。

皆んなが住みよい社会…

考えさせられますね。
表紙の2人の写真がなんとも微笑ましい

泣ける度
★★★★
>|