ファーザーのネタバレレビュー・内容・結末

ファーザー2020年製作の映画)

The Father

上映日:2021年05月14日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ファーザー」に投稿されたネタバレ・内容・結末


【アンソニー・ホプキンスの演技は本当にすごいです。】

聞くところによると、
今年2021年のアカデミー賞受賞式はかなり異例な式だったそうですね…。😅

⑴従来なら作品賞の発表が最後になるところが、
今回は主演男優賞の発表が最後になって

⑵しかも、その最優秀主演男優賞は

撮影後に逝去したチャドウィック・ボーズマン(出演作品は『マ・レイニーのブラックボトム』)の受賞を多くの人が予想していたなか、

アンソニー・ホプキンスが今作『ファーザー』で二度目のオスカーを獲って、

⑶しかもアンソニー・ホプキンス自身、自分が受賞すると思っていなかったせいか知りませんが、
受賞時は家🏠でのんびり寛いでいたそうです。♨️😅

この一連のくだりは、

受賞式の締めくくりとしてはどこか締まりがないものだと思いますけど、それゆえにリアルな結果ではあります。😅
アカデミー賞がちゃんと正当な評価をしたのは間違いないと思います。

チャドウィック・ボーズマンと違って、

アンソニー・ホプキンスにとっては今作『ファーザー』が遺作にはならないでしょうし、(というより、次回作にも期待していますが、)

もし今作が彼の遺作になったら、それはそれでカッコいい俳優人生の締めくくりだと思います。🆒
それぐらい、今作『ファーザー』の彼の演技は本当にすごいです。

⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️⌚️

【“認知症を題材にした映画“として、ほとんど完璧だと思います。】💯

「Filmarksの平均スコアも高いし、こんなもん、いい映画に決まってる」って感じで、観る前から“たか“を括っていましたが、

実際に観てみたら、事前の期待値以上にかなりすごい映画でした。💯

今作『ファーザー』を今年2021年の年間ベストに挙げる人がいるのも納得です。♨️


本当に個人的な意見ですが、

こういう“認知症を題材にした映画“としては、
これ以降で今作『ファーザー』以上の作品が作れるとは思えないぐらい文句のつけようがない、
ほとんど完璧な作品だと思います。👏


もちろん、

観ていてものすご〜くつらい映画ですし、🥺
感動的な人間ドラマを期待していたら肩透かしにあう人も多いと思います。

そんな風に観た人によって好き嫌いはあるでしょうが、個人的には好きです。

🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗🍗

【上映時間97分で、観ていてどっと疲れました。】😫

『ジョーカー』🃏もそういうタイプの映画でしたが、やっぱり

「主人公の主観でありながら、その主観が信用出来ない。何が真実なのか❓が分からない映画」🤯
って面白いですよ。


それに今作『ファーザー』もストーリー・テリングがうまいです。

「え⁉️この人、誰⁉️」

「え⁉️あの人って本当は〇〇だったの❓」

みたいなことが劇中で何回もあって、
 
観ている自分はとにかく振り回されましたし、
観ていてどっと疲れました。😩

97分って短めの上映時間で良かったです。😅

そして(これは不謹慎な言い方かもしれませんが、)映画として観ている97分間はしっかり面白かったです。つらかったですけどね…。🥺

「何が真実なのか❓」が主眼の映画では無いと思いますが、もう一回観たら理解度が更に深くなるかもしれません。🤔

🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭🤔💭

【介護する側もさることながら、認知症になった人自身も、実はめちゃくちゃつらいんです。】

あと、やっぱり鑑賞後にはどうしても認知症について考えてしまいます。🤔💭

以前、DSの「脳トレ」🧠のソフトを作った川島隆太先生の話を何かで読んだんですが、

「“人は認知症になったら、逆に精神的に楽になるんじゃないか❓“と思う方もいますが、むしろその逆です。
人は認知症になってもある程度の自我を持っていて、その自我を思い通りに出せないのは、人としてものすごくつらいことなんです。」😢

みたいなことを書いていました。📖

で、その言葉を踏まえたうえで今作『ファーザー』を観たら、

確かに、主人公:アンソニーも記憶が曖昧で混乱してはいますが、彼なりの自我がしっかりあるんです。😤

彼のクセの強さが介護する家族をイライラさせたり、💢
高い自尊心が崩れることで彼自身が受けるショックは大きかったり、😫

元来の彼自身の性格の問題も少なからずあると思います。

介護する娘:アンの旦那さんがフラストレーションを募らせる気持ちも分かりますが、

彼のような客観的で現実的な発言が、アンソニーを傷つけているんです。

🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃🍃

【他人事とは思えません。】😓

それに、娘:アンにも同情してしまいます。
彼女が父親:アンソニーを大事にしようとするのも本心なんでしょうけど、💖
それに耐えられないのもまた本心なんだと思います。💢

演じたオリヴィア・コールマンの表情のつけかたとかもすごくうまいです。



自分の息子や娘に
「もし自分が認知症になったら、殺してくれ。」って言う親って世の中にはたくさんいると思います。

親として気持ちは分からなくもないんですが、
子からしてみたら実際にそんなこと出来るわけないんです。


自分自身が認知症にかかるか❓
介護する側になるか❓

いずれにしても、いつかそういう時が来ると思いますし、他人事とは思えない作品でした。😓
おじいちゃんが認知症でつらくて泣いてた話思い出した。
まだ実感の湧かなすぎるテーマだったけど、周りがおじいちゃんおばあちゃんだらけだったから雰囲気重かった。

認知症の人目線で、よくわからないとこ多かったけどこんな気分なんだろうなって逆にちょっと実感できた。
演技うますぎて怖い最後のシーンえぐいドキュメンタリーですか?
人や場所を認識出来なっていく感覚を擬似体験できる。

一瞬家族と見間違えた人が後に看護士だったと分かるとか、自分の家だと思っていたところが施設の部屋だったとか構成の明かし方が舞台でもハマりそうだなと思ったらそっちが元だったか。

劇中早く親父に認知症だと自覚させれば良いのにとイライラしていたが、それさえも忘れてしまっている父の視点で語られるから何度説明されてもその度に忘れ挙げ句何が本当か分からずに進んでいたのか。

自分が自分でなくなりつつあるとき、記憶の中で大事なものが真っ先に出てくるんだろうな。(この場合、次女を事故で亡くした事とか、母との記憶とか)

終盤、病室でのアンソニー・ホプキンスの芝居にやられた。
アンソニーホプキンスの演技がすごかった

繰り返させる言葉徐々に変わる顔 認知症の方の世界はきっと混乱や恐怖を感じることが多いのだろう

これがリアルなんだろうなぁ。
最後の泣くところ 家族がいないことを実感するところ 辛かった 本人も家族も辛い 認知症の理解や対応が広まりより良い世界になってほしい。
親子愛といった感動物語と思いきやある種のホラーのような衝撃的な映画だった。
見終わった後にまさに映画の中で本当は何が起こっていたのか、正しい現実的がなんなだったのか分からなくなるような、そして悲しすぎて言葉を失う感覚になってしまった。
全てはアンソニーホプキンスの演技によるものだろうけど、施設にいることがわかってからの最後の演技は素晴らしかったと思う。
最初から最後まで気が抜けなかった。
今見ているものが果たして本当なのか、「娘」とか「介護士」とされている人が本当にその人なのか、最後の最後まで確信が持てない。時間軸も入り乱れていて、時系列もよくわからなくなってくる。
想像するしかないけれど、認知症の人々が見ている世界ってあんな感じなのかしら。

終盤の老人ホームの場面は、教員免許を取る時に行った介護体験を思い出した。お年寄りが寂しそうに「息子が会いにきてくれない」とか言ってるの、でも施設の人によれば、2、3日前に会いに来てて。世話は大変だから施設に入れるという選択はまったく否定されるべきものではないけれど、入れられた側の気持ちも考えるとそんなに単純じゃないよな、と。将来親がそうなったらどうしよう、なんて、月並みだけど思った。
「全ての葉を失っていくようだ。。。」
もうこれが全てだと思った。

最初はサスペン風にも取れる感じに観客目線でどきどきしていたのに
気がつくと、あぁ記憶が混乱していくとはこういう事なのか。。。と
体験させられていると言う。。
これは哀しくも面白い作りでした。
日々が現実と妄想の渦中で様々なことが忘却の彼方。
ホームで子供に返ってゆきながら、介護士に「公園で散歩でもしましょう」と慰撫されるアンソニー。
名優“アンソニー・ホブキンス"がオスカーを受賞した作品で認知症の父親を演じる。
認知症の家族と暮らす現実をどのくらいの人が理解しているのだろうか?

私の母は認知症だ。発端は物盗られ症候群。母は財布や通帳を自分で管理していた。それなのに1万円札が失くなったとか通帳がないとか言い出し同居している私を疑った。その度に一緒になってお金や通帳を探した。
お金は使ったことを忘れていただけで通帳はあらぬところから出てきた。

認知症外来で検査をすると数字を等分に配置することが出来ず時計の絵が書けなかった。私は唖然としたが、医者は画像を見ながら脳の萎縮がないのでグレイゾーンだと言った。
それから、症状を遅らせるための薬の投与が始まり、少しずつ身の回りのことが疎かになっていった。感情の起伏が激しくなり温厚な母は度々激昂した。物を投げたり湯飲み茶碗を何個も壊し後片付けに追われた。デイケアとショートスティで当面は凌げたものの早晩徘徊が始まり、何度も家を抜け出し警察のお世話になった。

夜間徘徊を心配する余り、私は夜も眠れず、居眠りのために3度も交通事故を起こした。この頃には妹も施設に入れることに同意し、要介護3を期に施設入所が決まった。

施設に入れた時はもう少し頑張れたかも?と悩んだが最善の策だったことは間違いない。今も母は施設にいる。コロナ禍で会えないが施設から送られてくる動画を見ながらホッと安堵する。

映画は認知症患者から見た世界が描かれる。頭の中は混沌として渋滞が起こっている。娘を娘と認識できず、娘が悪人で彼の住むフラットを横取りしようとしていると思っている。

彼の中では娘の顔さえも毎回変化し、もはや娘の実像さえもわからない。
会話も時系列もバラバラ。映画を観ているコチラも困惑する。

心配する娘に毒のある台詞を吐き悲しませる。まるで被害者は自分であると言わんばかりの態度。良くしてくれる介護者を辞めさせ、自分の世界に閉じ籠る。

アカデミー主演男優賞のハードルは高い。並みの演技ではノミネートも叶わない。82歳にして彼は認知症患者の不安や狂気を体現して見せた。認知症患者を側で見ていた私でさえ、ダメ出し箇所が見つからないほどの成りきり演技。

恐るべし!“アンソニー・ホブキンス"、誰もが垂涎の的のこの賞を『取れない!』と踏んで、イギリスの自宅で寝ていたと言う。
その欲の無さが賞を引き寄せたのか?真偽のほどは定かではない(笑)


劇中では娘がふたり、夫もふたり、これが何を意味するのか?私は途方に暮れた。
最後の施設の場面で全ての謎が解けるのだがその時に初めて彼に同情した。

老いは誰にも平等に訪れる。認知症は社会問題だ。認知症を防ぎ認知症を治す特効薬が出来ない限り、この現実から逃れられない。

認知症が克服出来るなら、まさしくノーベル賞ものだろう。
そんな日が来ることを祈る!
こんなふうにいつか自分も何もかもわからなくなって行くのかなと思うとめちゃくちゃ怖い
>|

あなたにおすすめの記事