ファーザーの作品情報・感想・評価・動画配信

ファーザー2020年製作の映画)

The Father

上映日:2021年05月14日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ファーザー」に投稿された感想・評価

レビュー読んでから見てよかった
そうじゃなかったら、は???ってなるとこだった
認知症とはこういう事なのか。
ラスト、アンソニーが泣きながら発する言葉「枝から葉が落ちるようだ」が衝撃だった。記憶が、葉が落ちるように頭からこぼれていく。混乱と不安がぐるぐる渦を巻く感じだろうか…。周囲からの(自分にとっては)理不尽な困惑といら立ちの視線。そしてどんどん自尊心が傷ついていく。
アンソニーホプキンスの演技力と見事な構成で、認知症から見える世界を感じさせてもらった。と同時に介護の苦しさも想像できてしまって辛い。
あるみ

あるみの感想・評価

3.3
自分の頭が悪すぎてよくわからん!!!!

でもそれが狙いなんですよね。すごすぎる。
そんで演技力えげつなすぎる。演技とは思えない。本当にアンソニー爺ちゃんとして生きてる人。

認知症を体験して、

まじで結局あんた誰?これいつの話?このシーンもう知ってるけど?で、今は?え?

はてなはてなはてなはてなはてなはてな

って1時間半なってた。

これ以上長かったらパニックすぎて挫折してた。
ウエノ

ウエノの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

このパッケージを見ると、認知症のおじいちゃんとの関わりを描いた感動系かと思いきや、サスペンススリラー風でびっくりした!!
誰が本物のアン!??ポールって男は何者!??
おじいちゃんが呆けてるんじゃなくて本当に現実でおかしなことが起こってるんじゃ……って途中まで本気で思ってしまって怖かったσ(^_^;)
うちの母親がこんな風になったら……自分がこうなってしまったら……とリアルに考えてしまった。
アンはお父さんを施設に入れて週末だけ会うという一番良い距離感を見つけられて良かった。
うちは施設に入れるようなお金がないからどうなってしまうだろう……
とりあえずアンソニーホプキンスのこんな姿見たくなかったな。役名がアンソニーなのも……アンソニーホプキンスもお年だしこの役演じるのしんどかっただろうな。
これはめちゃくちゃ怖いな…。認知症の恐ろしさ本人の不安もさることながら、自分という人間は何によって存在しているのか認知しているのかなど、文字通り深く考えさせられる映画だった。

父という存在が揺らぎ、いや父でいることが唯一の存在の証明になっているのかも。いつまでもルーシーの話を繰り返し行うのは過去の記憶に縋っているようで、憐れさよりもやはり怖さが先に来る。

人はいずれこうなるのかと思うととても怖く、またもし認知症になったら家族には迷惑かかたくないと思う一方で、自分より年上の親戚家族との時間は大切に過ごしたいなと思えた。言葉は少なめだがメッセージは強く突き刺さる、万人受けはしないだろうがオススメはしたい映画。
Anais

Anaisの感想・評価

3.8
ただただアンソニーホプキンスの演技力に圧倒!これまでのアンソニーホプキンス映画の中でも「羊たちの沈黙」くらい衝撃を受けた。認知症を患っていない人とは思えない。
軽くホラー要素ある。
なんて恐ろしく寂しく孤独な病気なんだ。
yuki

yukiの感想・評価

3.5
ちょっとわかりにくかった。
ボケた人の感覚を再現してるのかな?

自分はこうなる前に、前向きに死を選びたいなぁ
長生きすることが良いわけじゃないと思うし

自分で自分がわからなくなって、生きてる意味があるのだろうか?

今のところ、この疑問に納得できる答えはない
圧巻の演技。
演ずるという事の凄みにしびれた。

全編に渡ってクラッくら。
最後は正座して。
ぴー

ぴーの感想・評価

3.5
アンソニー・ホプキンスがフォーク持って怒ってたらちょっと怖いのよ。
わけがわからなくてパニックになりそうな日々を生きるのもつらいし、近くで見てるのもつらい…。
サッサ

サッサの感想・評価

3.8
なんだかリアルに感じた。
少しのひっかかりから、混乱へ。
混乱から、恐怖へ。
恐怖から、平穏へむかうのか。
認知症の方が忘れてしまうまでの過程が一番つらいだろうと、どういう感覚なのかと思っていたことが、えがかれていた。
人間は忘却の門をくぐって、産まれおちるというけど、人生の最終を迎えるであろう段階で、すでにゆっくりと、忘却の門をくぐりはじめるのだろうか。
そして、次の人生へ、次の課題へとむかうのだろう。
映画をみて、昨日話したおばあちゃんのことを想う、同じ事を繰り返したり、昔のことを今のように話す。記憶にもやようなものがかかっている、感じなのかな。
今も現在も未来もないと言うけど、そう思うと、おばあちゃんは、真理の境地に達しつつあるように思える。
ありのままの、みんなの目標地点。
>|

あなたにおすすめの記事