プルーフ・オブ・マイ・ライフの作品情報・感想・評価・動画配信

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」に投稿された感想・評価

麩

麩の感想・評価

3.0
劇作家デヴィット・オーバーンが舞台劇用に書いた戯曲「poof/証明」の映画化。
プルーフはピューリッツァー賞の戯曲部門、トニー賞を受賞した傑作舞台劇

映画として観たらたしかに盛り上がる部分には欠けるかもしれないけれど
生粋の舞台劇好きとしては観ていてゾクゾクするほど素晴らしい“戯曲”だなぁと思った
新国立劇場で、小川絵梨子さんの演出で観たい。
というか、「映画」を観ながらその「舞台」の様子が、観客としてその場にいたかのように鮮明に脳内に浮かんできた

やっぱり舞台劇の映画化ってむずいなと思った
「そのへんの舞台よりずっと素晴らしい映画」って本当に山ほどあるし
映画のほうが世間一般には名作との出会いの機会も多く良作の数も桁違いなように思えるけど、
舞台劇ってその場限りであとに残らないってだけで、その場に居た人の記憶の中でしか生きられないってだけで、古代ギリシャの頃から傑作は山ほど出てて、世の中を動かした演劇だって、歴史を動かし歴史に残った演劇だって、ひとの人生全てに影響するような瞬間だって溢れてるんだよなということを思い出した
映画と舞台は比べものにならない全く別のもので、映画より面白い舞台だって死ぬ程あるんだよね

何が言いたいかというと
プルーフは間違いなく傑作戯曲だということで、
この映画はあくまでそのストーリーだけを頂いた映画作品なので、プルーフの素晴らしさを伝えるには力不足は否めない
すごく面白い映画だけど、戯曲の面白さはこの比ではないから
今ひとつ心に響かなかった。
数学の証明の話なので、素人目には地味に映ってしまうのは仕方ないとして、展開やちょっと強引に託けたような恋愛要素など、映画の形式美に無理に収めようとしてるように感じられた。
原作の評価が高いらしいので、そちらもおさえておきたい。
はなび

はなびの感想・評価

3.3
天才だった父の介護をし、看取ったキャサリン。
2人だけの時間には、数学があったけど、父は普通の父親として娘を愛していた。
ジェイクさんが良かったのと、主人公が自分で決めて歩き出せて良かったです。
ピュリッツアー賞やトニー賞を受賞した『証明/プルーフ』をもとに作られた映画とのことで、ジェイクギレンホール見たさと相まって観ました。
結果、この監督が何を言いたかったのか分からず、内容も予定調和というか正直どうでもいい内容で、良さが私には理解できず。舞台は評価高いのでなんかすごく残念でした。
UNEXT視聴
レイエ

レイエの感想・評価

3.7
天才数学者、父娘の話

天才過ぎても大変だ。


メモ:1729週間
Pooh7

Pooh7の感想・評価

3.1
個人的にはう〜んって感じの作品。数学は得意じゃないから、凄さがよく分からなかった。主人公のヒステリックな所と姉の強引さがすきじゃない。天才と変人は紙一重。ジェイク目的でみた映画。
aki

akiの感想・評価

-

本当は戯曲が読みたかったんだけど、和訳されているのがなくて映画があったからみた。

役者豪華でびっくりしちゃったし、
引き込まれていって、面白かった。
謎が少し残った。
天才であるが故の
悩み、苦しみが描かれている。

凡人には理解できないだろうが
数学の世界の奥深さ
証明の美しさは
なんとなく
少しだけわかったかも。

若い頃のジェイク・ギレンホールは
可愛い。
アンソニー・ホプキンスは
本当に天才に見える。
グウィネス・パルトローの
こんな役柄もなかなかいい。

評価が低くて少し驚いた。

私はこの映画
好きです。
グゥイネス・パルトロウの美しさが見たくて鑑賞。
天才数学者である父親との同居&お世話、突然戻ってきて自分をNYに連れて行こうとする姉、典型的な「陽気なアメリカ人」って感じでイマイチ
感情移入できないボーイフレンド、数学の証明は誰がしたの❓
いろんな要素が詰め込まれてました。

もっと、恋愛要素はなかったほうが楽しめた気がします。
Miri

Miriの感想・評価

3.5
有名な俳優陣が出演しているが、初めて知った映画で地味で派手さはないが、演者の演技にどんどん引き込まれた。

グウィネス演じる娘キャサリンの父親の病に1人で向き合う苦しみや、心を開ける相手であるハルに出会えた喜びや、自分が解いた証明を誰にも信じてもらえない切なさや葛藤に胸が締め付けられた。
私の両親はどちらも健康で元気だが、この映画を観て親の老いや病と闘う姿を見るのはとても悲しくて切ないんだなと感じた。
偉大だった父親が数学を証明できなくなってしまう姿は27歳の娘としてはとてもつらかっただろう。それも誰にも相談できない苦しみは計り知れない。
姉のおせっかいもわかるが、今までなんにもしてこなかったのに何だよってなるよ。

最後の最後で彼女が自分の足で進める姿が見れてよかった。
>|

あなたにおすすめの記事