ビルド・ア・ガールのネタバレレビュー・内容・結末

「ビルド・ア・ガール」に投稿されたネタバレ・内容・結末

文才を認められて話が進んでいくのだけど、その部分が見えなかった🤔
インタビューしにいって、あの質問だけだと…とか考えたり。
クスリと笑わせる場面はよかった。
いや〜きつい!めっちゃきつい!
これほぼノンフィクションなのめちゃくちゃきつい…しんどいという意味できつい。悪い意味ではないけど心臓がきつい
失敗してもめげずに!の失敗がでかいかつメンタルにくる…!

正直イギリス…?のロック…?というか音楽全般ミリもわからないので何かのネタがあったのかもしれないけどビートルズくらいしかわからなかったからほぼスルーした
喋る壁画にもいたんかな?壁画と喋るのも好きだった

ミュージカル映画を見過ぎたせいでここで歌い始めるでしょ!って何回も思ったけど歌わなかった(そりゃそう)最後のところとか絶対歌うじゃんと思った…

でも挑戦し続ける、違ったと思ったら別の道に変える勇気、ほんとすごい
冒頭の部分の「変わるときは素敵な男性が現れるけど〜(中略)〜私は男性なしでも明日を掴むわ!」みたいなところでおっこの感じは絶対好き!って思った。

妹のためにずっとコツコツ貯めたお金砕いてあげるの、ほんといいお兄ちゃんだ…
初登場時あんま仲良くないのかな?って思ったけどテレビ出演後もしっかり守ってあげてるしほんといいお兄ちゃんだった

ロックの編集部はクソだなと思うけど、あそこで引き返してたら引き返してたで話は変わったけどどうなるかわからないし、あの時こうしておけば…より違ったら変える!っていうのが良かったのかも 前向きだ…

才能があるとはいえ、ずっとこまめに投稿したりしてたんだよなと思うと、やっぱりちょっとずつやりたいならやるしかないなと思った

ジョンの記事書いちゃった時もウワー!と此方がそわそわしてしまったのでとても感情移入?できたんだと思う

結構周りが編集部以外いい人たちばかりだった気がするけど、その中でもジョンはまじで人が出来すぎてた。
書かないでって言ったこと書かれてごめんねって文添えて伝言できるか?!!普通
怒ってたとしてもさ…えええすごと思った

お父さんもお母さんもいい人、お母さんはどうなんかな?と思ったけど電話待ちの時にクッション投げてくれたから優しい判定、
お父さんはバン売っちゃったのに何故か憎めない、すごいキャラ作り…それまでの娘の成功とか躍進とかを毎回しっかり褒めてくれてたかなあ。すごいいい人判定

謝って終わらせるんじゃなくてなんとなくで仲直りする感じがこれの場合はとても現実味を感じた

好きなように生きていいし失敗したらやり直せばいいんだなと思える素敵な映画でした
メンタル立て直すために定期的に見たい!


見た直後のメモ
家族が良すぎる お兄ちゃんかわいいかよ…
家の中でごうごう燃やすのまじで強
レディバード、ブックスマートのビーニーちゃんがすごく好きで、今回の話もそうだけど、イケてない女の子が周囲のやいのやいのに負けず奮闘する役をやったら右に出る人はいないな〜と思っている
特に声と話し方がかわいくて、それだけで頑張れ頑張れとエールを送りたくなる
この話でいう若さ故の失敗は結構スケールでかめでアララやっちゃってんね〜とこちらの肝が冷える感じだけど、大なり小なりそういう経験って誰しもあると思うし、これからもあるかもしれないし、大事なのは転ばないことじゃなくて立ち上がり方を知っていくことなんだよねえと再確認させられました
今の世の中みんな損をしたくなさすぎてコスパコスパと呪文を唱えてそれがどんどん若い世代にも浸透している気がするけど、自分でやってみなきゃ分からない、遠回りしなきゃ得られない大事なものもあるんだと三十路越えは思います
うーん、、、自分の知識?理解力?不足だとは思うんだけど、話してる内容がいまいちよく分かんなかった。

最後の語りかけてくるところもそんな刺さんなかった。

主人公と同じ10代の時に観たら何か感じる物があったのかなー。

ジョンとお兄ちゃんいい奴。

文才があるのは羨ましいなぁ。

失敗したらやり直せば良いのよ、ということを100分かけて教えてくれる

すごく人生が上手くいきはじめて、ジョアンナが調子良くなっていく度に、「も、もうやめてくれ…!!!」って言いたくなるほど調子に乗って盛大にダメな方向に転ぶ
それでも、どんなに絶望的でも、何度でも立ち上がってそして登りつめて、そしてまためっちゃダメな方向に行く

ジェットコースター展開すぎて途中ほんとうにもしかしたら夢オチなんじゃないかと疑いそうになった

16歳ってそれでもそういうものだったような気もする。何にでもなれるからこそ…
観客に向かって語りかけてくる演出、ヒッ
となってしまう。。。
がむしゃら青春映画。強く進む姿がカッコ良かった。その道を進むので良いのかってシーンもあったけど、むしろそこがテーマだった。(賛否分かれるのはわかる。)

家族も急に車売ったり怪しいけど根本には愛があるように思えたし、何より頭打った時の寄り添いわんこが可愛かった。最初のインタビューがジョンカイトで良かった。
メモ。


人生はいつでもやり直せばいい

僕たちはいつかキスをするだろう。
だが今は若すぎる。  僕がね。

去年見たブックスマートのビーニーフェルドスタインがめちゃくちゃ良かったので、似た雰囲気を味わえるかな〜と思ってたけど、途中の生意気な姿にあぁ、、ってなってしまった。

無理せず自分に合った生き方とは何かを考える良い機会になりました。
なんてへんてこな!映画だった
ヒロインが爆速で駆け抜けてゆくので夢オチかと思った

ちょこっとでてくるエマトンプソンのかっこよさね。なりたいね。

最近知ったんだけど、私はかなり執念深いみたい。友人として未来で待っていてくれるなんて嘘だろって思う。けど、会えなくなって数年経ってしまった好きなひとと再会したときにお互い変わってしまったのにそれでも一層相手を好きでいる自分に気づいてしまって。おそろしかったから、きっと未来でも好きだとおもうよ?

エンドロール新しい愛でした
>|

あなたにおすすめの記事