犬は歌わないの作品情報・感想・評価

「犬は歌わない」に投稿された感想・評価

要

要の感想・評価

-
1950年代、米ソが先を競う宇宙開発。ソ連は「スペース・ドッグ計画」と称し、野良犬のライカをスプートニク2号で宇宙に打ち上げた。地球軌道を周回した最初の動物となった彼女の魂は、地上に降り立ち今も仲間達と共にモスクワの街角を彷徨っているという。
貴重な「宇宙犬」実験映像を織り交ぜながら、現代を生きぬく野良犬の目線でこの世界を描きだす異色のドキュメンタリー。
街に溶け込んだ犬たちの生き様、ヒトの所業の一端を見せられ、私たちは何を思うか。

●驚きの野良犬体験
作品の大部分を占める、野良犬目線の映像がすごい。至近距離かつあまりにも自然体なのでどうやって?と思っていましたが、なんと4年間も野良犬に密着していたとのこと。メイキング映像を見ても本当にただ至近距離でカメラを回しているだけでした…。
「犬の目を通して世界を描く」構想が先にあり、結果として宇宙犬ライカに辿り着いたそうです。

それだけ長い時間撮影していれば、偶然「ショッキングな場面」に出くわすこともあるだろうと納得。90分の中で見ると出来すぎていてまさか人為的に…?と疑ってしまうほど迫真なのです。
ワンちゃんがおもちゃを加えて頭を振るのって、自然界ではあーいうことなんだなと突然理解…。


●貴重な宇宙開発アーカイブ
資料を探し、所蔵機関に作品の趣旨を理解してもらうまで説得、素材を揃えるのに3年かかったそう。部分的に使われているだけですが見る価値がありました。

紛れもない動物実験ですがそれを持ち出して旧体制を批判する意図はなく、むしろそれらに対して一定の距離を保ち、第三者目線を貫こうとしているのは伝わってきました。
人間の視点(ジャッジ)を排除した描き方が、却って生命に纏わる漠然とした問いかけとして機能しているんですね。
神の見ている世界はひょっとしてこんな風なのかもしれないな。


●「タルコフスキーが監督したディズニー映画」
予告に出てきたこの一文に惹かれて見に行ったんです。コピーライティングの天才すぎでは…
水たまりとか雨とか草むらとか線路とか廃墟とか、狙ってるようにしか見えなくて…そういう意味では終始とても気持ちが良かった。

●唯一の挿入歌が好き
OPとEDでのみ使われているやけに壮大な電子音楽。鳥のさえずりがサンプリングされていたりする。
この曲と、優れた成層圏のイメージ映像のおかげで、ほとんど野良犬映像だったにも関わらず確かに大宇宙の映画を見たな〜という感覚になりました。
本編は冷静に見れていたのにエンドロールでなんだか泣けて。

でかい犬、つよい。日本には野良犬がいないのでその辺にいたらやっぱちょっと怖いかな。

監督インタビュー引用元記事
https://realsound.jp/movie/2021/06/post-802456.html
https://eiga.com/news/20210612/6/
ぽり

ぽりの感想・評価

3.1
初めて宇宙に行った犬ライカと現在のモスクワの野良犬のドキュメンタリー。

犬は歌わない、という邦題がいい。
犬にとっては、食べるわけではない猫を痛ぶって殺すことも、水溜りの水を飲んだりゴミを漁ることも、人間に餌をもらうことも宇宙に連れていかれることも、全部全部無意味なのかもしれない。そこに意味を見出すから人間は歌を歌うのかな。
そんな人間たちのエゴに巻き込まれる犬のお話だった。

静かで退屈な映画だなぁと思いながら見ていたけど、生きるって本来これくらいなにも特別な事が起こらなくたっていいんだろうな。ストーリーが必要なのは人間だけだ。
りょ

りょの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

語り口は少ないけどほんのりポエティックで良かった

犬のこと今まで大して考えたこともなかったけどだいぶ好きになった。モスクワの野良犬はのびのびしてるね。実害を与えていないから犬の肩持って見ちゃうな。

宇宙犬事業、飛ばすのみならず配合までするんかいと思ったけど、宇宙がまじもんに未知だったころには宇宙に行った遺伝子から健康な子供が生まれるかどうかも関心ごとだったのね


猫は食べたくて襲ったのか……? なに?
tentyo

tentyoの感想・評価

3.0
60年以上前のソビエトが打ち上げた人工衛星スプートニク2号、5号に乗った犬たちの物語を、現在のモスクワで暮らす野犬たちの映像と共に見せる不思議な映像作品。
クライマックス以外に音楽がほぼ無いので犬たちの暮らしを眺めている小一時間…ではあるが、都会の片隅で生きていた当時の野良犬が辿る数奇な運命と、同じ境遇の現在の野良犬達の対比は、すこし切ないものがある。
2号に乗ったライカは星になってしまった。
5号のストレルカとベルカは帰投して国の誉れ高き犬となった。
淡々と計測器を手術で埋め込みつつも、その犬たちをやさしく撫でてあげてているソビエトの女性科学者の映像は(プロパガンダではあろうが)少しだけ暖かい気持ちになった。
現在の野良犬たちはそんな運命などなく、そこそこワイルドな野良生活を気ままに…と思いきや、その世知辛さが悲しい終わり方であった。どこまで行っても人間の都合に振り回される犬たち…。
Kazuki

Kazukiの感想・評価

-
【未鑑賞メモ】

スプートニク2号
ライカ
ドキュメンタリー

『スプートニクの恋人』
川本凌

川本凌の感想・評価

3.5
あまりにも獰猛な“狩り”のシーンや、人間の手で宇宙犬への処置が行われるショッキングな映像など、いわゆる動物映画を想像して観るとかなりダメージを食らう描写が多い。

すごいけど、面白いかと聞かれるとそんなことはなかったかな。
13unta

13untaの感想・評価

4.8
間違って癒しなど求めれば地獄に叩き落とされるトラウマ動物ドキュメンタリーでありながら、人間も犬も平等にヤコペッティ的残酷さを描く姿勢は安易な文明批判を回避しており、誠実で、やはり美しい。
自分の肉眼では絶対に見れないものをずーっと見せてくれます。
これどうやって撮ってるんだい…野良犬の自然体。

手塚治虫が最も軽蔑する類いの営みが列をなしてます。
ワンちゃんタイムショック!

「閉じ込められる体験」は百発百中気を狂わすほどのショックをもたらします。
時間の長短問わず。
あの吠え方が強烈に表現してる。
RrR

RrRの感想・評価

3.0
最近YouTubeで「【犠牲】片道切符だった、宇宙で死んだ犬の話」(VAIENCE バイエンス)を見て今作を観賞

ソ連のスペース・ドッグ計画をみるドキュメンタリーの側面より、人間と野良犬のあり様を淡々と観せる映画


原題は『Space Dogs』
邦題は『犬は歌わない』

「語る」は情報を伝達すること
「歌う」は感情を表現すること

「歌えない」のではなくて「歌わない」


人間は野良犬、チンパンジー、亀を使った実験をみて可哀想と思う
人間は野良猫をただ殺して遊ぶ野良犬を残酷だという

野良犬を愛で、憐れみ、時には殺し、利用する
人間だけが都合主義で生き、自らの手で居場所を奪った生き物達を可哀想だから保護しなくてはと嘆く




亀のシーンはどうも演出が入っているようにしか見えませんでした
子犬の毒殺もよくわかりません
もげ

もげの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

アメリカとロシアが宇宙開発でしのぎを削り、どちらが一番に月に人を送れるかなどと競争していた時代。
まずは動物を宇宙に送ろう、野良犬は精神がタフだからと捕獲して訓練したのがロシア、その宇宙に行った最初の犬の名がライカであり、行ったきり戻れないまま死んだ、非人道的な実験の犠牲になったのはよく知られた話だ。
そのお宝映像を目当てに見に行ったのだが、もちろん、そんな映像はほんの少し、大部分は野良犬の暮らしのドキュメント映像。
感動できるかと思って遠方まで観に行ったが、淡々として、うっかり寝落ちする始末。

米露に実験された猿、猫、犬、亀などには非常に酷な話で、そこまで莫大な予算を使ってまで宇宙に行くよりもっと大切なことがあるのでは? と思わなくもない。
宇宙ステーションでは今も無重力空間でしか出来ない実験などが続けられているが、それが人類にどれほど役に立っているのか、と疑問に思う。

猿はノイローゼになり、犬は体のあちこちに管を繋がれ、痛々しい。
日本では狂犬病の関わりで野良犬が街を歩くことは許されていないが、ロシアでは今も野良犬が闊歩し、町の人々に受け入れられ、そのへんで寝そべったり、たまに餌をもらったり、水を貰ったりしている。

野良犬からすれば、宇宙飛行なんぞ冗談じゃないと言いたいだろう。
野良猫を掴まえて全身の骨を噛み砕く映像もあるので猫好きには注意してほしいが、猫を食べないのには驚いてしまった。
えっせっかく仕留めたのに食べないの? そりゃ肉食動物だから、あんまり美味しくはないと思うが。
食べないのに殺す、この残酷さ。
猫だって食べない虫や動物を弄んで殺すけれども、せめてはらわたくらいは食べればいいのに。
猫が哀れだった。
ロシアの野良犬には天敵はいないのか、狂犬病は心配じゃないのかが気になるところ。

淡々とし過ぎて私には合わなかったが、感銘を受けた人も多かった模様。
見る人を選ぶ映画かもしれない。

あなたにおすすめの記事