ブラック・マネーをつぶせ クリアストリーム事件の作品情報・感想・評価

「ブラック・マネーをつぶせ クリアストリーム事件」に投稿された感想・評価

yuko0925

yuko0925の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

実話なので映画としてはオチがなく、ある程度フランスの政治事情を知っとかないと置いてけぼりな感じだけど、サルコジが大統領になるために相当汚い手を使ったんだ、ということはわかった。
でも実際はサルコジを蹴落とすために当時の首相が捏造したってことになってるの?映画的には実際はそうじゃないんですよ、と仄めかしているようだけど。
このジャーナリストは今どうしてるんだろうか。
えりみ

えりみの感想・評価

3.5
放送当時、日本初放送ってんでWOWOW録画した、記憶😵
2001年に発覚したフランスのある事件を2014年に映画化した実話ネタ作品。
最近も米国の富豪が全然税金払ってない云うニュースが流れてましたがコレも一緒💰
言い方は悪いけど、
「藪をつついて蛇を出してしまった」お話😛
一応サスペンスドラマ仕立てになっていて、欧州各地でロケまで敢行!いうてるけど
まあうんフランスでは大きく報じられたかも知れんけど日本では話題になってないしね、
リリースのタイミングもね…

2人の娘ときれいな奥さんがいるおっさん、新聞記者をやめてフリージャーナリストに転身。
一発目に書いた納税回避、資金洗浄の暴露本がヒットしてウハウハ😆
二匹目のドジョウを狙っていたら、
フランスが台湾に売ったフリゲート艦に5億ドル😲のリベートがついてる疑惑を発見😆😆
この件に絡んでいる、ルクセンブルクの国際決済会社クリアストリーム社を調べ始めたら、一気に雲行きが怪しくなり😱
て流れ。
軍事機密を口実に情報開示請求を拒否出来るかー、軍需産業は動く額もデカいしええ隠れ蓑やね😏
そして小国ルクセンブルクがやっていけるのは、租税回避地やから😏
クリアストリーム社自体に問題はなくて、顧客の皆さんが😎

名誉毀損で財産は奪われ
報道の自由は阻害され
子供がいじめにあい
戦いを止めるジャーナリスト🙇
そして、この事件の後にサルコジが大統領になりましたよと🚬
siro

siroの感想・評価

2.8
フランスが台湾に売却した軍艦のお金の流れをおってみたら…というクリアストリーム事件の実話の社会派サスペンスストーリー
風来坊

風来坊の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

2001年に発覚し、フランスを騒然とさせ当時のドミニク・ド・ピルバン首相の失脚の原因ともなった"クリアストリーム"事件を描いた実話の社会派サスペンス。

この事件全く知らなかったので、事前に予習しました。
ざっくり言うと収賄用と見られる匿名口座を持つフランス政治家のリストとされる文書が発覚して波紋を広げたという事件。

何時もは映画を見る前には予習しないのですが、今回は何故か調べてしまい失敗しました。フランス司法の忖度を知っていれば観てはいなかった…。
まあどの国の司法もそんな物ですけど、ほぼうやむやの決着を観る前に知ってしまって面白さ半減…。

最初は記者としての功名心から気軽に事件をつついた記者が、その告発を潰そうとする司法と結託したような巨大企業の卑劣な妨害を中心に描いていてその横暴さは伝わって来るが、実話なので展開は地味なのでお話としての面白味は薄い。

こういう事件があったという勉強にはなりましたが、それほど胸に来るものはなくただ空虚感…。
綿密な取材の基に製作はされたとみえ、難しい犯罪を克明に描いていて実話物やドキュメンタリーが好きな方は面白く観れると思います。

まとめの一言
「どこの国も政治家と企業はずる賢い」
saskia

saskiaの感想・評価

2.8

記録


───────────────
2021/№314✧🌛
おうち映画№314

劇場映画№
犬

犬の感想・評価

3.3
不公平

パリの新聞社で働いていたドゥニは、フリーのジャーナリストとなり、タックスヘイブンやマネーロンダリングの問題を取り上げた著作を発表
続いてフランスの大手軍需産業が作ったフリゲート艦が台湾に売られた案件でうごめく大金の流れに着目し、国際決済会社“クリアストリーム”が関与していると気付く
しかし関係者の中に殺された者が複数いるなど、予想した以上に巨大な陰謀で……

難しい話でした

銀行口座

いろんな秘密
いろんな攻防が

緊迫感ある作り
見応えはありました
misoni

misoniの感想・評価

3.0
ちょっと難しかったですがここのレビューを書いてる皆さんの説明で良く分かりましたw
自分の理解力が無いだけで比較的見やすい映画だったのではないかと思います。
結局悪事を働いた人間は逃げおおせて罰せられず却って暴こうとしたジャーナリストが馬鹿を見る羽目に…。
映画みたいに悪人には必ず法の裁きが下る…という訳には現実は行かないのだという事を思い知らされる大変皮肉な映画です。
Bom

Bomの感想・評価

2.9
実話の割には大人しめなスキャンダルムービー

2021年初観作品104本目
MayumiM

MayumiMの感想・評価

3.5
要するに、銀行が大手顧客のために二重底口座deいい思いさせちゃいます♪というシステムを追求したがために足元をすくわれてしまったジャーナリストの物語、というコトだ……と思われる一作。
フリゲート艦一隻(?)とってもコレだけチョロマカすことが出来るんです!という実に判りやすい事例を引き合いに出してくれた親切はありがたいんだけど、蓋を開けたら何しろ規模が規模なので圧倒されることしかできなかった。とりあえず、金融業界の狡猾さに辟易しつつ、ドゥニの娘達の可愛らしさに癒やされてればいいんじゃないかな、と(笑)。

トコロで、最近サルコジ元大統領が2014年の汚職事件で実刑を云い渡されましたけど……もしかしたら、このままズルズルと余罪を暴かれるんじゃないか、という気がしないでもありません。
WOWOW.

国際的な巨大金融スキャンダルを1人のフランス人ジャーナリストが暴いた実話基づき再現した社会派サスペンス。
資産隠しが悪くないと思ってしまうほど国際規模がデカすぎた。本来なら自国に入る税収なんで我々庶民に回してもらいたいものだ。オサマ・ビン・ラディンも顧客に抱えていたとは驚いた。
実話系だけどスピーディーな展開だったのでそれなりに楽しめた。
>|