バグダッド・スキャンダルの作品情報・感想・評価・動画配信

「バグダッド・スキャンダル」に投稿された感想・評価

2002@ニューヨーク
前に観た気がする。
映画を観終わっても詳細がもっと知りたくて、
"石油食料交換プログラム"で調べた。
7年間で2000億円かぁ…途方もない額の汚職。
人道支援が聞いて呆れる。
しかも明るみになってもなお捜査協力に拒否とか出来るんだ…無理ゲーやん。。

7年間の間で汚職に気付いていた人って何人ぐらい居たんだろう…
でも7年かかっても"明るみにする人"が1人現れた事がデカい。ものすごくデカい。

2021/06/05Amazon Prime Video*字幕
Hi

Hiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

途中で飽きちゃったけど、テオ・ジェームズはかっこいい。

実話を基にした映画だからリアル。

最初のシーンがラストに繋がる演出はすき。
Lilly

Lillyの感想・評価

3.7
こんなことがあったなんて、うっすら記憶もない私、、、。アナン事務総長の退任が騒がれていたのはなんとなく覚えているような、、、。とにかく勉強になりました。国連って、、、大変。

テオ・ジェームズさんの新境地が観れたのも満足。美しさはもちろん健在。

2021-208
みーる

みーるの感想・評価

2.5
国連主導の救済プログラムが実は汚職まみれだった、という実話を元にしたお話。
国連事務次長の補佐となった主人公の視点から話しが進み、割と淡々と描かれてる。
信じがたいスキャンダルなので実話なのに作り物感を感じてしまって、事件の背景を知らなかったので少し飽きてしまった。
ro

roの感想・評価

3.3
24歳でいきなりあれだけ仕事が出来るのはすごすぎる。ほんと世の中怖いことがいっぱいあるんだねぇ。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実話ベース。
金金金、利権。
やるかやられるか。
自分の正義感の概念が揺らぐ、むしろひっくり返る。
だから、正義感溢れる大抵の賢い人は離脱していくのだろう。
マイケルはその上を行く正義感の持ち主だった。

正しい事をした人間は消される、実際の出来事。
国連なんて清廉潔白な人々しかいないと思っていたアホな私には少しショックだった。
所詮は人間の集まり。
起こることはどこでも同じだ。

ただ、このプロジェクトのおかげで、単純に極貧だった生活から抜け出せた人もいるんじゃなかろうか。
何が正義で何がそうじゃないのかわからない。
国連って、善良なる良い人達の集団なのだとアホな私は、そう思っていた。勿論、一部であって、殆どの人は、世界の為に働いているのだろう。それにしてもマイケル·サリバンの勇気は凄い。世界の大スキャンダルを自分の名前を公表してリークするなんて、命の危険が伴うのに驚く行動力。国連は、貴重な逸材を逃したと思う。彼なら世界の為に貢献出来ただろうに。知らなかった出来事なので、知る事が、出来て面白かった。
ジャクリーン·ビセット格好良かったなぁ。この当時、ビックリ74歳だよ。
難しい題材だけど
サスペンスとしては見やすい

現実にこんなことが起きてるなんておもしろい

ニューヨーク行った時、国連で働いてる人とマッチングして
ワンナイトしたの思い出しました
いい思い出です くさ

A24配給
国連の石油・食料交換プログラムの陰で行われていた莫大な金額の闇取引のスキャンダルを実話に基づいて描いた話。

なぜ権力を持った人間は、それを利用して更なる欲を求めるのか。。

そして、それができる人物ほど地位は約束されているという腐敗しきった構造が世界中にある。
国連のイラクでの食糧石油プログラムに関するスキャンダルを映画化。常任理事国、、どうしようもないなぁと、世界に絶望しそうになる中、戦う人もいるわけで。ただ賢くやらないと、生命すらなくなる恐怖感。不条理、理不尽に耐える力と、正義を貫く強さと、ねぇ。R3 90
>|

あなたにおすすめの記事