つむぐものの作品情報・感想・評価・動画配信

「つむぐもの」に投稿された感想・評価

homaren

homarenの感想・評価

3.2
伝えたいことはわかるのだが、強引な設定が最後まで心が動かなかった。
とてもいい題材だけに、少し残念。
和紙職人の元に介護として韓国からやってくる女性との物語。お互いに心を許さないが一緒に生活する中での交流を描いた作品で、複雑な感情を表現された役者も素晴らしい。
難しく重たい題材だが、今の日本の介護問題と職人などの跡取り問題などを取り上げて見事に纏めている。
順

順の感想・評価

3.6
福井県が舞台の映画。越前松島水族館や東尋坊など定番スポットも出てきて楽しい。
日本酒とマッコリの交流を見守りながら、越前和紙職人を演じる石倉三郎さんに深みを感じておりました。
キムコッピだー、吉岡里帆だー、なんと主演が石倉三郎さんだー。
介護現場の話。介護者の機微など上手に丁寧に描けていた。
現在の課題をよく表現している。カウンセリングや居場所、巧みな話術など介護者へのうたい文句はほとんど嘘。介護の裏側や、お金の動きをすると、なんといい加減で、酷い世界なのだと実感します。
そこに対する人と人との在り方を描いていると思いますが、どこか自己欺瞞な感じがしてしまいました。これからは個人の価値観とか、個人だとしても、自分にとって成長につながる人とつながっていくことが重要なのだなあと見終わったあと感じました。大きな組織になるほど、信用できない、信頼できません。
IGA

IGAの感想・評価

3.7
和紙をすくように、
繊細に言葉はつむげない。
同僚と同じように、
正確に言葉は伝わらない。

だけど、心と心が通じれば、
指キッスだけでも大丈夫。
介護の現状を知ることができてよかった。
マッコリと日本酒?を飲み合うシーンがすごい良かった。人間関係に国は関係ないってメッセージなのかなと。
ラストも感動するシーンあったし心あったまりました。
2020 4.13 鑑賞
頑固な和紙作り職人の剛生と韓国のイケイケ姉ちゃんのヨナのふれあいを描いた佳作じゃ、越前市に行ってみたくなった和紙❗️
シング

シングの感想・評価

3.6
ストーリーは感情の変化がわかりずらいとことあったけど、丁寧に作られた良作。
なかでも、介護のリアルと限界は自分がそれに近い仕事をしている為か涙が止まらなかったです。
それだけがテーマの作品じゃないんですけどね笑
福祉の学校での教材にして欲しい作品でした。
purply

purplyの感想・評価

3.8
あまり複雑な話ではなく、分かりやすい、頑固な職人と、素直な韓国女性との、感動のふれあいのお話です。
いいお話でした。
dblue

dblueの感想・評価

3.7
頑固親父の石倉三郎さん演じる剛生を、韓国から来たヨナちゃんが介護することになり、反発しながらも少しずつ気持ちを通わせていく物語。
頑固だけど、和紙職人で紙すきに命を賭ける剛生が、格好いい。
介護、日韓、言葉、様々な壁はあるけど、クスッと笑えるシーンもあり微笑ましい。
時々無音になる描写が丁寧だなと思う。
>|