ステージ・マザーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ステージ・マザー」に投稿された感想・評価

pokotan

pokotanの感想・評価

3.7
ゲイであることで縁を切った息子の訃報を知らせを聞いた母親が、葬式に参加するためサンフランシスコに向かったものの、ドラッグクイーンのメンツに衝撃を受けるものの、息子と向き合うために息子が経営してたゲイバーの経営を立て直す話。

若い頃に息子の姿を受け入れられず家を追い出し、会わないまま生き別れてしまった後悔を、空白の息子の時間を追い求めるようにゲイバーのメンバーに寄り添っていくメイベリンの姿が素敵だった。
それぞれのメンバーや親友と向き合うことで、亡き息子の姿を重ねて見て、どんどん活き活きとしていく。

最後の歌は、結局息子のリッキーも幼い頃に母親が歌っていた曲に影響を受けて、ドラッグクイーンになっても歌っていて、その映像とメイベリンの競演は、やっと親子が分かりあえて繋がれた気がして、ジーンと胸を打つ。

生きたいように生きれない人間もいる。
でも、きっとどこかで自分が輝けるステージがあるハズ。
それを見つけることが出来た人間は幸せだ。

とても温かい気持ちになる映画だった。
Renaaaaa

Renaaaaaの感想・評価

4.3
素敵な映画だった〜。
彼女たちの素直な気持ちがとても魅力的でした。衣装もお化粧も綺麗でした!
メイベリンの強い心がかっこよかったです!
ぐりむ

ぐりむの感想・評価

3.7
11作品目


マイインターンのベンばりにママがどんどん周りの問題を解決していくのは見てて気持ちいい
すげーご都合感あるけど


ネイサンとのわだかまりも写真見せたら秒で和解して笑った

シエナの彼氏に対してのやり取りかっこいいわ
叩いたくらいでオレを殺すと?
ちがう、女を殴る男を殺すのが私の夢の1つだからよ

チラシを断った後、コンシェルジュ長出てきた時のホテルマンの気まずそうな感じ面白い
あとコンシェルジュ長声低くてかっこいい


明るくなれる映画
ストーリーに もう少し捻りが欲しかったかな。

ステージショーのシーンは良かった。
ibike

ibikeの感想・評価

3.7
メイベリンの可愛さよ。

最後は泣いちゃったなぁ。

登場人物、みんな魅力的。
たま

たまの感想・評価

3.0
「ステージ・マザー」は、芸能界で仕事をする子供のマネージメントする人ではなく、自らステージに立って歌う母親の話でした。

音信不通だった息子の訃報が届き、単身サンフランシスコに向かった母親が、ドラァグクイーン達のバーを再建するために活躍するという物語。

ごくごく普通のおばさんが主人公なのがいい。

家父長制が根強い、保守的なテキサスで生きてきたメイベリンには、多様性の象徴のようなサンフランシスコを知ってしまったら、もう元には戻れない。
水を得た魚となったメイベリン。

息子の恋人や親友女性と関係を深めて、自分自身が自立していく。
薬物依存、DV の問題も盛り込まれています。

そういえば昔、歌舞伎町や渋谷ででドラァグクイーンのショーを見たことあったっけ。とびきり明るくて笑わせてもらったなと、懐かしみながらの鑑賞でした。
息子が遺したもの・人と触れ合うことで、はじめて本当の息子に向き合っていく母親の様子が前向きに描かれている。最初はその存在を疎ましく感じていたゲイバーで働く面々が、励まされたり勇気づけられたり少しずつ変わっていく様子もまた面白い。彼は自らの死を最大の贈り物とし、愛する人たちへ人生を見直すきっかけを与えたのかもしれない。暗さと明るさの絶妙なバランスの上に成り立つ素敵な作品。曲もとても良い。
優しいドラマ  

主人公の女優さんが実際に結構な年齢なのに可愛くていざとなると強いという母親役でとても素晴らしい
shuwa

shuwaの感想・評価

3.5
ポジティブ全開マザーが、亡き息子の残したゲイバー再起に奮闘する話。

アップダウンの少ない映画。予想してたよりも、内容が多いけど、厚みが薄く感じた。

そもそも、母と息子の関係の過去が、ネイサンから語られるだけで、実際のところそんなに確執があったのか?と少し疑問。母とネイサンの距離縮まるの早くないか?!あれだけ嫌ってたのに秒で仲良くなるし笑

守れなかった息子を重ね、ジョアンを守ろうとする姿は素敵。同じ悲劇を繰り返えさないように。マザーが息子にやり残したことを伝える旅のように思える。「愛せるうちに愛しなさい」と言ってるように感じた。
心温まるヒューマン映画

疎遠になっていた息子の訃報がとある夫婦の元に届く。
母親は息子の葬儀に出るためサンフランシスコに出向くが、そこで知ったのは自分が知らない息子の姿。
息子をもっと知るためにサンフランシスコに留まり、息子が経営していたバーを復活させるため息子の友人や同業者たちの心を開いていく。


ちょっとしたコメディ要素も含みつつ、家族愛や友情、人と人とのつながりについて描かれていてとても元気になる映画!
>|

あなたにおすすめの記事