北西騎馬警官隊の作品情報・感想・評価

「北西騎馬警官隊」に投稿された感想・評価

複雑に絡んだ人物関係をテキパキ捌くデミル。
英国騎馬隊、混血民族、原住民、無法者の武器商人、テキサスから来たクーパーと入り組んだ組織図に、看護婦やら無法者の娘とのラブロマンスがあってかなり複雑だってのに、スゴいぞデミル。

画としてはコレと言って山場があるわけでもないが、この人物裁きとじっくり安定した演出できっちり見応えのある作品になってるのも良い。
ガトリングを引き摺って馬ごと崖から転がり落ちるクーパーなんてのはギョッとするシーンだ。
終盤の優しい嘘にはホロリとさせられる。