カポネの作品情報・感想・評価・動画配信

「カポネ」に投稿された感想・評価


いったい何を見せられてるのか自問自答したくなるカオスな世界。 梅毒により精神崩壊していくカポネ、とにかく淡々と壊れていく姿を見せつけられ時間は苦痛を通り越したバッドトリップ。トム・ハーディの強烈メイクと超絶演技が脳裏に焼き付くけど、結局何を見せたかったか悩ましい珍品。
913

913の感想・評価

3.5
「権力者の末路」

トムハーディ主演で、あの大悪党アルカポネの晩年を描く。アルカポネっていう人は「アンタッチャブル」とかでなんとなく悪い奴ってことは知ってたけどちゃんと家族や孫たちがいて優しくしてたり意外な一面もあったんだね。そんな人が病気でおかしくなってしまうところを見たらどんな強くて威張ってる人も病気には勝てないのか、見てて悲しくなってきた。

ちなみにトムハーディの吹き替えは珍しく堀内賢雄さん。
マフィアのカッコいい
トムハーディを想像してたが
期待はずれやった!

マフィアの
カッコいい部分は
全くなく

落ちぶれたボケた
ボスの生活をただただ
描写しただけ。

ただ期待以外の部分では
良作なのかなと…
Tommy

Tommyの感想・評価

2.8
ギャングの帝王の意外な最期。梅毒と幽閉生活,認知症で精神を病み現実と幻想を彷徨う愚かで哀れな姿。消える記憶と消えず騒ぎ出すギャングの血。まるで人間性が失われていく彼に取り憑いているかのようだった。メイクや鬼気迫るT.ハーディ劇場は凄いが結局何が言いたいのか分からず不完全燃焼
アル・カポネなんてどーだっていいくらいT.ハーディのウマさを観る映画🎬

なぜに晩年のアル・カポネ❓

。。。と思いましたが🥕🥕🥕

アル・カポネ全盛期のカッコいいトムハをもちろん観たいけど、やはりここまで演技派だとそこには興味ないんだろうな…


、、ということは、、本物のカポネも超演技派だったのでは、、、笑
正直クソつまらない
実話だから仕方ないけど退屈すぎ

ただトムハーディの演技はすごい
名を馳せたギャングが衰えていく様子は無様を超えてもうかわいそうになってくる

私がアル・カポネという人物に「スカーフェイス」くらいでしか触れてこなかったのでそれもあるかな
多くを語らないギャングものからギャング要素を奪っちゃったから何も残らない。目ヂカラだけで100分。
どーせ、トム・ハーディで行くんやったら、もっとイケイケの頃でよかったんじゃないでしょうか❓

テーマは面白い。日本映画みたい。でもちゃんとエンタメするなら、もうひとエッセンスいるな!
decap

decapの感想・評価

3.0
アル・カポネの知られざる晩年を描いた小品。
かつての権力者としてだけでなく人としての尊厳が失われ、生活苦にうめき、自らを形作るあらゆるものが曖昧となってしまう。それでも往年の帝王としてのふるまいを止めないことが痛々しく、その愚かさを許さない視点がひたすらに続く。
痴呆が進行しているが故の、現実と空想がないまぜになった世界をそのまま映し出すつくりは面白くもありつつ、その漠然とした恐怖や後悔は凄まじい。
思い返せばジョシュ・トランク監督は、いつも強大な力を持つ者の責任と罪を描き続ける。
その中の微かな救いと、恐らくスピルバーグをリスペクトしたシーンも良かった。
ジョシュ・トランクにこそまたSF大作を撮って欲しい、、、
おやす

おやすの感想・評価

3.0
48歳って😅ジャケ買ならぬ、題名買😅してみたもののまあ事実から乖離しないようにすればあまり派手なものにはならないよね😅全体的に現実と妄想の境目が分からず、物語の着地点もわからないまま🤣ここにも介護の大変さが表現されていた😭ゲロとグロ多めで新しい視点を観たい人にはお勧め(いや、違う)😂
>|