アスファルト・ジャングルの作品情報・感想・評価

「アスファルト・ジャングル」に投稿された感想・評価

ケイパー・ムービーの元祖。監督はワーナーを辞めたばかりのジョン・ヒューストンで、華々しいイメージのMGMスタジオで作られたとは思えない硬派でいぶし銀の作品である。

同じスターリング・ヘイドン主演の犯罪映画『現金に体を張れ』と立て続けに観ると余計に面白い。よっぽど馬に縁のある人なんだなぁ。

今回は宝石強盗のおはなし。

強盗をやってはその金を競馬につぎ込むヘイドン演じるヤクザが街をさ迷っているところから物語ははじまる。

折しも伝説のギャングで通称"ドク"と呼ばれる老人が出所直後に行方をくらまし、所轄管内は厳戒体制が敷かれていた。

この老ギャングをサム・ジャフェが演じている。痩せて小柄なお爺さんで全然コワモテではないのだがこれが却ってリアルさがある。

彼が出所前に計画した犯罪を実行するため、軍資金を調達しようと街の有力者で悪徳弁護士のルイス・カルハーンに接触する。

気前よく資金を提供すると答えたカルハーンだったが彼にはある企みがあった。

薄々怪しいと感じながらもサム・ジャフェは、用心棒としてヘイドンを、運転手としてジェームズ・ホイットモアを、そして金庫破りの名人を雇って宝石強盗を決行するのだった。

その後のケイパー映画同様、本作も用意周到に計画された犯罪(とは言っても後続の作品と比べると地味さは拭えないが)が思わぬところからボロが出てしまう。

サム・ジャフェもカルハーンもいいお歳にも関わらず女性にお盛んでそれが仇になるのだが、この辺りの人物造形が『鬼平犯科帳』の老盗賊にありそうな雰囲気。

そしてこの男臭い映画に華を添えてくれるのがヘイドンの恋人役のジーン・ヘイゲンとカルハーンの情婦役でまだ若手だったマリリン・モンロー。

ジーン・ヘイゲンはご存知『雨に唄えば』のキンキン声のリナ役を演じたあの人。本作も泣きながら付け睫を外すシーンなど藝の細かいところを見せてくれる。

一方、モンローの方は初々しく、何か一生懸命頑張って演じているという感じがする。

終盤、コミッショナー役のジョン・マッキンタイアが警察の必要性について記者団に対して熱弁する。この辺りの教訓めいた展開が社会派ドラマっぽい。

■映画 DATA==========================
監督:ジョン・ヒューストン
脚本:ベン・マドウ/ジョン・ヒューストン
製作:アーサー・ホーンブロウ・ジュニア
音楽:ミクロス・ローザ
撮影:ハロルド・ロッソン
公開:1950年5月23日(米)/1954年3月11日(日)
アスファルトのジャングルを闊歩する猛獣たち。

物語はそんな密林の奥深くから始まります。猛獣たちが暗躍し、およそ完璧とは程遠い完璧な計画を企てる。もう最初から暗雲立ち込めるもんだからどうなってしまうのか予測できません。

やがて不安を拭えぬままに、ついに裏切りの夜が訪れる…

みんな口を滑らせていくのが面白かった

どんな男にもプライドってあるよね

女心が伝わらないディックスがもどかしくて

マリリンモンローが際立ってたなぁ

観ていくうちに主役の三人に情が沸いてくる不思議。時折垣間見せるそれぞれの弱さが人間くささを醸し出すんだろうなぁきっと。

綿密な計画には予期せぬアクシデントがつきもので、なんかもう観ちゃいられなくなるほどの展開になっていきます。男の美学も織り混ぜつつも、それが結局何だって言うと、やってることが強盗だからなぁ。なかなか味のあるドイツ人役を演じたサム・ジャッフェが魅力ありましたね。

それにしても当時24歳だったマリリンモンローが若い。若くて可愛い愛人役なんだけど、このキャラクターがなんとも言えないくらいに能天気。金髪女は…って言いますが、この映画の中で一人だけ異質でした。華はある。うん。
こういう単純でカッコいいギャング(?)映画が俺は好きだから…好きだから…。
cinemaQ

cinemaQの感想・評価

4.0
何一つ華麗じゃないオーシャンズ。
だけどオーシャンズよりずっと面白い。
しのP

しのPの感想・評価

5.0
出所した老練の強盗おじいちゃんが運転手、金庫破り、ボディガード3人の男たちを雇い最後の大仕事やったるぜというお話。それぞれのキャラクターがやたら人間臭くて最高です。
SHO

SHOの感想・評価

-
犯罪とは「人間の努力が裏側に現れたものにすぎない」!
そのセリフに全てが詰まっているように思います。
フランスのジャン=ピエール・メルヴィル監督が大絶賛した作品。後の『賭博師ボブ』や『男の争い』など大量生産されるフレンチ・ノワールの原点とも言える一貫して寡黙な犯罪映画。原作はW.R.バーネット。

単細胞なギャング映画にありがちな展開やアクションを全否定し何やら映像面での様式美やら破滅の美学やらを取り入れた点がこの時代には斬新だったのかも知れない。ある意味アキ・カウリスマキの諸作品にも通じるニヒリズムや敗北主義が感じられる。

主役の二人スターリング・ヘイドンとサム・ジャッフェの「堕ちた男」っぷりが強烈で計画犯罪に失敗しずぶずぶと破滅へと向かっていく様はブラックユーモア的ですらある。ギャングの親玉ルイス・カルハーンも同様。はっきり言って愚劣の極みみたいな男達なのだ。

それに比べるとヒロイン役のジーン・ヘイゲンや無名時代のマリリン・モンローの方が遥かに強かで生命力がある。男女でここまで落差があるのも凄い。

挫折、敗北、破滅、死。このようなピカレスクロマン的要素が渾然一体となり「最後まで救いようのない」負の塊のような犯罪映画が生まれた。夢いっぱいで煌びやかな映画を志向するMGMがこんな悲惨な内容のフィルムノワールを作ること自体ギャグみたいだが、そこはジョン・ヒューストン監督なのでご愛嬌。不器用な男の生き方を見守るようにして観るのが最適。

またラストの突き放し方もお見事。まるで主人公が棄てられたゴミのように描かれている…😓
複数の犯罪プロフェッショナルたちが宝石店強奪を企て成功するも、思わぬミスや仲間割れから夢がついえていく犯罪活劇。

ハリウッドの巨匠の作品だけあって、それぞれの人物像も細やかに描かれているが、フィルム・ノワールとしては全体的に間延びしたり、なんとなくゆったりした印象の強い作品でした。マリリン・モンローが悪徳弁護士の愛人の端役で出演している。
あ

あの感想・評価

4.0
オーシャンズシリーズとかユージュアルサスペクツみたいな、数人の犯罪者が手を組んで各々の能力を活かしながら一つの目的を成し遂げる的な映画はやっぱ面白い。その中での思惑や裏切り、メンバーそれぞれが色んな形で終わりを迎えるのも良い、グッとくる名言も多々。まだセクシーごり押しじゃない頃のモンローがかわいすぎる。
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.9
オープニングから、ワクワクさせられてしまう。
気の利いた台詞や構図、映画の格好良さが詰まってた。
ラストのジュークボックスのシーンが最高すぎたし、モンローのイェイ!にキュンときちゃう。
約70年前だなんて信じられない!
>|