私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスターの作品情報・感想・評価・動画配信

私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター2022年製作の映画)

Frere et soeur/Brother and Sister

上映日:2023年09月15日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

配給:

3.5

あらすじ

『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』に投稿された感想・評価

シネマ

シネマの感想・評価

3.5

2022年 フランス映画

舞台女優の姉と詩人の弟。
憎み合う2人が両親の交通事故をきっかけに顔を合わせることになり…。

☟感想☟

会話が多くてフランス映画という感じだったけど、不思議と退屈せず…

>>続きを読む

マリオン・コティヤールメルヴィル・プポーが憎み合う姉弟を演じる愛憎劇。
監督はアルノー・デプレシャン。
原題:(仏)Frere et soeur
(2022、110分)

著名な舞台女優の姉アリスと…

>>続きを読む
辰巳

辰巳の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

デプレシャン監督らしい深みを感じさせる映画でとても良かった。

いつから何故憎しみが生まれたのかははっきりとはせず、どうして憎んでしまうのかに焦点があてられていて、その憎しみの結果を見せ付けられる。…

>>続きを読む
muscle

muscleの感想・評価

-
手紙を省略のためにガンガン使ってて、手紙による場面転換と取りこぼしのような大胆すぎる省略が、デプレシャンなのだと…。
これ以上近づいたら、、という愛憎のテンションが無いジャンルだけど「姉弟百合」。
たまご

たまごの感想・評価

3.9

こういう出来事で確執が生まれました、という分かりやすい経緯が全く無い所が逆に家族らしいと思った。
何を見せられてるんだと思わなくはないが、長い時の中で、はっきりとは言えないが釦の掛け違いが起こってし…

>>続きを読む
Omizu

Omizuの感想・評価

3.2

【第75回カンヌ映画祭 コンペティション部門出品】
『クリスマス・ストーリー』アルノー・デプレシャン監督作品。カンヌ映画祭コンペに出品された作品。

デプレシャンはなんとなく観てしまうけどそんなに好…

>>続きを読む
C

Cの感想・評価

4.0

相変わらず、画も編集もプロットもカオス。唯一感情の波の満ち引きにだけ忠実。
デプレシャンのこのテンションは、家族間の愛憎を描くにはいつもすごく適切に感じる。

作品のテーマを啓示的なセリフで言い表し…

>>続きを読む
まめ

まめの感想・評価

3.3
私には難しかったです。

前半はすごく好きでテンポ感も良かったんですが、終盤からテンポが良すぎて「??」っと思うシーンがありました。

一言
「喧嘩ってダメだね!」
舞帝

舞帝の感想・評価

3.9

長年にわたる確執を抱えた姉弟が、とある出来事を切欠に関係を修復していく物語。

兄弟というのは不思議な関係だ。幼い頃は一番身近な友人であり、そして他人でもある。生まれながらにヒエラルキーが歴然と存在…

>>続きを読む
CharlieZG

CharlieZGの感想・評価

3.5

仲違い姉弟の愛情物語。

喧嘩するほど仲が良いとよく言うように愛情と憎悪は表裏一体。特に家族であれば遠慮の欠片もなく思いっきり罵倒することも出来るだろう。

理由は分からないが長らく諍い合う姉と弟は…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事