ダイアリー・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

ひっと

ひっとの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりの映画鑑賞\(ϋ)/
まあまぁ面白かったけども、、
ラストー!
てかちゃんと襲われてる友達いたら助けるべき!!!笑しかもこいびとの家族ゾンビになってて仕留められて落ち込んでるのにカメラ回すなよ。。

しかも最後死ぬし(^^;

映画っていうか、真実の映像を残す使命に感じた主人公の話ですね(^^;

んー。おしいな。↔何様ですみません笑

最後もっとどうなるか気になる✨✨
「ロメロだよ!そんくらい見とけ!」


はい。ようやく観ました!


面白かったです!
フェイクドキュメンタリーの中で劇映画的ケレン味のある展開にワクワク!

教授のキャラが立ちまくってていいなぁ〜と思ってたら中盤のサミュエルじいさんに爆笑させられました。強すぎ!


意地でも本件を記録し続ける主人公の志はいいんだけど、友達が重い荷物運んでたり、ゾンビに襲われそうになったら助けなよ。
nico

nicoの感想・評価

-

ゾンビ系。
学生たちが自主制作映画みたいなの撮ってるやつ。
ゆりえ

ゆりえの感想・評価

4.0
ゾンビはそんなに怖くない
ちょっと社会派
報道する人、見る人と当事者の対比について考えさせられる
卒業制作で山奥にホラー映画を撮影しに来ていた大学生一行。そんな時にラジオから衝撃のニュースが流れる。死んだはずの人間が生き返り人を襲ったのだという。不安に駆られた一行は親や恋人の元へ安否を確かめに車を走らせるって話

ジャケ写が古臭くてつまらなそうなB級感強くて勿体無い。まあ実際そこまで面白いわけではないんだけども。なんというか凄く淡白なゾンビ映画でした。POVが悪いのか、イマイチ盛り上がりに欠ける。ストーリーは悪くないんですけどね(サバイバルotDと繋がりあったり!)。そもそも個人的に最近のロメロの映画がそこまで好きではないので合わないだけかもしれません。けどゾンビ見れたので満足です。

(ジャケ写のビデオカメラとゾンビの大軍は出てこないじゃんジャケ写詐欺じゃん!)
songcho

songchoの感想・評価

3.8
ロメロ復活!
って見に行ったが佳作だった
この頃は風刺もネットが広まってメッセージ性は少なかった
🇺🇸ペンシルバニア州のピッツバーグ市

大学の映画研究会の山での撮影中にラジオから流れる📻ニュース。

それは街で死体が生き返ると言う内容だった!

撮影の最中、研究会の仲間もゾンビ🧟‍♂️に襲われる事に!

そのまま惨劇を撮影しながら、生き残りを賭けて戦う。

◉72E点。

この当初ロメロさん最新作。
スプラッター描写は少なくハンディーカムの映像から見せる恐怖描写は良かった。

しかし夜のシーンがほとんどで真っ暗の中イマイチ伝わらない部分も多かった。

あとやや安っぽ〜い作りで手作り感満載でした。
Yokoyama

Yokoyamaの感想・評価

3.2
大学で映画の勉強してる学生がゾンビの世界になって
それを映像として残す為にずっとカメラをまわしてる
それを見る映画

まあゾンビってだけでちょっと面白い

ただもうホラーお腹いっぱいや
偏って食べ過ぎた
偏食
社会風刺がメイン過ぎて、マイケル・ムーアかと…。ロメロらしいと言えばそうなんでしょうが。
いく

いくの感想・評価

3.1
POVの好き嫌いによって好みが分かれそう

ストーリーの流れとしてはよくある感じで主人公たちは舞台を変えてアホをやる

撮影者はなにもせずに撮るだけっていうのが一つ見所
こいつの最後がどうなるかに注目すべし
>|