フェア・ゲームの作品情報・感想・評価・動画配信

「フェア・ゲーム」に投稿された感想・評価

Thomas

Thomasの感想・評価

3.2
シンディ・クロフォードが観れるほぼ唯一の長編映画。
艶やかなシンディ・クロフォードが眩し過ぎるし、全盛期のウィリアム・ボールドウィンの無双っぷりも凄い。
逃走中の極限状態のなか貨物列車の車中で致し始めたり、ストーリーはツッコミどころが多すぎる。
シンディ・クロフォードって映画はあまり出てないんだね。
プール付きの大豪邸に住む役じゃないとでないわ!とか言ったのかねぇ。。
とりま脚長っ!!!!!

主人公強すぎるわ!と思ったらあっさりとか。。

作り王道だから途中よそ見してても大丈夫。
てつや

てつやの感想・評価

3.5
序盤の爆破で吹っ飛ぶ女の体勢がめっちゃ大胆
基本アクションはあまり良質とは言えないけど
監督の熱みたいなものは込もってるように思う
脇役でサルマハエック出てたのは新鮮だったし
シンディクロフォードのベタすぎるエロ攻撃に
ハマっちゃうパソコン店員も良いキャラしてた
あなたのジョイスティックがどうだのとかさ笑
キスしてもらってホクホクしてんじゃねーよ笑
主役のウィリアム・ボールドウィンよりも、ヒロイン役のシンディー・クロフォードばかりに目が向いてしまう。
当時はバリバリの超人気モデルだった。確かに綺麗で艶があります。
危険と遭遇しながらも表情ひとつ変えず飄々としている女弁護士役のシンディ・クロフォードに少し違和感を感じた作品である。
しかし、内容的に云々というより「スーパーモデル、シンディ・クロフォードに始まりシンディ・クロフォードで終わる」といった感じである。
彼女を観るだけで一見の価値あり、といったところか。以上。
こりゃひどい。
モデル&モデルが主演なのでそれっぽい魅せポーズのわけわからんシーンがちょいちょいある。
シャワーシーンもそれぞれある。
パソコン屋にやたらクネクネして入ってきて、ソフトウェアかハードウェアか訊かれて硬い方とか言う。
熱センサーとか謎ガジェットもひどい。
2人のシーンの音楽もやたら甘い。
車ぶっかっただけで大爆発。
いい感じで敵から逃げ切れたところで急に一緒に逃げてた警官から逃げ出して追いつかれてぶん殴ってからいきなりキスしてセックスおっぱじめようとしてて、もう訳がわからないよ。笑
そんなことしてるから敵に捕まる。
ツッコミながら観ないとやってられない映画。
そしてこんな2人のせいで殺された人たちが浮かばれないと思うとただただ辛い。
通りすがりに見かけた毒親にビンタするのもいきなりすぎる。シンディ・クロフォードにつくった好感度上げのための無理やりの見せ場のためってかんじ。
相手役の人アレックボールドウィンの弟なのか。
90年代のお金持ちのセリフによく登場してたドナルド・トランプここでも登場。笑
「どいてくれーピザが冷えちまう」「お前も冷えな」
日本語吹き替えで。
(2020/08/28 午後ロー録画で)
shin

shinの感想・評価

2.5
ノー天気な活劇
レビューにつられましたが
まあ B級の2番手
Juliet

Julietの感想・評価

5.0
ふたりとも、かっこよかった❗️❤️❤️❤️

マイアミ行きましたよ、当時。
大好きな映画
2020/05/28

突如、命を狙われた美人弁護士。担当した訴訟が原因と推測した護衛の刑事だったが、次々に居場所を特定され襲撃される。なぜ命を狙われるのか?謎の敵に立ち向かえ!


やり手の女性弁護士ケイト(シンディ・クロフォード)は、ジョギング中、突然何者かに狙撃される。そんな彼女の事情聴取をすることになったのは、ガールフレンドに部屋を追い出されたツイていない刑事のマックス(ウィリアム・ボールドウィン)。ケイトはキューバ人の離婚裁判で妻側の弁護をしていて、財産の1つである船の所有権を争っているのだという。しかし、やり手弁護士と熱血刑事では話が噛み合うはずもなく、お互い皮肉を言い合い別れる。調書のサインを貰い忘れたことに気づいたマックスは、その夜ケイトの家へ向かう。マックスが家の前の運河の対岸に車を停めた瞬間、ケイトの家が爆発炎上。ベランダに出ていたケイトは爆風で運河に飛ばされるが、奇跡的に無傷だった。ケイトの命が何者かに狙われていることを確信した警察は、彼女を隠れ家で保護する。しかし、その隠れ家もどういう訳か突き止められ襲撃される。なんとか逃げ延び、今度はFBIに助けられるも、現れたのは偽者の捜査官。正体不明の敵に狙われ、ただ逃げることしかできない2人。信じられるのはお互いのことだけ。2人の居所を突き止め、次々と迫り来る追っ手。果たして2人は生き延びることができるのか?


街の中で撃たれる。


元恋人が早く家の荷物を持っていけと。それに、場所をわきまえてくれと。
そんな話をしていると、銃を取られそうなことに気付く。

今度はあいつを撃って!

からの、事情聴取。
電話は鳴るわ、FAXは届くわ。

車の荷台に荷物を乗せてきて、道路にばらまいてバットで叩いて...クレイジーだな。

サインもらうの忘れてた。

〝この仕事はトイレと同じ。ペーパーワーク無しじゃことが終わらん。〟

テレビをつけたら爆発!
爆風で水の中に落ちた。

敵、すっごいキーボード。

人生が吹っ飛んだ気分。地獄のホテル?

セムテックス=プラスチック爆弾

クレジットカード使って居場所がバレる。

ドミノ・ピザなら割引するぞ。
ドミノ・ピザなら死なずにすむわよ。

一緒に逃げる。

金曜の夜にいたところで待ち合わせ。
ピザ屋に続き、FBIも偽者。


KGB

電話をかけ直してメッセージを。

ブタのトラックに携帯電話を入れて、それを追いかけさせる。

アダム。
ジョイスティックは気持ちいい棒ね。

ハードウェアかソフトウェアか。
固いのがいい。あなたのを試してみてもいい?

ありがとう、アダムあなたって最高。
口にちゅー。

お店が襲われる。
からの、鑑識の女の人の所へ。

マニュアルの車で逃げる!

列車に乗り換えて逃げる。
ぶっ叩いてたのに、キスし始めて、らぶらぶ。
その最中に熱センサーで見つかる。

ケイトは捕まって、マックスも殺されそうになる。
が、殺しに来た奴らに変装して、船に潜り込む。

無事救出するが、爆弾が起動。
ふたりはギリッギリで海に飛び込む。

最後の最後まで送金の通過の選択をする大馬鹿者。笑


もう大丈夫、終わったんだ。

まだよ刑事さん。依頼人の船を沈めたわ、今度はあなたを告訴しなくちゃ。

踏んだり蹴ったりだ。

どうしたら見逃してくれる?


キスして帰る。
Tomo

Tomoの感想・評価

3.1
シンディ・クロフォード
を堪能する映画😆
主人公はバックドラフトのヘタレな弟が演じてます。
今作品刑では、やり手の刑事。
弁護士であるシンディがロシアのマフィアから狙われる。のを全力で助ける。

ストーリーは見所があまりなく
敵も見方もおバカさん。
シンディ・クロフォードを見たい方は是非!
最後はベッタベタな恋台詞。
古きよきB級映画でした。
>|