奇人たちの晩餐会の作品情報・感想・評価

「奇人たちの晩餐会」に投稿された感想・評価

みきお

みきおの感想・評価

4.0
バカを集めて晩餐会を開こうっていう話
バカすぎて面白かった
現実的に考えるとADHDかなんかの気がする
笑って、泣けて。また笑う。
エンタメを凝縮したような怪作。
フランスと日本って笑いのセンスが似てるのかな?と思えます。
晶

晶の感想・評価

3.3
間が抜けてるだけでぜんぜん悪気ないしいつも一生懸命やし、ただ不器用なだけのほんまいい人やねんで!悪趣味やな!言うといたったでおっちゃん
のすけ

のすけの感想・評価

2.8
バカをバカにする晩餐会。
中身を知らされずに招待されたピニョンが大奮闘。
ほぼ部屋の中で完結するので、舞台か昔のアメリカのコメディホームドラマのような感覚で観ていた。
面白いか?と言われれば、そうでもないかなという感想…
フランス語の先生に勧められての鑑賞。
クスッとする笑いばかりで、🤣🤣を期待すべきではない。
だれにでも不幸は訪れるってことはわかった。
murafish

murafishの感想・評価

4.0
98年仏映画『奇人たちの晩餐会』

……かなりレベルの高いコメディ映画です。本当に、笑える。

見始めは、人を『奇人』と呼んで小馬鹿にすることに少し抵抗を感じるけど、最後はスカッと笑える!
uka

ukaの感想・評価

3.5
「バカを招待して見ものにする」というちょっと悪趣味な晩餐会の物語。今まではバカを笑う立場だった主人公が、バカに同情されるほど災難続きなのが面白い

難しいことは考えず、愉快な掛け合いを見てただただ楽しむ時間を過ごした
正真正銘の喜劇、全世界に愛される作品!
n

nの感想・評価

4.0
よくできたフランス版よしもと新喜劇という感じでよかった。マッチでエッフェル塔作れるとか今ならSNSでウケそうだけど…笑
バカをバカにするバカがバカを見て自分もバカだと思うが結局バカはバカでしかないので踊るバカに見るバカの人類結局皆バカなのではないかというバカ話。(今11回くらい言ったかな?(バカ

フランスの刺激たっぷりなジョークが痛くて気持ちいい。痛快。
mamipigu

mamipiguの感想・評価

3.5
『バカを呼んで晩餐会をする』というなんとも悪趣味な会をやるという設定から、『晩餐会』自体を話の軸として見せないってのが良かった。
ピニョンのダメっぷりにイライラしたけど、ラストからエンディングに向けての流れはサイコーー!!

バカを笑う者がバカなのだ!!!
>|

あなたにおすすめの記事