リオ・ブラボーの作品情報・感想・評価・動画配信

『リオ・ブラボー』に投稿された感想・評価

ろ

ろの感想・評価

5.0


「銃は練習の成果、素面はあんたの弟のせいで練習中だよ」

加勢しようとした親友は夜道で撃たれ、保安官のチャンスとデュードは犯人が逃げ込んだ酒場に乗り込む。
居合わせたガンマンたちは酒浸りのデュード…

>>続きを読む
ひでP

ひでPの感想・評価

4.0

2024年07月12日BS101NHKBS。

西部劇の名作。

監督、ハワード・ホークス。
「赤い河」のジョン・ウェインを主役に選び、多くの古いスタッフを集めて作られた。
ホークス監督言うところの…

>>続きを読む

NHKBSでやっててふいに途中から鑑賞。
・・なので【映画史上五本の指に入る】超絶傑作オープニングシークエンスは見損なってしまった。

西部劇ってクロサワ映画と一緒で、時間を置いて触れると自分の中で…

>>続きを読む
DaichiK

DaichiKの感想・評価

4.2
“My rifle, my pony, and me” を歌う場面は、映画史に残る名シーンだと思う。
SN

SNの感想・評価

4.1

タンブルウィードの左から右への動きが、異なる人物の空間を繋ぐように
ラスト、ストッキングが上から下への投げ捨てがと異なる空間をつなぎ
更には別空間で聞いてないはずのジョークが牢屋とホテルをも繋いでし…

>>続きを読む

保安官のチャンスが、悪名高いならず者のジョーを逮捕した。ジョーの兄で街の権力者であるネイサンは、弟を助ける為にガンマンを街へ送り込む。対抗できるのはチャンスと、酒に溺れて何も出来なくなったガンマン・…

>>続きを読む
cyph

cyphの感想・評価

3.8

『瞳をとじて』見て以来見ねば見ねばと思ってた 赤い河と打って変わってオープンセットの町の中をウロウロするばかりのほのぼの西部劇でチューニングがしばらく合わなかったけど、この空気感を楽しめばいいのかと…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

私の注目している70年代の監督がみな、ハワードホークスの弟子みたいなものだったということを知って、ああハワードホークスを観ねばという思いに駆られていたところ、こちらが映画館でかかるという知らせが。見…

>>続きを読む
全体的に冗長さは否めないが最終決戦でも交わされる小気味良いギャグは悪くない。4人でお歌歌うシーンもいい。尻に敷かれるジョンTもかわいい。でもアキンボ設定はどこへ???あと日本語訳もうちょい頑張れ
橋本

橋本の感想・評価

2.0
長い。その割に単調。ジョン・ウェインが非米活動委員会の手先になっていたので★2とさせていただきます。

あなたにおすすめの記事