エル・ドラドの作品情報・感想・評価・動画配信

「エル・ドラド」に投稿された感想・評価

おかだ

おかだの感想・評価

4.4
迎え撃ち系西部劇の傑作、というかリオブラボー。


西部劇特集5作目

もはや前置き不要のハワードホークス×ジョンウェイン。
ちなみに明日はお久しぶりジョンフォード監督を予定しています。ええ、またです。
しかし主演がヘンリーフォンダ。ようやくジョンウェイン輪廻を抜けるね。泣けるで。


さて、エルドラド。
とある街で繰り広げられる水道利権を巡るイザコザ。
そこに巻き込まれた主人公一派vs成金牧場主率いる腕利きガンマン達による、いわゆる迎撃系西部劇。
いわゆるのかどうかは知らんけど。

あと関係ないけど、水道利権を巡る争いってワクワクする。
「チャイナタウン」を思い出させるからかな、いずれにしてもいつの世も人にとって水は欠かせない資源なんですね。

話を戻して、まずは主人公一派の内訳を。
率いるはお馴染み、古き良きジョンウェインで、そのほか見込みある青年ミシシッピくん、酒浸りの元早撃ち保安官に、コメディリリーフ枠おじいさん。

最近どっかで書いたなこの文章。

これ、あれやな。
リオ・ブラボー。約リオ・ブラボー。

自分でも相当気に入ってしまったのか、ハワードホークス。


中盤の刺客を追っての酒屋の一幕なんかは完全にセルフトレースしとる。まあ、何回観ても面白いから観るけど。

そもそも悪役収監からの防衛戦というプロットもそのまんまやないか。
いや、面白いから観るけど。

そして人質交換と最終決戦からの大団円と、まあ、これリオ・ブラボー。

まあ結局ちゃんと面白いし、比べてアクションがちょっと変化してたりとしっかり楽しめる傑作でした。


ただやっぱり、ここまでリオ・ブラボーやるなら銃の投げ渡しアクションみたかったな
Seiji

Seijiの感想・評価

4.3
ジョンウェインの西部劇としてはかなりハイレベルな印象を受けました。ロバートミッチャムとの掛け合いも息が合っていました。ジェームスカーンが若い!!馬で後ずさるシーンは必見です。
maco

macoの感想・評価

-
個性的な仲間たちの活躍が楽しい西部劇。彼らが大変なときにも冗談をかわしあってくれるので、明るい気分で楽しめる。
ハワード・ホークス監督による娯楽西部劇。
前作『リオ・ブラボー』と骨子がよく似て古典的かつ典型的ではあるが、一筋縄ではいかない展開が面白い。

ジョン・ウェインとロバート・ミッチェルという年輪を重ねたスターたちがみせる、傷だらけの男たちの格好悪い魅力。
atsuki

atsukiの感想・評価

4.0
石鹸を持ってくる女たちにチンコを見られたくないロバート・ミッチャムが可愛い。酔い覚ましのレシピ(トウガラシ、強力マスタード、下剤、虫くだし、ハズ油、火薬)は酷いけど、それくらい酒には気をつけたほうがいいということ。『リオ・ブラボー』には達しないけど、だいたいぜんぶ同じ話なのに、これだけ幸せなのはホークス的セルフリメイクのすごさ。
-----------------
自分用記録
①27-1  字幕
ゆき

ゆきの感想・評価

3.4
JウェインとRミッチャム。豪華な2人の後ろに馬!西部劇。

この時代にしては映像キレイ。
エルドラドの土地でのゴタゴタと、友情、強い女に人間模様。
どっしりした2人に、若造がいるっていう王道の関係。
シズヲ

シズヲの感想・評価

3.7
後遺症持ちのガンマン、酒浸りの保安官、射撃下手の青二才!どうにも頼り無さげなメンバーwithラッパ吹きのおっちゃんが軽口を叩き合い、プロフェッショナルとしてやるべきことをこなしていく痛快ぶり。保安官役のロバート・ミッチャムの何とも言えぬ憎めなさ、後半からの頼もしさは特に印象深い。若き日のジェームズ・カーンも良い味を出している(ソードオフ・ショットガンで戦うのが爽快で良い)。掛け合いもユーモラスなのでクスリと笑える場面が多め。ガンアクションもあちこちに盛り込まれているけど、リボルビングライフルに弓矢、投げナイフなど珍しい武器が活躍しているのも面白い。

導入部を越えてからの大筋はほぼ『リオ・ブラボー』まんま。アル中を克服する仲間を中心としたパーティ構成だったり終盤に人質交換イベントが発生する点など随所に類似性が見られる。こういったセルフリメイク的設定は後の『リオ・ロボ』とも共通する。長尺であっても明朗かつ直線的だった『リオ・ブラボー』の方が好みだし、良くも悪くも緩やかな牧歌性もそこはかとなく受け継いではいるけど、本作もこれはこれで十分面白い。前作は悪役の印象が今一つだったのもあり、今回はクリストファー・ジョージが渋い悪役ガンマンとしてなかなかの存在感を示してくれるのも嬉しい(やむを得ないとはいえ決着は無慈悲で呆気なかったけど……)。
マサ

マサの感想・評価

3.0
水の利権が絡み、主人公達と敵が対決!味方の凄腕保安官ハラーが女にふられて酒浸りになったり、コールは背中に残る弾丸がうずいたり、ミシシッピは射撃が下手だったりと完璧でない仲間達がまた良い!ただ一つ、マクロードとの対決が残念!世紀の対決になっただろうに。
つよ

つよの感想・評価

3.0
エンタメ前面の西部劇ではなく退屈と思ったけど、迫力盛り上がりがあり良かった。
>|