モンスターVSエイリアンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「モンスターVSエイリアン」に投稿された感想・評価

序盤はリアリティーのある世界観なのかギャグみたいな世界観かわからなくてつまらんなぁと思って観てましたけど、中盤くらいから尻上がりで面白くなってきますね。
導入パートがあまりよくないので、そこで観るのをやめない人が勝ち!
意外にもアベンジャーズ的なノリでたのしかったです。みんな良いキャラしてて良い。
主人公が自身の強さに気がついてからが最高に熱いと思います。すごーい!
エスプレッソのスイッチのくだりがすごく下らないのに大好きです
あきふ

あきふの感想・評価

3.5
特殊なパワーを持った隕石に当たって巨大化してしまった主人公がモンスター達と協力して、攻めてくるエイリアンを倒すお話。コメディに全力を注いでます。アメリカ軍をネタにした笑いがうまいです笑 キーファーサザーランド演じる将軍がもろジャックバウアーで面白かったです。聞いた瞬間セスローゲンってわかってしまうスライム君がおバカすぎて特に可愛かったです。内容はスカスカだけど軽〜い気持ちで観れる良いSFコメディでした。
黒崎遥

黒崎遥の感想・評価

2.7
どこをとっても中途半端だなぁと思った。ぼげーっと見るには悪くない、どころかまあ面白いとは思うんだけど、表現の仕方でもっと面白くなりそうなのになぁと思って勿体無く感じてしまった。
特に意味がわからなかったのは主人公と夫の話ですかね。なに一つ共感できなかった。
小森

小森の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

吹き替えのベッキーが結婚直前で邪魔が入って結婚出来なくなるのが悲しかった。日村の吹き替えは相変わらず最高でした。
とりん

とりんの感想・評価

1.5
実に中身がなさすぎる映画。こういうアニメ映画に深い話を求めているわけではないが、見ていて楽しく感じられなかった。
モンスターとエイリアンが戦うといった発想はきっとこれまでにもあったと思うけれど、そのモンスターを隔離していたのは政府であり、対応策がないからモンスターと戦わせるってあまりにも理不尽な考え方。
アニメだからまだいいけれど、あんなにふざけた大統領、憤りしか生まれなかった。それにコーヒーメーカーのスイッチの隣に同じスイッチとして核ミサイルのスイッチを設置してる時点で核に対する稚拙な考えがまたそれを助長している。
スーザンの気持ちの変化が唐突すぎる。他のモンスターはおそらく長い間かけて前向きになった(それか元から前向き)のに、スーザンに関しては自分の元の生活のためにエイリアンと戦いに行くが、後に婚約者にフラれてすぐに地球を守るための正義感が強くなるという、切り替えの早さ。
肝心のモンスターも凝ったキャラクターではなく、半魚人、スライム、擬人化虫博士、巨大昆虫、巨人、といった大してオリジナル性も感じられないキャラクターばかりだし、巨大化生物が二匹もいるってすでにキャラ被ってる。
今回吹き替えで見たけれど、字幕で観れば良かったと後悔。
単に変なキャラクターたちが戦ったり、しょうもないギャグを飛ばしたり、小さい子どもは何も考えずに楽しんで観れるかもしれないが、大人が観るには少しきつかった。
ご飯食べなからぼーっとみようと思ったらかなりおもしろくてご飯吹いたw
個性的なキャラクターがかわいくてかわいくておもしろくて。愛らしい。
女性が強いっていうのも今の時代っぽくてすごくすき。声優が意外と豪華。セスローゲンの声とキャラがそのまま爆発してて爆笑。dr.コックローチはヒューローリーのいい声でたまらない。キーファーサザーランドもでてます。出てきた瞬間あーこれね!ってなるような説得力のあるキャラクター。大統領までもオバカキャラ。当時の政権を反映してるのかな?
普通の女の子だったスーザンが突然バカ力の巨人になってしまう。今まで普通に暮らしていたのにモンスター扱いをされる彼女。なにもかも変わってしまった彼女はどうなるのか…と!ストーリーはとても簡単で見やすくテンポもいいのでオススメです!
ゆすけ

ゆすけの感想・評価

3.5
面白かった 短くて見やすい 怪獣映画のようなシーンもありよかった なにも考えず見れる 20170627
☆☆★★★

2009年7月11日 TOHOシネマズ錦糸町/No.6スクリーン
まゆこ

まゆこの感想・評価

2.8
仲間たちのビジュアル最後まできもかった
戦闘シーンもかっこよくない
というかあんまアクションしてない
TTTK

TTTKの感想・評価

4.3
あーがわいい〜〜〜
最初はうわあーって思ってたモンスターたちがみんな可愛く見えてくるすごい……あーーーみんな好きーーーっ