コッホ先生と僕らの革命の作品情報・感想・評価・動画配信

「コッホ先生と僕らの革命」に投稿された感想・評価

子供時代にこういう先生に出会えたら人生が変わりますよね。
「いまをを生きる」的なストーリーですが、とても良かったです。
実話ベースというのもさらに。
ザック

ザックの感想・評価

4.0
大学のとある科目で観た映画。(当時大学1年)
サッカーを通じて得る団結や周囲の環境から巻き起こる葛藤が溢れたヒューマンドラマだった。
なんだこのダサいジャケ画は…
1874年のドイツ帝国。権威主義的な教育を受けていた子供達。
イギリスから教師が持ち帰ったサッカーを通してフェアプレーの精神、学校側は教育方針との抵抗感などとても丁寧に作られた歴史の教材のようでしたが、子供達が一つとなって喜ぶ様子にプチ感動しました。
ダニエルブリュールだけを目当てに見たけど、この時代を感じることができる面白い映画だった。
もはや主人公はダニエルブリュールではなく子供達。
青春がそのまま革命とか素敵だなあ。
このポスターが笑える。
TatsuSakai

TatsuSakaiの感想・評価

3.3
熱血教師映画。今当たり前のことでも、昔は違ったんだなあと。最後もうちょいスカッとできればよかった。
junya

junyaの感想・評価

4.4
かねてより観たかった作品。
TSUTAYAディスカスでレンタル。

『教師と生徒モノ』の感動させる要素が全て詰まった作品。
最後までテンポ良く一気に観られ、「コレいい!」と思わせる作品。
ラストもう一盛り上がりあれば良かったが、秀作。
mumbleboy

mumbleboyの感想・評価

3.9
そして何と今日3作目。前の2作じゃ、ちょっと終われないなと思ってこちらを観ました。知らない世界を観れてお決まりじゃなくちゃんと内容がある作品がいいと思って選んで正解でした。

実話ベースだけど、大分創作してる部分もありだとか。
まだ車も走ってない時代のドイツの学校にイギリス留学帰りの先生が赴任して英語を教える授業の中で生徒にドイツでは誰も知らないサッカーを取り入れるという話。ものすごく保守的で排外主義な環境の中で異国の文化を教える先生をよく思わない周りの大人たちとサッカーに夢中になる生徒たち。さてどうなる? ヴァンゲリス氏のサントラがあったら「炎のランナー」ドイツ版、みたいな。主人公のコンラッド・コッホ氏がサッカーをドイツに広めた偉人みたいな感じになってるけど、こういうストーリーは世界中にあるのかも知れない。異国文化を初めて云々だったら「マッサン」もそうだしね。
844

844の感想・評価

3.8
ドイツで初めの英語の先生がクラスのガキ共の心を掴むためフットボール教えたら大変な事になる。
ベッタベタの話
フットボール好きならどんな人間も使い方で武器になるって事。

俺も都会の小学校でサッカー禁止されて不登校になった過去があるから。
マシで教育にサッカー取り入れましょう
drynoppo

drynoppoの感想・評価

3.5
熱血教師のお約束の展開。
でも泣ける(笑)
スポーツの力は、偉大ですね。
非常にベタベタの🇩🇪の⚽️のわかりやすい良いお話🎥

D・ブリュールが居てくれて良かった
>|