お墓がない!の作品情報・感想・評価・動画配信

「お墓がない!」に投稿された感想・評価

PAR

PARの感想・評価

3.0
「神は見返りを求める」の後だったので軽くコメディでも見たいなと思って見たんだけど、死生観をゆっくり揺らしてくる感じでこれまたなんともな映画だった
戒名に金いくら積むかで”死後の格”が決まるみたいな考え方、どう考えてもおかしいだろと思ったし、それを岩下志麻が「戒名はいらない、自分の努力で仏になる」ってぶった斬って貫く感じすごい良かった
浮らゐ

浮らゐの感想・評価

3.8
私もお墓いらない 死んでから骨に手を合わせてもらうより、上を見てにっこりして欲しい
qp

qpの感想・評価

4.5
有名女優である桜咲はがんと宣告されたと思いこみ、自分にお墓がないことに気づく。そこから、変装をして墓を売るツアーで知り合った社員と自分に合ったお墓を探すことになります。

 桜咲は1つの世界にずっといて自身のプライベートは全くなく世間知らずです。幸せを謳歌していたと思ったら、出演映画をきっかけに自分の死後を考える機会となります。それを通じて民間会社の現実や人の温かさを知っていきます。

 自分が忙しい状態から偶々解放されたときに観たので非常に面白かったです。キャリアに集中するとこうなるんだろうなと自分のプライベートや働くことを考える良い機会となりました。
カルア

カルアの感想・評価

3.5
気楽に見れてなかなか楽しめた。
少し自分が死んだ後の事を考える切っ掛けになった気がした。
今は生きてるんだからと前向きに思える映画かな。
corouigle

corouigleの感想・評価

3.1
極道の妻シリーズを知らぬ故か、
コメディとしてすんなり見られました

~~

私事毎度恐縮ですが
かねて30年応燕してきた
東京ヤクルトスワローズが優勝して
20年振りの日本一となり
実は先週末からかなり浮き足立っておりました

1つの球団を中1の1992から応援したわけですが、そこで「何かに狂うほど好きになれた」ことが、この、
「最高に映画鑑賞、を愛し続けている」
の原点なのかも知れません

人生短し恋せよ乙女

恋の相手は別に、異性じゃなくてもいいんです

映画を愛することが出来て
幸せな人生です

ヤクルトのことを応援してきて
日本一になってくれて
ささやかながらでも
そこに関わることが出来
300人くらいのヤクルト推しの方と
Twitterアカウント(サブアカ作っちゃいまして!!!💦)にて交流することが出来

ここフィルマークス様でも今年後半
本当に人生を変えて頂いていると思いますし

お墓がない!で述べるコメントでは全くありませんが、
何度でも言いますが

生きてて良かった!!!
って思います笑

少なくとも子供達を自立させるまでは
私ももっともっと成長しないと!!!
ワン

ワンの感想・評価

2.0
人気女優の桜咲節子(岩下志麻)は、役作りのために検査を受けた大学病院で、自分が癌に侵され余命半年だと勘違いしてしまう。孤児院出身で先祖代々の墓を持っていなかった節子は、女優であることを隠し、霊園会社の新人川嶋(袴田吉彦)と共に自らに相応しい墓探しに奔走する。


コメディのようだが全く笑えない。癌だと勘違いするくだりがいくらなんでも強引すぎる。世間知らずの女優である節子と老婦人に扮した節子にあまりギャップを感じなかった。
岩下志麻ありきの映画。それ以外は色々とケチくさい、おそ松さんな出来なので、いちいち突っ込むのもかったるい。でもやっぱり岩下志麻はいいんだよ。すごいんだよ。超有名なサッカー選手がJリーグに来たような感覚かも。
ソラノ

ソラノの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

お墓のこと、葬式のこと、葬儀社のことなど、いろんなことに詳しくなる。天然なのか、真面目なのか、大女優のキャラクターが良い。
しきたりに一切とらわれない主人公がしきたりをバッサバッサ切っていく気持ちよさ。

岩下志麻の美しさ、たくましさ。
千昌夫、織田無道、仁徳くん!(コフィーちゃん)w

2016.03.15GYAO無料配信
mana

manaの感想・評価

4.6
内容が本当に意味があって、セリフ一言ひとことが胸に刺さる。
お墓がない岩下志麻が、自分のお墓を探す少しユーモアがあるストーリー。
女優であることを隠し変装しながら、新人のお墓売りの袴田吉彦とお墓を探すが、ただ探すのではなく、岩下志麻と心を通わせながら、本当にお墓が必要あるのか?ただ存在するだけの意味ではなく人間の心の芯の部分のあり方が大事だということだったり…二人で意味をもって生きていくことを探していく。
同時に、女優業の岩下志麻が後半の安達祐実に、死と生、そして心で演技していくことを教えていくシーンが挟まるが、安達祐実が成長していく姿も、一緒に繋がりがあり感動する。本当に心に刺さる映画だった
>|

あなたにおすすめの記事