ペダル・ドゥースの作品情報・感想・評価

ペダル・ドゥース1995年製作の映画)

PEDALE DOUCE

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

「ペダル・ドゥース」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.0
「ペダル・ドゥース」

冒頭、ベッドで眠る中年の男と若い男。ワイシャツとネクタイを選ぶ、昼間は普通のビジネスマンの男。夜は女装したゲイの顔を持つ。顧客、商談、ゲイクラブ、オーナー、夫婦。今、パリのゲイクラブでエキサイティングな物語が始まる…本作は1996年にガブリエル・アギヨンが監督、脚本を務めたフランス映画で、 パリのゲイクラブを舞台に女性オーナーと彼女を慕う男性らが繰り広げる人間喜劇であり、この度廃盤のDVDを購入して初見したが面白い。少しばかり風変わりな秘密をコミカルタッチで描く、自由でエキサイティングな大人の恋と言う感じが妥当な映画で、初の主演女優賞をもたらして、フランスで400万人を動員した96年度映画観客動員No.1を記録し、セザール賞6部門にノミネートされたフランスではヒットした映画らしい。とりわけファニー・アルダン素晴らしい芝居をしている。


さて、物語は昼はビジネスマン、夜は女装歌手という2つの顔を持つアドリアンが、親友のエヴァが経営する店で働く。ところが、アドリアンの仕事のために2人は夫婦を演じることになってしまう…とこんな感じで、ドタバタ喜劇である。

本作は冒頭からベッドシーンで始まる。若い青年と中年のオヤジが一緒に寝ている。親父はこっそりと起き上がりネクタイとワイシャツを着てサラリーマンの仕事をする。男はとある建物中に入り複数の顧客らしき人々達と会食する。そして夫婦を演じることになり、様々な人間関係が映されていく…

冒頭あたりに主人公の男が車に乗って、そのカーラジオから聞こえてくるMylène FarmerのSans Contrefaçonが最高に良い音楽なんだよ。何が最高に言ってこういったゲイ映画に流れると非常にテンションが上がるところだ。それにボニーMのダーティークールまで流れ始めちゃうからもうやばいよね…俺のツボを押さえてるよこの映画の音楽は。

物語自体は正直退屈である。もうちょっとコメディーが存在するのかと思ったらわりかしシリアスに展開していく。あの当時のファッションセンスやレザージャケットで踊るシーンは面白かった。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.6
ファニー・アルダンの魅力いっぱい。



静岡サールナートホールにて。
1998年4月1日 22本目。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
ゲイクラブの女性オーナーエヴァとストレートな彼の恋愛にゲイの親友のアドリアンが混じって更に周りも巻き込んでのドタバタ&ちょっと悲しいコメディでした。
アドリアンが恋仲を邪魔したり「エヴァとの子供が欲しい」と言ったり一体どう落ち着くの?と楽しめました。
明るい個性的なゲイの方々が沢山出てきて面白いですね。
F.アルダンは爆発ヘアーだけどカッコ良いなぁ。
みなさんスターウォーズで盛り上がっている中、全然関係ない映画を。
これだって宇宙の片隅の一部だ。←

ビジネスマンのアドリアン、実はゲイである。
大きな取引を控えた顧客のアレクサンドルから奥さん同伴で・・・と食事会に誘われ、ゲイであることを隠すためつい妻子持ちであると嘘をつく。
そこで親友であるゲイクラブのオーナー・エヴァに妻のフリをしてもらうことに。
しかし、既婚者アレクサンドルがエヴァに惚れてしまったから、妻やゲイ達を巻き込んで事態はこじれていく。

フランスらしい味付けのコメディで、笑わせてもらった。
勘違いが連鎖反応して、また勘違いを生む。
お互いが違った話をしているのに、何故か上手いこと噛み合ってしまって会話が成立してしまう。
当人同士は困惑するが、観ている方はニヤニヤである。
勘違いしまくっちゃうアレクサンドルの妻が可哀相だけれど面白い。テクニックの練習とか不意打ちで吹いた。

コミカルな部分が殆どだけれど、ゲイであることで感じている孤独感だったり、自由気ままに見えるエヴァの隠された弱さと女心を、はたまたストレートの夫婦間のわだかまりなどを描いていて、実は結構人間心理に深い。
整形外科医が出てくるのは、人間たちの取り繕われた“表向きの貌”と秘められた“内なる真実の貌”とを象徴しているのかな。
どんなに近しいと思っている関係でも、本当の姿を曝け出すのは誰だって勇気のいることだもんね。

先日観た『歓楽通り』でパトリック・ティムシットが良い感じの役者さんだったので、今作を観るキッカケとなった。
主人公アドリアンをユニークに、時には切なく演じていて、今作でもとても良かった!
普通の冴えないおじさんって感じなのに、化粧してカツラ被ったらそれなりになってたのがちょっと面白い。
そして私が何気に好きなジャック・ガンブランが出ているとは知らなかったので嬉しかった。
みるみるゲイにしか見えなくなってくる眼付き、次第にはじけるダンスが可愛い。
そしてファニー・アルダンがカッコイイ女で、なんだかあのゲイクラブに行ってみたくなるよね。

ゲイもノンケも、みんながみーーんな愛おしくて好きになっちゃった♡
大団円に持ってく感じが強引だけど、楽しかったし全員幸せそうだから万事OK!

さぁ一緒に歌おう。
♪内緒で教えてあげる♪
♪選ぶなら私は絶対 男の子♪
tomonorien

tomonorienの感想・評価

4.5
まったく、何度も笑わされるよ。

20年くらい前の映画だから、ファッションも面白くてね、レザージャケットにピッタリとした股上の深いジーンズとか。

とっても愉快で、楽しかった。
FOURFINGER

FOURFINGERの感想・評価

3.4
ゲイとストレートとですっちゃかめっちゃかだな。楽しそうっちゃ楽しそうだよな。途中、アンジャッシュのコントみたいなのあったな。歌が古臭いな。
youpi

youpiの感想・評価

5.0
登場人物みーんな愛すべきキャラクター!ファニーアルダンがかっこいい。音楽も最高。