バーバーの作品情報・感想・評価

「バーバー」に投稿された感想・評価

エドかっこいい。ただ結末が気にくわない。深いと見せかけて浅いのか?
Kittens

Kittensの感想・評価

4.0
一つ一つ先の読めない短編集みたいな作りがとても良かった

O•ヘンリの作品を読んでるみたいで

渋いなぁー
エドかっこいいタバコ姿もかっこいい
スカヨハ最高
事故した時は笑った
これもたしかモノクロバージョンを都内のミニシアターで観たんだけど、この空気感に衝撃を受けたのを覚えてる。内容どうこうより、空気感に惚れてた。
スイ

スイの感想・評価

4.7
The Man Who Wasn't There
「そこにいなかった男」
傍から見れば無口でずっとタバコを吸ってるだけの男で、たしかに「そこにいなかった男」かもしれないけれど、一人語り(心の声)のシーンはとても多い。
ベートーヴェンのピアノソナタに乗せて語られる本心があまりにも切ない。

一人語りの多い映画の中では個人的に最高傑作だな~


邦題の「バーバー」が微妙だったのが残念
モノクロだけどカット割りは綺麗で、寡黙な主人公がシブい。なので事件が起こり、主人公の元に警察が来たところ(丁度映画の半分くらい)までは楽しめたが、残り半分があまりにも冗長というかとっちらかってるというか...。まるで打ち切り漫画のテコ入れのようだった。

あの要らない展開の応酬は、本当に手記のテコ入れのためだったのかも知れないし、一語5セントの報酬のための字数稼ぎだったのかも...と推測してみましたがどうでしょうね。
tak

takの感想・評価

4.5
悲劇なのに喜劇。
ビリー・ボブ・ソーントンが上手い
あき

あきの感想・評価

4.1
どういった作品なのか、観て自分がどう感じたのか…。
上手く言葉で言い表せません。
唯一言えることは、上手く言い表せないことに対してこの作品に申し訳なく思っているということです。
そういった気持ちを抱くということはこの作品が素晴らしいものであったということなのだと思います。
綺麗な映像だった。
最後のシーンは印象的。
フィルムノワールは好き。
スローでスローで最後までスローな展開だった。モノクロ映像で、音楽等必要以上の装飾は一切省かれシンプルなんだけど、芸術的でカッコいい映像だった。

コーエン監督作品は好きだけど、本作の良さを理解するには自己研鑽が必要みたい。。。宇宙船のシーン、セールスマンの訪問営業のシーンが何を意味するのかわからなかった。
>|