おさな妻の作品情報・感想・評価

「おさな妻」に投稿された感想・評価

関根恵子可愛かったなあ!
太陽に吠えろ!のりんこ
優作と一緒になれなかったなあ!
高橋判明監督と逃げる姿ありましたなあ!
映画?
楽しんで見ましたよ。
と思います。
高橋惠子(関根恵子)の魅力満載。清純派吉永小百合に時代に合わせた影を加えたような少しズレたような魅力が爆発している。関根恵子(当時の名)と70年代初頭の時代の雰囲気が主人公とでもいうべき映画。

恋愛から結婚までのさまざまなシーンの表現のしかたに時代の雰囲気が出ていてムードがある。映画のなかで使われてはいないが、この「ムードがある」という表現も久しぶりに思い出した。(>_<)

映画のなかでしばしば使われる「メイクラブ」という表現が、とても新鮮。😃
それと、ゴーゴー。いまないな。『巨人の星』とか『あしたのジョー』には時々出てくる。あ~、あのころに生まれて、青春時代を過ごしたかったよ(涙)。
こはる

こはるの感想・評価

3.5
1970年に性教育に斬り込んでてすごい
2018年になっても現状が変わってないこともすごいけど

小泉放談を読んで
isis2315

isis2315の感想・評価

2.0
関根恵子のデビュー2作目。
高校生が妻となり、母となり、成長する。
公開当時は設定が結構衝撃的だったんだろうか。
でも、特に内容に面白味はない。
だが関根恵子の若さの瑞々しさが画面に溢れでているのが魅力。
かれん

かれんの感想・評価

2.7
昼ドラみたいな姿勢で楽しむべきだと思う。セリフとかいちいち笑える。ちゃんと向き合うにはとてもきもちわるーい話。
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

2.0
「ものを見るだけが目じゃないんだよ」とか言ってチューするし
セックスのことメイクラブって言うし
最後男と女並みのダバダバする。

結婚式で見せられる2人の思い出かな?みたいなかんじ。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

大映末期に花咲く関根恵子の美しさよ…(∩´͈ ᐜ `͈∩)関根恵子のブルマー(卑猥で困る)。
しょっぱなから女子高生たちの更衣室シーンといい…義理の兄のケツといい…パンツ一丁で窓から男が飛び込んできたり…
50年代の性典ものの系譜にあるとも、70年代東映ピンキー映画に通じるとも…10代ならではの重苦しくも持て余す性を描く大映末期。なんというか関根恵子のデビューから一連の大映作品群は珍映画以外の何物でもないんだけど、関根恵子の物憂げな眼差しが美しくて魅力的だからモーマンタイ。
だって歯を磨きながら鏡に向かって「恐いの?…逃げ出しちゃおうか!…でももう手遅れね」と乳に手を当てがい初夜に臨む関根恵子は可愛すぎるんだもの。
女性一般としてもというか、何より関根恵子にしては最高に幸せな初夜を迎えられてワタクシもたいへん嬉しい限りでございますよ。ちゃんと結婚するわけだしレイプじゃないんだもの。〽︎ダバダバ〜の色っぽいスキャットもホノボノしますわ。

ギターいい仕事した。ついでに金具のところで脳天に穴開けてしまえば良かったのに。義理の兄は大概だが、吉川さんとやらも大概だと思うけども。
ジャンヌ・モローに似てるってよりにもよって笑。でもあの一番ヤバい時(普通ここはロクでもない奴に出会うタイミング)にいい人に出会えてよかったね関根恵子。ともあれ関根恵子の幸せを願ってやみません。幸せにおなり〜
aya8

aya8の感想・評価

-
74分以上あった気がする(。-_-。)
昔の高校生は大人っぽいなー^ ^
nana

nanaの感想・評価

2.7
なんか全体の雰囲気やメッセージ性は『17歳の肖像』に近いかなと。
その名の通り、17歳と幼いながらも母、妻、学生と二足の草鞋以上に大変な女性を描いたストーリー。
案の定、早期に結婚を急ぎ、夫婦仲が上手くいかずにゴタゴタ、幸せはどんどんと理想から遥か遠く崩れ去っていく...。
身近にも高校出てすぐに結婚した人はいるが、やっぱり皆それなりに苦労している。
自分はそんな経験もなくのほほんと日々を過ごしているので、こういった事は芯から学べず理解ができないのも確かだが、物事重大な決断は急ぐべきではないのだと実感。
人生先は長いのだから、可能な限り愛でも恋でも経験しておくべき。
一度の色恋で重大な決断はしてはならぬ。
17歳で妻・母・高校生の3役…。
恐るべし。
でも、今でも実際そういう人いるのよね。
尊敬いたします…ほんとにすごい。
高橋惠子さんがめちゃくちゃかわいい。
>|