殺人ゲームへの招待の作品情報・感想・評価・動画配信

「殺人ゲームへの招待」に投稿された感想・評価

AiRi

AiRiの感想・評価

2.5
TSUTAYAの店員さんオススメコーナーからチョイス。
サクッと観れて面白いコメディ寄りのサスペンス映画。
3通りのエンディングどれも観たけど、
結構無理やりというか…
他のエンディングが気になる程度に雑に作られていて良かった笑
コメディ感強くて面白かった!
個人的には3つ目のエンディングが好き🥰
僕はこの映画の元ネタのボードゲームであるCLUEDOは全く持って知りません。

ボードゲーム初心者なんで人生ゲームぐらいしかわかんないです。

ミステリーモノでマルチエンディングがあって3つ選べるという事でレンタルしてきました。

再生ポチィしたら早速、

3つの劇場版
エンディングの中から
無作為に選択された
1つのエンディングをご覧頂けます。

      と

ビデオ版の3つのエンディングを全てご覧頂けます。

との事。





なので

















自分はDVDはps4を使って鑑賞しているのですがそっと電源ボタンを長押しました。















なんか今涼しくないですか?
まあ、気のせいですよね。













閑話休題_

観ようとした時はくっそ眠い状態でそんな究極の選択を迫られたので流石にね…

なんでそんな時に観るねんってツッこまないでください。ボケじゃないんです。
フリじゃないです。夢心地な時こそ映画って聞きません?

まあ、ひとまずちゃんと後者の3つの方観ました。

ミステリーモノなんでネタバレはできないのですが3つの方のみかはわかりませんが1つ観終えた後に「この結末はいかがでした?」そして「こんなのはいかが?」と3つ目の結末に行く時は「でも本当の結末は…」と出た時は良い演出だな思いました。
3つ目のエンディングが人気ですが個人的には1つ目が好きでした。

なかなかのコメディよりなんで推理ものが苦手な人でも楽しめると思います。

因みにライアンレイノルズさん主演?の本作リメイク作品が検討されているとのソースがでていますがどうなんでしょうか。
もしそれが事実になって3つに分けて上映されていても観に行きたいです。
それぐらいマルチエンディングの良さに惹かれました。

比べるのはちょっと違う気はしますがNetflixさんにあるインタラクティブ作品も面白いですがシンプルにマルチエンディングを選択できる作品がもっと増えて欲しいです。

巨乳メイドですがあれシリコン爆弾ちゃうよな?なんかでかいと疑っちゃう癖やばたんかな?
すみません、全国の巨乳さん。
許してっちょ!疑いはより信頼を強くする為には仕方がないですから!
まあ正直シリコンだろうがどうでもいいんですけどね。。。
ただチート使って自慢している輩には何らかの方法で少しお灸を据えたいです。
p

pの感想・評価

-
ジャケットかわいくて期待値高かったやつ
世界観の作り込みみたいなのがめちゃ良かった!言葉のやりとりが海外っぽくてすき。巨乳のメイドさんが可愛い
Tetsu

Tetsuの感想・評価

3.3
エンディングが3種類用意されてるという中々斬新なスタイル。
実在するボードゲームを題材にしてるからこそ、考え方次第で、一つの状況証拠から答えが変わる面白さ。

内容はコメディタッチで一人でも観れると思います!

ボードゲームを題材にしてる点ではジュマンジもそうだったっけ。

ボードゲーム好きからすると欲しくなってしまうな…笑
おふね

おふねの感想・評価

3.7
クリストファーロイド目当てで鑑賞。イギリスの昔からあるボードゲーム「Cluedo」をモチーフにした映画。

次々起こってしまう殺人の謎の殺人鬼を探り当てるお話なので、割とアガサクリスティ的な感じかなと思ってたけど、おや?どうやら様子がもっと軽い(笑)どちらかでいうとコメディ色が強くシットコム系に近いかも。

キャラクターが一癖二癖ある人ばかりだけど、やっぱりティムカリーが執事役でまともそうな役なのに一番クセが強そうで良い。キラキラしてて好き。

当時は3パターンエンディングがありそれぞれ映画で上映してたらしくてすごい楽しそうでいいなぁそれ!て思いました。今ではなかなか出来ないだろうなぁ
山奥の館に集められた男女6人と執事、メイド、料理人だったが、そこで連続殺人が起きてしまい残されたメンバーたちが犯人を見つけ出そうと奮闘する新鮮なコメディミステリー映画

コメディとミステリーが4:6くらいで入混ざってて面白いな〜!

コメディ部分はゲラゲラ笑えるし、ミステリー要素もがっつりあるのでこれは一石二鳥映画だ、、

犯人を予想するのがミステリー映画の醍醐味でもあるけど、これは推理するよりも単純に観て楽しんじゃう感じだった(いい意味で)

ラストのからくりは結構ややこしかったけど、楽しめたからなんでもいいや(笑)
とも

ともの感想・評価

4.0
これめちゃくちゃ面白かった。
推理ゲームにしてはドタバタしてて、そちら目当てで見たら面白くないかも。とにかく登場人物のキャラもやる事もおかしかった。

三谷幸喜さんがマネいや、参考にして邦画版やってほしい。ぜひぜひ!
執事役は大泉洋さんがいいなぁ〜とか大佐は中尾彬とか、いろいろ考えてました😝😌

エンディング、私は最後のが好きだった☺️😊
もっともっと知られていい作品。
み

みの感想・評価

2.9
コメディ感が強いサスペンスって珍しい!
ラストも3種類用意してる遊び心のあるスクリプトが魅力的。ただ、団体芸が多いから舞台の方がウケそう、、、
KUBO

KUBOの感想・評価

3.6
Filmarks 友だちがこの前見てたので、気になってた『殺人ゲームへの招待』を鑑賞。

80年代に流行した犯人当てボードゲーム”Clue”を映画化した作品。当時、東急ハンズで買ってスノッブな仲間と遊んだやつだ。

雰囲気のある洋館に、謎の招待状で集められた男女6人。なぜ招待されたのか、誰が招待したのかもわからないまま、閉ざされた空間の中で、次々と殺人が起こる!

という如何にも本格っぽい設定のミステリーだが、作風はかなりコメディ寄り。一癖二癖ある人々の群像劇という点では、三谷幸喜が好きそうな感じ。

終盤でどんどん悪ふざけが加速するのも、展開のしつこさも、それでいてもう一つ笑えないところも、かなり三谷幸喜風。

これはこれでおもしろかったけど、「容疑者」「凶器」「部屋」から参加者がお互いに推理するというゲーム本来の魅力はあまり映画に反映できてはいなかったな。

登場人物の名前や、使われる凶器はゲームの設定通りなので、ゲームファンはちょっと楽しい。気軽に楽しめる、笑えるミステリーです。



*メイド役のコリーン・キャンプの揺れまくる巨乳に目を奪われる! というより、コリーン・キャンプが画面にいる間は、胸から目が離せませんでした(^^)。
>|