「ブギーナイツ」に投稿された感想・評価

なんとまあ美しい家族像。
人種や性を説く映画はごまんとあるけど中でも最も語り口がスマート。全く説教臭くないが擬似的な家族像を通すことでスッと受け入れられる。

もともと居場所のない彼らがポルノ映画でのセックスを通し関係を深めて行く。ポルノを扱った作品だからといってある種即物的なセックスシーンがいっぱいあるというわけではない。
ミュージカルでいうところのダンスがこの映画でのセックスに当たると思う。

セリフでの演説的なものは全くなかったのは高評価。156分も短く感じられた。

最後の最後、あいつのナニはまじかってなる。説得力

71
1980年代前後に生きたポルノスター達の栄枯盛衰を描いたドラマ

ストーリーはどこかで見た事ある様なコテコテの上げて落とす系なので目新しさは見られず良い意味でも悪い意味でも普通に感じました。せっかくポルノ産業なんて珍しい設定を使ったのならもうちょい下品方向に振り切ったら面白かったかも…かなり現実味の強い作品

マークウォールバーグ若い!
劇中何回もデカイ言うてたけどまさか最後の最後におまけみたいに見せてくるとは…いやデカイけども…
序盤にLの世界のローレルホロマンが出演してるッ
ファッション
色々と伏線があったような気がするのに、気づいたら強制的に丸く収めて終わっていた感じ。

ってのは置いておいて。
長回しのOPを観ていて「ラ・ラ・ランド」に似てるなあと思っていたら、その後のパーティシーンなんかがモロに「ラ・ラ・ランド」のプールのシーンでした。

調べたら実際に元ネタの一つらしいですね。もうスコティ・Jが途中からエマ・ストーンに見えるくらいです。

ダーク・ディグラーという架空のポルノ映画男優の栄光と衰退を軸に、彼や彼の周りの人々を描く群像劇。

音楽がとにかくポップで良い。個人的にはOPが最高だったってことに尽きるかな。

爆竹を無表情で家の中で爆発させてるやつが謎過ぎた。
映画くらい救いがあってもいいよなと思える作品
>|