ダンス・ウィズ・ウルブズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に投稿された感想・評価

健一

健一の感想・評価

5.0
前回鑑賞の「アド・アストラ」にて映画鑑賞本数が4000本に達しました。

今回は生涯の中で観てきたなかで、わたくしのベストワンムービーをご紹介。

本作、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」でございます。

ケビン・コスナーの初監督作品。記憶が正しければ当然ケビンは30代半ばだと思います。

本作製作の為に今まで稼いできた私財を全て投げ打って作った本作。 どれだけ勇気が要ったことか。
そして様々なタブーにあえて挑戦。

1. 上映時間が3時間以上の映画は興行的に当たらない。
2. 今までアメリカ映画界はインディアン イコール 敵、悪者と描いてきた。 その彼らの 善良な 物語。
(日本に例えるなら 仮面ライダーのショッカー達の心温まるハートフルな3時間の映画! 誰が観る?)
3, 作品の殆どがインディアン達が話す ラコタ語。つまり字幕スーパー。
(字幕に何の抵抗もなく映画を観ているのは世界中で日本🇯🇵だけです。他の国では外国映画を上映する時は吹替が当たり前。よって字幕スーパーの映画も興行的に当たらないとされていた。)

これらのタブーを承知の上で本作を作ったケビン・コスナー。
まさに執念の人です。

そして出来上がった本作の何という素晴らしいことか!

男の孤独!夢!ロマン!全てが詰まっている。
30代,40代の頃に本作を観ていたら また感じ方が違うと思うが、
わたくしは10代のまだ ガキんちょの頃に劇場で鑑賞したので、
感銘、感動 受けまくり。本作はわたくしの人生のバイブルになったのです。

その感動はあれから28年経った今でも 色褪せることなく、そしてその感動を超える作品にも巡り合ってもいないのです。

本作はアカデミー賞も受賞し、興行的にも大ヒット!
いい映画。素晴らしい作品には タブーなんて 無いのです。

様々な苦難を乗り越え、栄光をつかむ。
私もそんな人生を歩みたい。


劇場公開時 1991年 5月
新宿プラザ
💺1044
安井

安井の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『アンタッチャブル』の印象が強かったケヴィン・コスナー。イケメンな上に監督もできるのね、、!!
見るまでタイトルの意味がわからなかったけど、そういうことね。イケてるなあ!インディアン目線なのがいい。
ただタイトルが良すぎるのもあって、3時間の長編にしてはどこか薄っぺらい、、。ケヴィン・コスナーの雰囲気が映画を成り立たせてるような、、、。もちろん、白人であれ、インディアンであれ、一人間ってのは伝わるんだけど、あまり響かなかった。
2回目見るとまた違って見えると思うからまた見ます、、(^_^)
観々杉

観々杉の感想・評価

4.7
ケビン・コスナーが私財を投じて作った固定観念を覆す西部劇。馬やバッファローの躍動が目覚ましい。インディアンの別の部族が敵対関係であるなど現実の関係に忠実なのも良い点である。白人目線であることや言語などの不正確な描写はあるが、ハリウッドにおけるインディアンの立ち位置を変えた革新的な作品。
タケ

タケの感想・評価

3.8
ケビン・コスナー監督作。
力作。
kiku

kikuの感想・評価

5.0
午前10時の映画祭で劇場で久しぶりに観直したら 超良くてびっくり 凄い映画だと思うしケビン・コスナーは凄いと思う
きのこ

きのこの感想・評価

3.7
この長さでも足りないのかご都合主義が随所に。でもそれを差し引いても見応え満載のヒューマンストーリーでした。初監督作がこれとはケビィンは才能豊かだね。ただ、エンディングはもう少し丁寧に描いてほしかったかな。
Kei

Keiの感想・評価

4.5
名前のつけ方が絶妙。

バッファローすごかった!!!
>|

あなたにおすすめの記事