シンドラーのリストのネタバレレビュー・内容・結末

シンドラーのリスト1993年製作の映画)

Schindler's List

上映日:1994年02月26日

製作国:

上映時間:195分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シンドラーのリスト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

予備知識なしで見たので歴史や背景はこれから勉強しよ。現代で生きてて人間に感じる違和感、人間の業みたいのが戦争によって顕著。その逆の慈悲も。
こういう系統の映画のひやひや感はほとんどなく物語は淡々と進んでいったが、常に心臓がギュッと掴まれている感覚がしていた。
効果的な色彩の使い方、あの炎は‘シンドラーのユダヤ人’たちの希望の象徴だろう。あの赤は。
表向きはユダヤ人を単なる労働力として扱うシンドラーが、全て終わったときに口にした「あと1人救えたのに」という後悔の言葉に震えた。正直そこまで切なる思いを秘めていたことは予想していなかった。
シンドラーの言葉
「本当の力とは殺しを正当化できる時でも殺さず、相手を許すことだ」
これがすごく心に残った

一番印象に残ったのはラスト
最初はお金のことしか考えていなかったシンドラーが「この車を売れば10人はユダヤ人を救えた」「このバッヂを売れば一人は救えた」と後悔して泣き崩れるシーン
600万余りのユダヤ人がナチスにより虐殺されたけど、あの時代の中ナチス側でありながら救った1100人は素晴らしい
シンドラーがあと何人か救えたと嘆くシーンは感動した
全てモノクロに進んでいくが、赤いコートを着た少女の様子に、心を動かされるオスカーシンドラーの描き方がすごい!
実話でナチスががやっていたことは目を背けたくなるようなことだけど、そんな世界の中で人々を救ったシンドラーは観る価値が大いにあると思う
スティーブンスピルバーグが作った素晴らしい歴史的に貴重な映画!!
2020年32本目!

セリフが本当にどれも心に残るものばかり
3時間以上あっても本当に最後までじっくり集中して見れた
この長さを本当にしっかりまとめて飽きさせず見せるパワー
モノクロの中に赤を使ったり
シンドラーの心情が変化していくさまの見せ方が本当にいい
見る前は勝手なイメージで聖人のような人が救う話なのかと思ったけどシンドラーは聖人でもなんでもなく 美人に目がなくて浮気もするし自分の名前をとにかく広めようとしたりする なんて言うか器のでかい大物ではあるけれど別に綺麗な人間ではなくて
ただ目の前にあった命を自分のすべてをかけて救った最強の人間だった
すごい
本当に描き方がすばらしい

最後のシーンは泣かずにはいられなかった
バッチ1つで1人の命、車1台で10人の命
最初は金儲けのためだけだったしそれを一貫した態度で人前で振舞っていたシンドラーがもっとやれたはず、と1100人をも前にして涙するのは本当に心が締め付けられたしシンドラーの偉大さを感じた
あんな残酷な状況下で人間をそこまで救ってるあんたを責めるやつは誰一人としていないよと思った
人生に残る映画だった

シンドラーの
「大丈夫 そういうキスじゃない」
のセリフが、
なんだか優しくてとてもすきだった
全人類、人生で一度は見るべき映画。
195分、本当に辛くて途中で何度も止めた。長くは感じないが、この地獄のような事実から早く目を背けたかった。
でも195分、しっかり最後まで観ました。
無知な私にたくさんのことを教えてくれるから、私は映画を見るんだと思ったし、そこから歴史を学ぶことにつながっていくんだと思います。

シンドラーの、私に感謝するものもいる 自らに感謝しろ、というセリフ、こんな素晴らしいことをやってのけて、そんなこと言える人いるの?!ととても驚きました。いやもう本当に驚いた。だって自分の私財を投げ打って、逮捕される危険を犯して、1000人を超える人たちを救った。見返りを求めたって責める人はいないだろうし、未来永劫褒め称えろって言ったっていいと思う。
それなのにそんな言葉を言えるなんて。
最後の、あと10人、2人救えたって言うシーンもそうだけど、何故そこまで出来たんだろう。
いや実際本当に言ったかは分からないけれど…。
聖人君主すぎて、何が彼をここまでそうさせたのかが気になります。赤い服の女の子の存在だけであそこまでできるものなのだろうか…。
彼についての興味が湧いてきました…
また、歴史を学ぼうと思います!

あと、スピルバーグ監督、こんな映画も撮るんだなあって驚きました!

2020.60
シンドラーという男が戦時中にユダヤ人を助ける話。

赤い女の子が作品に大きな影響を与えるのか!?と思ってたけどあんまり出てこなかったし、シンドラーの意志を変えるきっかけくらいだった。

戦争が終わってシンドラーが、
この指輪を売ればあと、2人、いや1人でも救えた。これを売ればあれを売ればあと数人救えた。
って言ってたところが泣けた。

少し長かったけど観て良かった。

スティーブン・スピルバーグっていろんな映画撮ってるんだな。
生涯一度は観といたほうがいいよなと思って観たら、観るべきだったし正解だった。
長いけど、必要な尺だった。
音楽が良い。

シンドラーの、最初はめちゃくちゃ儲けてやろうという動機で工場事業をしていただけだったのが、最後には全財産を投げうってユダヤ人達を救うという心の移り変わりも泣けた。

なんで全編白黒なんだろうと思って見始めだけど、白黒じゃないととても最後まで見られないほどユダヤ人が受けた仕打ちが残酷だったからだった。(たぶん)

人間として相手を憎むのではなく、人間としての尊厳も奪われて人間以下のものとして扱われた人たちがいたということを、映画というフィクション映像とはいえ目の当たりにすると、絶対に戦争を起こしてはいけない、絶対巻き込まれたくないし巻き起こさない努力をしていくべきだと感じた。

車で10人救えた、バッチで2人救えた、もっと救えた、という場面が辛かった。

力というものは、殺しを正当化できる時でも殺さないこと
一つの命を救うことができる者が世界を救えること
シンドラーのような財力も行動力も意志も持ってないけれど、ただの赤の他人の物語としてではなく、自分の心の片隅に留め置かなくてはいけない話だと思った。

観終わった後、いろいろ戦争のことを調べるのも良い。杉原千畝とか調べた🧐
地獄に仏みたいな話。

ユダヤ人を虫けら以下の扱いしかしない。女でも子供でも容赦無し。アウシュビッツ送りのリアルな情景には背筋が寒くなった。

女の子の赤いワンピースとラストでモノクロームの画面に色がついたシーンが印象的だった。

シンドラーはなぜあんなにも聖人君子のような人格者となり得たのか?その説明があったらよかった。
3時間を超える映画はタイタニック以来だし、ナチ映画は戦場のピアニスト、縞模様のパジャマの少年でお腹いっぱいになっていたから見るのを拒んでたけど、自分の中で見なきゃいけない映画と勝手にリスト化していたのでやっと手につけられた。

この映画に色があったらまた違う映画だったのかもしれない。

工場に送られるはずがアウシュビッツに間違えて送られてしまった女性たちを自ら救いに行く姿、ラストのシーンの"あと1人、あと10人は救えた、、、"と泣くシーンはグッときた。

彼のように、社会に反して行動し、1100人ものユダヤ人の命を救い、今日の祖先、6000人超もの命が救われたという事実、歴史の授業でちゃんと習いたかった。

この時代に生きていたら自分はどんな行動をとっていたんだろう、

"一つの命を救うものが世界を救う"
>|