ウォーロード/男たちの誓いの作品情報・感想・評価

「ウォーロード/男たちの誓い」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.0
男三人(真誠実践よりも理論的なパン《ジェット・リー》、情のある故カリスマ性を発揮し、皆に慕われるツァオ《アンディー・ラウ》、誠心誠意生き、規律と義兄弟の絆を大切にするチャン《金城武》)が「生死を託し助け合い、不幸も苦難もともに乗り越える。
義兄弟を傷つけし者には必ずや死を。
その者が義兄弟であれ、必ずや死を。
天地山河にこれを誓う。裏切りには天誅を」
ちゅう投名状を結び義兄弟の絆を堅くして、
将として大儀を貫くためには犠牲をいとまず、
掟を守るために目をかけてる者でも斬り、
見方を変えれば醜いが、止めることの出来ない愛欲に負ける。
日本の映画なら任侠モンやね。
人が生きるために、そして平安な未来やと信じ願ながら、各々が、己の魂を削り取捨選択していく。
また、苦悩を伴う選択に迫られ、自分を正当化し戦いの中で、人を殺す。
まぁ時代の流れで売れる映画の作らな商売にならへんし仕方ないけど、何か日本の映画が作らなくなって久しく忘れてしまってる、漢くさい映画(←漢と書いてオトコ)ちゃうかなぁ。
まぁ時代の流れで売れる映画作らな商売にならへんし仕方ないけど、
作中、降伏するんやったら、兵を殺さへんと敵将に約束したツァオに、パンは己の兵士に食わせるだけでも乏しい兵糧を、投降した兵に分けてやるわきゃならへん、と義兄弟で意見が分かれる。
義兄弟三人はシーンごとに上記のように葛藤し、ついでに、毎度自分も葛藤に参戦し、
哲学的な問題に、正解や間違いを絞り出すこと自体難しいし、無理に近いけど、「悩むとこに成長があるんや」なんて自分は上から目線で独白してた。
苦しめる悩みばかりが心を蝕み、信条や立ち位置のしがらみで絆が綻び、不幸の階段を転がり落ちるんは、実際の社会に多いし、リアルやけど、どうも落胆を引き起こす気鬱さが残っちまう重たい映画かなぁ。
やけど、現実の世界に自分は十代で死に別れた親友と現在の親友、そして自分の三人を引き合いに見れて、この漢くさい映画に久々に震えました。
おこめ

おこめの感想・評価

3.6
ジェットリー、アンディラウ、金城武と豪華な三人が演じる投名状で誓い結んだ男たちの戦いを描いた作品。
壮大な大河ドラマのようで一人一人の物語が壮絶であり、その人物たちを演じていてる三人がとてもかっこいい。
ジェットリーの珍しい「悪」の強い役柄がよかったです
yn

ynの感想・評価

4.0
中国の「義」ものの熱い映画。
ジェットリーが珍しくアクションより演技寄り。
登場人物が熱くて恰好良かった。
やっぱ金城武はカッコいいのです!

ジェット、アンディもカッコイイんですよ?
でも武が1番!
シューさんのナチュラルメイクっていうか埃まみれなのにキレイって何なの?
ストーリーは四千年の歴史に恥じないお話し。
闇のある素敵な作品!
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.8
ラブソングのピーター・チャン監督、ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の豪華競演。

太平天国の乱を舞台に、戦乱の世を生き、
義兄弟の契りを結んだ、3人の男たちの壮大な大河ドラマ。

ジェット・リーがここまで悪党を演じるのは珍しい。香港金像奨で主演男優賞を見事獲得。

大量のエキストラを投入した、戦闘シーンは圧巻の迫力で、超大作に相応しい出来。

何分救われない物語なので、何度も見返したい作品では無いけど、映画の出来としてはなかなか。
ジェットリーのアクション堪能ってよりは、演技堪能♡て感じ
渋カッコいい!!
LEE

LEEの感想・評価

4.2
刺馬のリメイクということで
個人的にはすんごい面白かったけどなんでこんな低評価なのかな…?やはり救われないから?
でも個人的にはそのオチを含めて好きな作品になった

一見リンチェイが悪人のように見える映画だけどよく考えると3人とも信念を持って生きていて3人とも悪人じゃない
で、その信念の衝突が結果的にそれが不幸な方向へと傾いていく…
部分的には違うところ(若さゆえの過ちとかは刺馬だけだなぁ)もあるけど本質としては刺馬と同じように感じた(どんなに頑張っても無駄みたいな所とか
あとウォーロードは暗い画面だけど(でも大量の屍のシーンとかすごかった)刺馬はカラッとした空の下で血血血!とか
勿論刺馬の方が勝っているところもあるけど(ラストバトルとか)こっちの方がいいところも結構あり(特にヒロイン、刺馬のヒロインはウザすぎる…w)
キャストの演技面も素晴らしい
特にリンチェイ、アンディや金城くんと並んでも遜色のない演技は素晴らしかった!


アクションは話の内容にあった泥臭い感じでいいと思った
武術指導はチンシウトン
彼といえばワイヤーなフワフワしたアクションと思われがちだけどこんなアクションも撮れるってのはやっぱり職人だなぁ…と改めて思った


人によっては後味最悪な映画だけど個人的には大好きな映画になった
Keity

Keityの感想・評価

2.4
2009,5 新宿ミラノ3
普通話。時代劇ばかりだけどがんばって観たなぁ。
三人の男の友情物語、悪くないと思う
よしお

よしおの感想・評価

3.6
中国歴史もの。
もっと昔の時代だと思っていたんだけど、時は太平天国の乱。
戦いに敗れた将軍パンと盗賊アルフ、ウーヤンが清軍として太平天国の乱を沈めていくはなし。
投名状という誓で義兄弟となった3人のキャラがどれも違って正義を問われる。また誰も間違ってない正義があるのが切ない。
国のことを思うパンと民を思うアルフと投名状を守るウーヤン。戦につれてズレていくこの関係が儚い。

こんなゲスなジェットリーも見たことがないかもです!!
それと金城武はやっぱりイケメン!!
☆☆★★★

2009年5月10日 楽天地シネマズ錦糸町/シネマ2