ウォーロード/男たちの誓いの作品情報・感想・評価

ウォーロード/男たちの誓い2008年製作の映画)

THE WARLORDS

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.3

「ウォーロード/男たちの誓い」に投稿された感想・評価

生きるも死ぬも、最後まで一緒だと誓っていた…。




19世紀末期、清朝の圧政により民が反発し、太平天国の乱が巻き起こった時代。
清朝将軍の龐青雲(パン・チンユン)は一人生き残り、仲間を失ったことを嘆いていたが、リィエンという女性と出会い、生きる気力を取り戻すのだった。

その後、盗賊団のリーダーである趙ニ虎(ツァオ・アルフ)とその弟分である姜午陽(ジアン・ウーヤン)と出会い、行動を共にすることに。
塊軍の食料強奪に成功し意気揚々と村に凱旋する盗賊団。そこでパンはリィエンがアルフの妻であることを知る。
そんな中、塊軍が襲来し盗賊団と村に危害を加える。

盗賊である以上碌な生活ができない、そこでパンはアルフ達に朝廷に兵士として仕えることを提案する。
パン、アルフ、ウーヤンの三人は忠誠を誓い義兄弟の契りを結ぶ。

兵として戦いで勝利を納めてゆく、義兄弟の三人。
だが、パンの将軍としてのプライドと野心が表立ったり、パンの思想にウーヤンが感化されるなどして、三人の思惑が徐々にすれ違っていき…。




戦乱の世で、国を守る為に義兄弟の誓いを交わした男達の生き様を描いた、歴史スペクタクル・アクションドラマ。
監督は「捜査官X」のピーター・チャン氏。

何でも、実際の事件をベースにした「ブラッド・ブラザース 刺馬」なる映画のリメイクだそうな。(未見なので詳しくは分からない。)


今作、主演がカンフースターのジェット・リーさんに加え、アンディ・ラウさんに金城武さんという豪華な布陣!!!
私的にはアクション俳優のイメージがある俳優さんが多く出てるので、てっきり派手なアクションメインかと思いきや、以外にもしっかりとシリアスなドラマ路線。
前半は三人がのし上がってゆく大規模でド派手なスペクタクルが展開されるが、後半からは三人が徐々にすれ違ってゆき壊れてゆく愛憎劇をシリアスに描いている。

前半、三人が初めて群を率いて挑むド派手な戦いの場面は大迫力で見ごたえ抜群。
血が流れ、肉が飛び散る凄まじい合戦は壮絶!!!
無論、リーさん、アンディさん、武さんにもちゃんと肉弾戦の見せ場があるぞ!!!
そんなこんなで前半はアクションとしての見ごたえが十分にある。


しかし後半、リーさん演じるパンが将軍としての闇をさらけ出してからは、三人の友情が徐々に崩れ行く様がドラマ率多めでシリアスに描かれる。
将軍としての生き方を重んじるパン。
真っ直ぐな性格のアルフ。
そして二人の思想の間で揺れるウーヤン。
彼らの織りなす愛憎のドラマは見ていて心苦しいが目が離せない。
三人が交わした”契り”が最後の最後まで重くのしかかり、そこで描かれる切ないクライマックスとラスト。

後半は一転して人間ドラマ重視な内容になったが、そのドラマはアクション以上に凄まじく、見ごたえのあるものだった。
(ジェット・リーさん、アンディ・ラウさん、金城武さんの演技も見事。)



思ってたような「痛快丸かじり!」な作品ではなかったし、歴史に明るくない故に理解するのが大変な部分はありましたが(汗)、それでも良くも悪くも壮絶なドラマに圧倒される一作。

よくあるお気楽なカンフーアクション絵巻を期待するとガックリするかもしれんし、評価が分かれるのも仕方ないかもしれんが、香港スター三人の凄まじい演技は必見です。
 三国志とか、中国の戦史ものが好きな方なら押さえておきたい一本。重厚かつ骨太なアクション・ドラマ。
ha

haの感想・評価

5.0
Soooo great unexpectedly. War film was represented how to win but this film main point was the scene which enemy were killed. From that point, three relationships changed. The final scene was really really really great
佑

佑の感想・評価

3.6
評価は割れると思いますが自分はオススメしたい作品の一つです。
壮大な映画です。三人の男達の絆、そこに生まれるそれぞれの思い、切なくそれが何故か美しく見えてしまいます。
見所の1つとして、壮大な戦闘シーンは欠かせません。騎馬同士の戦闘は圧巻です。個の戦闘シーンでジェット・リーのアクションはしびれます。ぜひ一度は観てほしい作品です。
以上
ニール

ニールの感想・評価

3.8
太平天国の乱に荒れる清朝中国を舞台にした戦記映画。

渋いレッドクリフといった印象。

ジェット・リーの小物感というか、いやなんでお前泣いとんねんみたいな視点で観てしまった。話の筋的には合っているのか合っていないのか微妙なところ。


2時間だが結構戦闘シーンも大味で展開にあまり冗長なところがないので、魅入っているうちに終わってしまった。

太平天国の乱は世界史の授業ではさらっと通っただけの印象だったので、割と長期戦をしていた出来事のようで、むしろそちらにも興味が湧いた。
yuko0925

yuko0925の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

華仔のファンだからどうしても華仔を貶めるやつは許せん!という視点で観てしまう。
ヤクザの義兄弟の契りみたいなものに縛られる男たちの物語。
だいたい華仔なようないい男でしかも優しい男がいるのにパンみたな他の男になびくかね。その設定が受け入れがたいわ。
いろいろ綺麗事言って自分を正当化しようとしてるけど結局権力に目が眩んだパン・チンユン許すまじ。腹たつわー。ジェット・リーまで嫌いになるぐらい(影響されすぎ…)。
パン・チンユンは終始企み顔で、全然共感できない。もっと悲惨な殺され方したらよかったのに。
清代末期の太平天国の乱をはじめ各地で反乱が続いた混乱と腐敗の時代、義兄弟の契りを交わした三人の男たちの友情と反目を描いた重厚な作品。
レッドクリフのような派手さではなく、辮髪も乱れ無精髭に泥だらけの登場人物たち同様、地味でリアルめな戦闘描写や物語構成の作品。それゆえ主役たちの心理描写がずっしりと描かれるので、ドラマとして見応えがある。

個人的には情緒的なシーンをもう少し挟んで欲しかっなかなと。
未公開シーンを見た感じ、分かりやすさを結構削ぎ落としている気がした。もう数回観たらもっと理解が深まると思う。

また観直して読み解きたい。
観ました。

なんで昔はあんな髪型をしてたのかね?
映画では3人の無敵な男たちが義兄弟の契りを交わすわけですが、3人とも濃いのでさっぱりしたのが欲しくなります。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
完全版を鑑賞。清朝末期の馬新貽暗殺事件をモチーフとしている。義兄弟の誓いを立てた3人の男達の友情と裏切りを描く。ジェットリーを筆頭にアクションはキレがよく、中盤の大規模な戦場のシーンは大迫力。当時の状況を生々しく感じる。愛する女性への思い、腐敗した王朝など、ドラマ部分は悲しく、切ない。
kyutyan

kyutyanの感想・評価

3.5
おもしろかつた。戦国時代に散り去った3人の生き様。はかなく悲しい。
>|