陸軍残虐物語の作品情報・感想・評価

「陸軍残虐物語」に投稿された感想・評価

WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

4.5
三國連太郎が愛しい。話は残虐で悲しすぎるけど、映像が感覚的に新しいから意外にもさらっと観れる。面白すぎた。
マツダ

マツダの感想・評価

5.0
言いたいことも言えない、正しいことがねじ曲げられる理不尽な世界、ほんとにクソ
肥溜めの中で生まれる友情に感動、兵隊やくざとはタイプが違うけど良いバディ感
しの

しのの感想・評価

4.5
新文芸坐の戦争映画特集にて。

三國蓮太郎可愛さ爆発。
うんこまみれの中生まれるアツイ友情シーンが大好き過ぎる。
首吊り死体が最初に出てくるショットの不気味な感触には感心した。
t

tの感想・評価

4.4
すごい。困ったことにすべての瞬間が面白かった。軍隊にあって浮き上がる人間のみみっちさと、大便小便の中で生まれる友情。ラストも文句なし。
西村晃と江原真二郎最高だ。ぎこちないズームと意味深なクレーン撮影も問題なく愛せる。
一

一の感想・評価

-
西村晃やっぱり悪い顔してるよな~饅頭泥棒も中村嘉葎雄もいい顔している。
三國連太郎演じる犬丸は、『白雉』とか『グリーンマイル』とか『二十日鼠と人間』みたいな「聖なる白痴」系のキャラで、どんなに虐められても何をされても怒らない、病的なまでのお人好しだ。
それに対して中村賀津雄演じる鈴木は、利発で群の中でも上位に位置し、暴力と処世をある程度使い分ける事が出来る一般的な兵隊だ。
そんな2人をいびるのが、西村晃演じる班長だ。
反抗する部下は肥溜めに落とし、精神の弱い物を見抜いて手下にし、内気な部下の妻は犯してしまう小心者の鬼畜だ。
こいつの苛烈さ・陰険さに比べたら、ハートマン軍曹などヌルイ部類に入るだろう。

中村賀津雄が三國連太郎の無実を証明するためにスパイを拷問するシーンでは、凄惨な画面に似合わない感動的なメロディが流れる。
一見選曲ミス以外の何物でも無く、「やっぱりヘボ監督なのか」と思ってしまいそうになるが、これが効果的なのだ。
ここは暴力シーンでありながらも、犬丸の意思を汲んだ男泣きシーンでもある。
既に2人は「同じ釜の飯」ならぬ「同じ肥溜めの糞」を食った仲だから。
怒らない三國に代わり、激怒して反発し、泣いてくれる鈴木の行動は血肉の友情だ。
『兵隊やくざ』の大宮&有田の様なキャッチ―さは無いまでも、胸をうつ男のコンビだ。

妻を犯された犬丸が暴走するシーンではカタルシスと凄惨さを両立させているし、残された鈴木の表情は何とも言えない無常感が漂い、観た後にもしばらく余韻を残す。
何もわかっちゃもらえない本当に国家も人間も腐りきった世界。妻を寝取ったクズを殺し、追われ、妻も自殺。親からは非国民、親不孝者と蔑まれ、こんなにも辛く報われない人生があるだろうか。陸軍を題材にしたこういう映画が世に多くあるという事は少なからずこれが戦時中の陸軍のリアルだったんだろう。
佐藤東弥の親父ってことで敬遠しがちだったけど、見てみたら意外に面白い撮り方をする人だった。『新幹線大爆破』も見ないと。
ズームアップによるシーンの切り替えが印象的。
べらし

べらしの感想・評価

3.7
敗戦後未だ18年、特攻隊帰りの西村晃が悪虐非道を尽す内務班長を、徴兵から逃げるも母親に密告されて捕まった三國連太郎が苛め抜かれる一兵卒を演じる。
モノクロ1時間半、キワモノ的タイトルながら緊張感の途切れない素晴らしい構成。
>|